静音の小径 其の2

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年最後の尾瀬に こんにちは そしてさよなら

<<   作成日時 : 2016/11/26 23:49   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 4


 おやすみショパン 〜心地よい眠りのための、ショパンメドレー〜



画像



10月の終わりに
水上に宿が予約してあった

北海道の旅のように間際になって
孫の「お迎えはいいです」といきなり言われて
大慌てて宿を探して飛び出してゆくというのは
賢明ではないと反省してのことだ

9月に「紅葉を見に行きたいので」と
事前に孫の世話ができないと宣言しておいた

孫の叔母にあたる人が
駅前のマンション
(12年前、両親のために購入したものを譲った)に
住んでいるので、
彼女が孫たちの夕方のお世話をすることになった

で、私たちは簡単に1泊の小旅行を愉しむことに

ところがいざ水上って調べてみると
なかなか難しい

そこで思い切って
長年行きたかった尾瀬に行くことにした


東京駅から新幹線に乗ると1時間ちょっとで
上毛高原に着く

しかも駅ネットで乗車券も買ってしまうので
とても楽だ

駅前でレンタカーに乗り換えて
さあ目標地に「鳩待峠」と入力!

なんとカーナビは関越自動車道を東京方面に戻って
手前の「沼田」に降りろと指定

そこから120号線「日本ロマンチック街道」で北上
名前はロマンティックなんだけれどひどい渋滞

「吹割りの滝」があるらしいが無視無視
片品小学校のあたりで
120号線から二股に分かれ左の401号線に入る
片品温泉も通り抜ける
温泉街らしく宿がたくさんある

あ〜あ、このあたりに宿を取っておけば良かった!
この通りを「奥利根ゆけむり街道」というらしい

「奥利根ゆけむり街道」は尾瀬戸倉温泉あたりで左折、
63号線を進む


画像

 平地ではまだ
 紅葉が始まっていなかったが
 戸倉温泉を過ぎたあたりから
 少しづつ紅葉に

 と思っていたら
 すごい所に来た

 「育て水源の森
  戸倉山林 ブナ植林発祥の地」
 
 とある

 どうやらここは東電の敷地のようだ
 もう尾瀬だろうに・・・

画像


東京電力という一企業がどうして
国立公園である尾瀬の土地を所有しているのか
疑問に思って帰ってきてから調べた

今回の旅のために
iPad miniを用意していた

しかし現地では
十分に使いこなせなかった

画像


国立公園って国がその土地を買い上げて
直接管理を行っているのだと思い込んでいた

アメリカやカナダでは
そうした制度(営造物型公園)だとわかった

しかし日本やイギリスでは
国が直接土地の所有権を取得せず
土地の利用を規制することで
景観を保護する制度(地域制公園)になっているとのこと

こんなこともはじめて知って
私は世の中のこと
広い海の砂浜で
たったひと握りの砂くらいしか知らないのだと
思い知らされる

そう・・・だから、長生きして
もっといろんなことがわかる人になりたい


尾瀬って日本における自然保護活動発祥の地≠ニ言われる
そっか、だから尾瀬の木道にtepcoのマークがあったのか

画像


尾瀬国立公園で
特別保護地区の約7割の土地が東京電力のもの


大正時代、国策として水力発電が進められていた
水の豊富だった尾瀬周辺にも発電施設建設の計画が進んでいた


大正5年に利根発電が群馬県側の土地を取得
大正11年に関東水電が水利権を取得

昭和26年にそれらの会社が統合され東電に
こうして東電が尾瀬の土地と水利権をそのまま引き継いだ

しかし「尾瀬の自然は守るべきだ」という声もあった
開発か保全
開発計画は宙に浮いたままになった


尾瀬の自然の美しさを歌った『夏の思い出』が大ヒット曲になった
昭和30年代後半になると、
美しい尾瀬の姿を一目見ようと観光客が押し寄せ
当時はマナーもなかったために
木道などの整備のされていなかった尾瀬の自然は
瞬く間に荒廃していったそうです


東電は自然保護を望む周囲の声などを受け
昭和30年代後半から
一度失われた自然を取り戻すために
木道の整備や湿原の回復作業に取り組みはじめた
『企業の社会的責任』として
尾瀬の自然保護活動に取り組みはじめた



周囲には尾瀬の豊富な水資源を支える森林が広がる
そんな森林のひとつがこの「尾瀬戸倉山林」なんだね


画像


東電はこんないいこともしていたんだ
サントリーみたいなもんだ
複雑な気持ち

しかしやはりそれって企業の社会的な責任だよ!
個人にはできないことだもの


わたしがはじめて尾瀬に行ったのは昭和43年


その後一度も訪れたことがない
だから今回は尾瀬が原まで歩けるといいな

そんな思いで
鳩待峠の駐車場に車を預け
カメラと飲み物、
弁当を入れたザックのひもをぎゅっと絞めた


画像



この木道は東電が地産地消をコンセプトに
尾瀬の木カラマツを使ったものなんだね
今ではこのカラマツを植林しているとか

だから尾瀬にはブナ、ミズナラ、クロベなどの天然林と
カラマツの人工林が混在していたんだ

ここのカラマツは
尾瀬の気候によりねじれにくい特徴を持つとか
それがわかって使われるようになったらしい


先ほど通ってきた「片品村小学校」の新校舎建設のとき
下駄箱と、廊下のベンチスペースに
尾瀬のこのカラマツ材を使ったそうだ

日本の林業の復活のためにも
もっと利用してもらいたいね
ねじれにくいならなおさらだ



画像

 強力の
 後ろ姿に
 
 尾瀬に来た
 という実感が
 ふいっと

画像


だんだんに尾瀬沼に降りる
至仏山を背景に沼が広がり
小さな川をいくつか越える

ここには春
ミズバショウが咲いていたのだろう


画像

尾瀬山の鼻小屋に着いてみると
なんと山小屋の窓に板を張っているではないか

切り株に座って弁当を食べるが
その冷たいこと
食べたら余計に寒くなってしまった
保温性のある水筒に
温かい飲み物を入れてくるべきだった


そこでトイレを利用しようとしたら
「女子トイレは閉鎖しました
男子トイレを利用してください」とある

びっくり、今日でこの山を閉鎖するのだ
冬の間は途中渡ってきた橋も撤去するのだそうだ

まあ、今日来てよかったと思うべきなのか
「・・というわけで男子トイレを利用させてください」
と入ると男性が大慌てで出てきた

画像

 山の日暮れは早い
 もう少しで尾瀬沼が
一望できるはずだった

 しかし車を
運転してくれる連れが
 「これ以上歩くと
運転できなくなる」と

 ひとりで
さっさともどってしまった
 仕方がない

 後ろ髪引かれながら
 わたしもこの人たちのように
 明るいうちに帰ろう





そういえば
鳩待峠で写真を撮ってほしいと頼んだ若者たちは
「今から行かれるのですか」と目を丸くしていたものね
「ええ〜今日は下見ですから、ちょっと行ったら戻って来ます」と



画像


帰り道は逆光で何もかもが素敵に
ここではほとんどの紅葉が終わっている
しかしこうしてみるとニシキギの葉もきれい


画像

 
 夕日に輝く
 なんということもない葉だって

 わたしにはどんな宝石よりも
 価値のあるものに思える

 ここは尾瀬のティファニー






画像


大きなシシウドのドライフラワー
あなたもすてきなオブジェになっているわね


そんな風に植物たちに声をかけているうちに
山の日はどんどん落ちていく

誰も彼もがシルエットになって
今年最後の尾瀬にさよならする


画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
晩秋の尾瀬、私ももう何十年も出かけていない場所の一つで、元気なうちに車で尾瀬に行き1泊してゆっくり散策したいと願っています。
1ヶ月ほど早い秋だったでしょうから、ののはなさんの行かれた頃はもう冬の気配もあったのですね〜。この時期の植物はシュールなアートのようで、オヤマボクチやシシウドなどシルエットの美しい植物を眺めるのも楽しみです〜🎶
ぎりぎりの秋を楽しまれて、ほんとうによかったですね〜☆
komichi
2016/11/28 21:58
♡゚。komichiさん ゚。
そうなんですか。尾瀬はわたしも長い間行きたいと願いつつも、そんな家庭状況ではなかった。もっと時間があれば良かったのですが。また行けそうなところなので、今回は潔く引き返しました。
ほんとに最後の最後でしたね。山小屋を閉めているのには参ったし、なによりトイレには困った。ちょっと座っただけで体が冷えました。
でもシュールなアートにどうしても遅れがちになりましたね。komichiさんも行かれますように。
ののはな
2016/12/03 01:04
ののはなさん(^^)
こんばんは。
9月に尾瀬にお出かけでしたかぁ〜。
ワタシも「山の会」で尾瀬に行きました。
10、11日は桧枝岐村から尾瀬に入り東北一高い「燧ケ岳」に登ってきました。
山の会で貸し切りバスで行くので、ホント有難いです。
実は翠弘舎さんも山の会に誘いました(^^)
一緒に登ったんですよォ。
>燧ヶ岳は、2,300m以上の山として日本で最も北に位置しており、日本国内では、 燧ヶ岳より北にそれより高い地点はないとされています。
↑はブログよりお借りしました(^^;)
ワタシはブログUPしていないので、今から書こうかなぁ〜。
それにしても、ののはなさんの写真は綺麗ですねぇ〜。
詩音連音
2016/12/18 18:01
♡゚。詩音連音さん ゚。
コメントありがとうございます!!
12月は何をしていたのでしょうね。
気がついたら年が変わってしまっていましたね。
9月じゃなくて、9月に息子たちに約束させて、10月の最後の日に行きました。
で、尾瀬最後の日になったのです。
東北の側から入られたのですね。いいコースですね。
燧ケ岳に登られたのですか!!
貸し切りバスですか。翠弘舎さんもご一緒に。
いいな〜
なんだかとっても懐かしい!
私この頃何をするにもスローモーですっごく時間がかかります。
で、いろんなことやり過ぎてるっていう人もいるんですが
とにかくあちこちで失礼ばかり。
みなさん、ごめんなさい!!とこの際言っておこう。
ののはな
2017/01/02 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年最後の尾瀬に こんにちは そしてさよなら 静音の小径 其の2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる