静音の小径 其の2

アクセスカウンタ

zoom RSS つらい日は歌でも歌いましょう♪

<<   作成日時 : 2017/10/15 00:27   >>

ナイス ブログ気持玉 63 / トラックバック 0 / コメント 14

「♪ 安倍ちゃんコロコロ ...」(替え歌)

... 文部科学省反主流派が推薦。
♪・・・
1.
 安倍ちゃん演説ドン引きだ
 小池にはまってさあ大変
 前原出てきてこんにちは
 みんなでいっしょに沈みましょう

2.
 前原裏切りサイテーだ
 しばらくみんなで悩んだが
 エダノン出てきてこんにちは
 野党再建、おめでとう!

3.
 安倍ちゃん演説水田だ
 馬と鹿しか聞いちゃない
 小池の演説、閑古鳥(かんこどり)
 「排除」の一言命取り
               ・・・♪


画像

さあ、大きな声で笑ったら投票所へ行きましょう!
当日忙しい人、仕事のある人は
早めに期日前投票をしに行きましょう!
この方が近くにあるという人はお得よね。
わたしもそうします

次にムサシで不正選挙が行われるのっていやだから
わたしは油性ペン(ボールペン)持参して
それで記入します


ところが、わたしの比例区には入れたい人が立候補していない
で、よりましな党に入れます

自分の小選挙区に投票すべき人がいなかったらリベラルな人に1票!
ついで比例区で自分が入れたい党に入れましょう!

画像


それが終わったら「最高裁裁判官の国民審査」

小池裕(2015年4月2日に任命)
菅野博之(2016年9月5日に任命)
大谷直人(2015年2月17日に任命)
木沢克之(2016年7月19日に任命)
林景一(2017年4月10日に任命)
戸倉三郎(2017年3月14日に任命)
山口厚(2017年2月6日に任命)

以上7人が対象
いずれも安倍政権になってからの人だね
いろいろおかしいと噂のあった人もいるけれど
戸倉氏と林氏は山口の人で、安倍のお友だち人事かな
年収4千万で退職金1億だっけ?
もうまじめに仕事より出世だねって記事もあったね

大切なことは、これは人を選ぶ選挙ではない
○をつけたら無効!

よくないねぇの人に✖をつける!

わたしはいろいろ調べたけれどいい人ひとりもいない
なにしろ「1票の格差」を合憲という人ばかりなんだもの
おかしいよね。

小池氏、大谷氏は
裁判で「別姓を認めない民法の規定は合憲」と
日本会議が喜ぶわね



興味のある人は下をクリック!


もう一つの総選挙ー最高裁裁判官国民審査も投票を
http://www.peace-forum.com/seimei/20171010kokuminsinsa.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 63
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
私も意志はハッキリしていますので 既に 期日前投票に行って来ましたよ!
皆さん関心が薄いのか? 閑散として居ました。
愛知は・・・どうなのでしょうね〜?
岐阜は・・・相変わらず 与党が確実なようです。
田舎のお方の意識の低さに 愕然です。
ハイジママ
2017/10/15 09:51
「最高裁裁判官の国民審査」の情報をありがとうございます。
前回も参考にさせて頂きました。
ころ
2017/10/15 19:29
♡♡゚。ハイジママさん゚。♡
もう行かれましたか。マスコミは自民党がまた圧勝って言ってますね。国民の半数の人が憲法改悪反対って言っているのに、なぜ圧勝するのか、疑問ですが。半数近くの人が投票に行かないのですから、これって白紙委任、安倍政権にお任せしますって意思って、自民党は受け取るのですよね。もう憲法改悪が見えますね。北朝鮮の問題は安倍政権だから大丈夫って問題ではないのですが、このフェイク発言、まかり通っていて、言ったもん勝ちっておかしいですね。
なんだか知性が試されているような気がします。東京の江戸川区では、品性のない問題議員(大○)が大手を振っている。野党も乱立。江戸川の人は一体どうするのでしょうね。哀しいです。
ののはな
2017/10/17 23:24
♡♡゚。ころさん゚。♡
いえいえそうやって来ていただけるだけでうれしいですよ。
91才の車いすの親を連れて行ったら「最高裁裁判官の国民審査は白紙で出していいですよ」と言っていたとか。年寄を馬鹿にしているわね。それと鉛筆では消される恐れありますよ。それで、急いで書きました。では、いい世の中が来ますように。
ののはな
2017/10/17 23:27
こんにちは。
大型台風が接近しているので、衆議院選挙は期日前投票に行って来ました。替え歌は面白い表現ですね。ズバリと言い当てています。投票所では鉛筆が用意されていますね。もし第三者による書き換えという不正があるとすれば、ボールペンを置いた方が良いと考えられます。

私は投票所の立会人を務めた事あります。投票が終われば、投票箱に鍵を掛けるのを直接確認して、投票箱を持って開票場所へ運ぶ役目もしました。日本では不正する可能性はほとんど無いと思われますが、人間のする事ですから可能性はゼロではありません。

投票率が上がり国民の意思が正しく反映する、選挙結果になる事を期待しています。
華の熟年
2017/10/21 12:10
今回の選挙は、自民党の勝利という
つまらない結果で終りましたが、これは
決して現政権のあり方が支持されてる事を、
意味する訳ではありません。その証拠に、
投票率は戦後二番目の低さでした。
私の相方は、色んなボランティア活動を
やってますが、今回お年寄りや活動仲間が
「とにかく北朝鮮が…」という言葉を
口にするのを、よく耳にしたそうです。
皆さん、森友事件、加計問題を忘れた訳では
ないけれど、北朝鮮の脅威を考えると、
今はとりあえず政権争いの混乱を避けた方がよい
という気分的なものが働いたと思います。
言ってみれば、アベ氏は北朝鮮に助け起された
ようなものですね。それを見越した作戦が、
うまくはまったというだけの話です。
国会の冒頭解散なんて、横綱が立ち会いの変化で、
辛うじて勝ったようなもの。横綱審議会だったら、
「横綱としての品位に欠ける相撲」と、
苦言を呈するところでしょう。流れはまた変わると、
私は思ってます。選挙の結果が残るのは残念ですが…。
yasuhiko
2017/10/24 23:10
 今回の総選挙は、もし全選挙区で四野党共同候補が立っていたら、与党過半数割れもあり得たという状況だったことを選挙結果が示しています。この野党共闘をぶっ壊した力は、まず民進党代表に共闘懐疑派の前原がついて共闘の先行きが不透明になったこと。この期をみて阿倍政権が突如解散に打って出たこと(今なら過半数ぎりぎりは取れると踏んだ)。この状況をみて、野党共闘をぶっ壊し、あわよくば国民の安倍への不満を根こそぎ自分のほうに引き寄せようともくろんだ小池が希望の党を立ち上げ、小池ブームに期待した民進党右派の議員が脱党。その上に小池ブームに乗れると判断した前原が、事実上民進党を解党して希望に乗り移った。これで野党共闘はぶっ壊れた。しかし幸いにも小池が本音を出して、リベラル派・安保法制反対派・憲法改正反対派は希望への合流から「排除」と明言したために、民進党の中間派と左派の大反発を招き、中間派は無所属で、そして左派は立憲民主党を立ち上げて、憲法と法律に基づいて国民のために暮らしを守る政治をと高く結党の初志を掲げたため、安倍への不満とリベラル派が民主党政権解体以後くすぶっていたことへの不満が、立憲民主党に集中。化けの皮がはがれた小池希望は失速して逆風を受け議席を減らす結果に。かろうじて一部で野党共闘が成立して立憲民主党は善戦。しかし野党が分裂したので安倍批判票のすべてを集中できなかったので小選挙区では自民党圧勝で与党で三分の二へ。だが自民党と公明党の比例票が大幅に減っていることと、投票者の6割ほどが安倍続投を望まないと回答したことは、安倍政権の政策が国民の多数の支持を得ているわけではないことを示しています。
 次の参議院選挙に向けて、自民党に対抗できる政策をもった野党共闘ができるように努力することが大事だと思います。
 今回の選挙で、政治的な対立軸がどこにあるか明白になりました。
 
コアラ
2017/10/28 13:35
投稿の続き。
 政治的な対立軸は以下の通り。
1:国難をあおり憲法をかえて戦争のできる国にし、アメリカとの軍事同盟を強化して武器をどんどん輸出することと、経済成長を謳って円安誘導で輸出大企業と大株主だけを儲けさせるアベノミクス(大国日本を目指す路線)。
2:憲法を守り世界のどの国とも仲良くし、経済成長ではなく普通の国民の暮らしを守ることを目的に、資本と人を農林漁業と福祉・医療・教育に集中し、富裕層や大企業への課税を強化し、社会的な不平等をできるだけ減らす政治をすること(中規模日本を目指す路線)。
 この二つが明確な対立軸です。
 野党共闘はこの2の路線に集約できるよう、議論と運動を作ることが必要です。
 国会議員は安易な数合わせに走り、こうした戦略を練る議論を回避しないことを願います。
コアラ
2017/10/28 13:39
♡♡゚。華の熟年さん゚。♡
あっという間に日が過ぎる。なんだか年々早くなるようです。
思った通り、自民党は議員をたくさん取れたと、
国民に信託もらったとあれこれ、やるようです。
腹立たしい限りですね。歌でも歌わなくちゃやってられないですよ。
わたしには相当ストレスがきつかったのか、
メニューエル症候群になりました。
それで薬が増えて、胃炎になるし。
はあ踏んだり蹴ったりです。
何とか、国民に賢くなってもらいたいよ。

>投票率が上がり国民の意思が正しく反映する選挙結果になる事を期待しています。
本当にそうですよ!生きていくのが大変だと感じている人なら、政治が自分の生きづらさの大きな要因だと気づいてほしいよ。
ののはな
2017/11/22 23:08
♡♡゚。yasuhikoさん゚。♡
>「自民党の圧勝」これは決して現政権のあり方が支持されてる事を、
 意味する訳ではありません。

そうですよね。選挙制度の見直しもやるべきだし、18才から投票できるのなら、高校でもっと政治をしっかり勉強させるべきです。
それをちょっとでも触れると、偏向教育だとかいうから、教師も萎縮してしまっている。わたしは今回はしっかり新聞を切り抜いて勉強したので、少しはわかるようになりました。
ののはな
2017/11/22 23:13
♡♡゚。コアラさん゚。♡
無断でコメントをブログにアップさせてもらいました。

>もし全選挙区で四野党共同候補が立っていたら、
>与党過半数割れもあり得た

>この野党共闘をぶっ壊した力は、
>まず民進党代表に共闘懐疑派の前原がついて
>共闘の先行きが不透明になったこと。
先日朝日新聞にも載っていましたが、
9月17日に前原から小池氏にメールをしたようですね。

>この状況をみて、野党共闘をぶっ壊し、
>あわよくば国民の安倍への不満を
>根こそぎ自分のほうに引き寄せようと
>もくろんだ小池が希望の党を立ち上げ、
>小池ブームに期待した民進党右派の議員が脱党

なんとも情けない。なぜ小池なんかに欺されるのか?
小池は安倍と同じ思想の持ち主。
もし、排除発言がなくてなんとかごまかせたとしても
政権交代になったでしょうか。
わたしは安倍個人にNo!と言っているわけではないのです。
安倍の代わりに小池?これも困るのですよ。
彼女がこの1年間、都知事としてなにかできましたか。
都庁の職員を困らせているだけでしょう。
今回の葛飾区の区議選では、希望の党から5人が立候補。
1名が当選。
しかもこの人は小池のおかげで当選したのではないのです。

>野党共闘はこの2の路線に集約できるよう、
>議論と運動を作ることが必要です。
>国会議員は安易な数合わせに走り、
>こうした戦略を練る議論を回避しないことを願います

そうですね。今のところ、枝野さんはぶれずに確信をつかんでいます。

ののはな
2017/11/22 23:24
前に書いたコメントへの追加。なぜ民進党から前原を初め多くの議員が小池新党に走ったのか。一つは走った人たちの多くは共産党との共闘を望まなかったからということと、もう一つは、原発事故・安保法制改悪以後の国会前デモの巨大なうねりに示されている国民の怒りが何者なのか、どれほど強いものなのかを、多くの政治家が誤認していたということだと思います。だから民進党党首選挙で共産党との共闘に慎重な前原に中間派の多くが投票してしまった。この人たちに国民の怒りの巨大さとその背景が理解されていたら、民進党はもっと野党共闘に積極的になれたのだと思います。そして安倍グループと小池も巨大な国民の怒りがあることは良く理解していたが、その本質を見誤っていたのではないか。この本質とは、社会が閉塞状況になり格差が巨大なものに拡大していく中で広がった不安であり、既存の組織や政治に対する不信です。要するに世の中を変えたいという希望。でも何が問題でありどこを変えれば良いかがわからないので、どこに行くかわからない不満。これが野党共闘に流れれば安倍は負ける。安倍はこれを理解していたから野党共闘ができないうちに解散。でも「大勝しても謙虚に」との言葉とは裏腹に、またもややりたい放題。結局わかってない。小池もリベラル排除と言ってしまったことで自身の独裁性を見せてしまって権力独占が目的と見破られて失速。リベラルの旗を高く掲げてこれこそ今の閉塞状況を打開する道だと旗を立てた立憲に一定程度不満は吸収された。でもそれは高年齢の人が中心。若者はまだ少ない。なぜなら具体的に今の社会のどこを変えると良くなるのかを示していないから。この点では空約束でも安倍の方が具体的。だからなんと安倍こそが「革新」に見え、立憲こそが「保守」に見えてしまう。ここを突破するには、社会の具体的な改革案の提示が不可欠です。こういう議論が欲しいですね。
コアラ
2017/12/01 12:44
♡♡゚。コアラさん゚。♡
こんばんは!こちらにコメント頂いていたのですね。
あっという間に12月が過ぎました。なにをしていたのかな。

>原発事故・安保法制改悪以後の国会前デモの
>巨大なうねりに示されている国民の怒りが何者なのか、
>どれほど強いものなのかを、
>多くの政治家が誤認していた

そうなんですよね。私の周りにも実に多くの人が3・11以降行動や思考を大きく変えた人が多いです。今まで組合運動にも関心を全くもたなかった人たちの中にも、今の政府に任せていては大変なことになる、どこへ行ったらいい?なにをしたらいい?という切迫した感情を持っている人もいます。
しかし政治家たちにはこうした国民の変化が見えないのでしょうか。なんだか政治家って特殊な世界に住む人たちだなって思うことがあります。
民主党党首選での枝野、前原両氏の演説聞きましたが、なぜ前原に多くの党員が入れるのか理解できなかった。あのとき、がっくりきました。民進党(民主党)は長く応援してきました。なのに、もうダメだと思いました。案の定、前原の夏からの行動が朝日新聞に載りましたが、まさに想像した通りでしたね。
今の政権のおかしな動きを止めなければ、後世に申し訳ないという一念で80代の方々も杖をつきながら国会前に来ていたのですよ。前原など一度もそういう姿を見ていないのではないかしら。国会前は夏の暑さ、冬の厳しさ、高齢の人には過酷です。しかもわざと通行の規制をして遠回りをさせる。それでも行くのはなぜか。みんなどうしたらいいか知りたいがために行くのです。
コアラさんのおっしゃるとおりです。腹立たしいです。

ののはな
2017/12/25 22:21
♡♡゚。コアラさん゚。♡

若い人たちにもわかるような具体化が必要ですね。
若い人を含めて、意見の集約を計っているようですが。
今後を見守るだけではなく、積極的に声も出すべきですね。
ありがとうございます!!

ののはな
2017/12/25 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
つらい日は歌でも歌いましょう♪ 静音の小径 其の2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる