静音の小径 其の2

アクセスカウンタ

zoom RSS マスコミは選挙結果をきちんと検証せよ

<<   作成日時 : 2017/10/29 00:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 63 / トラックバック 0 / コメント 6

コアラさんが衆議院選の結果をコメント
わたしもほぼ同意見
そこでここに載せさせてもらいます

マスコミが「自民圧勝」という毎に違和感を覚える
得票数が少なくても、多数派になれるという小選挙区制のおかげで
自民党が議席を取っただけだろう
国民の民意をきちんと反映したものではない



わたしも23日、選挙結果をそれぞれの小選挙区で分析
野党(社民・共産・立憲)で2人立ったところは票が割れたと思われる

(TBS:羽鳥慎一のモーニングショーで、玉川さんが、希望の党が出てきたとき、野党(や)と与党(よ)の間だからゆ党だと言っていたのが、おもしろかった。で、わたしはあれ以来、使わせてもらっている)

そういう区で野党を合算してみると、
自民党に勝てたはずの小選挙区がある
しかし、そういう区には
野党共闘できない事情があったのではと思う

たとえば、江戸川区の大西議員が、
女性蔑視発言(巫女さん)で問題大ありなのに
ぎりぎりで当選した例などをみると・・・

東京16区は統一候補でと9月末に民進党から
初鹿議員が出ることになり集会がもたれた

そのさなかに、前原氏が希望の党に民進党の身売りを
そこで共産党は候補を立てざるを得なくなった
最後まで、江戸川のリベラル派は悩んだ
それが、結果、問題議員を当選させた
返す返すも残念!


(ですから、わたしは前原氏の行動が本当に憎くて、彼の安倍政権を倒すという言葉には嘘しか感じられません。小池氏にしても、コアラさんほどに冷静には考えられません。野党共闘ぶっ壊しの陰謀としか思えないのです。コアラさんが言われるような考えで小池氏があのような言動をしたのだとすれば、相当のお馬鹿さんですね。)

さてさて、わたしの愚痴はこれくらいにして、
与党対野党の一騎打ちをしたところは勝ちました

総得票数では与党は過半数に達していない
なのに当選議員数は圧勝

やはりこの小選挙区制、問題ありすぎ
日本では、二大政党制は無理でしょう
わたしは野党は必ずしも政権を目標にしなくてもいいのではと思う

むしろ野党が与党に迫る力をもって
与党の勝手な振る舞いにブレーキをかけるのがいいと思う

そのためには、せめて中選挙区にして
野党の議員数を増やすべきだろう

市民の声に押されて、
枝野氏が立憲民主党を立ち上げてくれて
ほんとうによかった

しかしお金がなくて、候補者を大勢立てることができなくて
比例区で当選しても候補者がいなくて
次点の自民党に議席を譲っている


まあ、わたしのしったかぶりの思いはこれくらいにして
コアラさんの冷静な分析を読んでみてください

朝日新聞あたりは、選挙結果の分析をもっときちんと出すべきよね

画像


<今回の衆議院選結果をコアラさんが分析>

今回の総選挙は、もし全選挙区で四野党共同候補が立っていたら、与党過半数割れもあり得たという状況だったことを選挙結果が示しています。

この野党共闘をぶっ壊した力は、まず民進党代表に共闘懐疑派の前原がついて共闘の先行きが不透明になったこと。

この期をみて安倍政権が突如解散に打って出たこと(今なら過半数ぎりぎりは取れると踏んだ)。

この状況をみて、野党共闘をぶっ壊し、あわよくば国民の安倍への不満を根こそぎ自分のほうに引き寄せようともくろんだ小池が希望の党を立ち上げ、小池ブームに期待した民進党右派の議員が脱党。

その上に小池ブームに乗れると判断した前原が、事実上民進党を解党して希望に乗り移った。

これで野党共闘はぶっ壊れた。

しかし幸いにも小池が本音を出して、リベラル派・安保法制反対派・憲法改正反対派は希望への合流から「排除」と明言したために、民進党の中間派と左派の大反発を招き、中間派は無所属で、そして左派は立憲民主党を立ち上げて、憲法と法律に基づいて国民のために暮らしを守る政治をと高く結党の初志を掲げたため、安倍への不満とリベラル派が民主党政権解体以後くすぶっていたことへの不満が、立憲民主党に集中。

化けの皮がはがれた小池希望は失速して逆風を受け議席を減らす結果に。

かろうじて一部で野党共闘が成立して立憲民主党は善戦。

しかし野党が分裂したので安倍批判票のすべてを集中できなかったので小選挙区では自民党圧勝で与党で三分の二へ。

だが自民党と公明党の比例票が大幅に減っていることと、投票者の6割ほどが安倍続投を望まないと回答したことは、安倍政権の政策が国民の多数の支持を得ているわけではないことを示しています。
 

次の参議院選挙に向けて、自民党に対抗できる政策をもった野党共闘ができるように努力することが大事だと思います。
 
今回の選挙で、政治的な対立軸がどこにあるか明白になりました。
 
政治的な対立軸は以下の通り。

1:国難をあおり憲法をかえて戦争のできる国にし、アメリカとの軍事同盟を強化して武器をどんどん輸出することと、経済成長を謳って円安誘導で輸出大企業と大株主だけを儲けさせるアベノミクス(大国日本を目指す路線)。

2:憲法を守り世界のどの国とも仲良くし、経済成長ではなく普通の国民の暮らしを守ることを目的に、資本と人を農林漁業と福祉・医療・教育に集中し、富裕層や大企業への課税を強化し、社会的な不平等をできるだけ減らす政治をすること(中規模日本を目指す路線)。

この二つが明確な対立軸です。
 
野党共闘はこの2の路線に集約できるよう、議論と運動を作ることが必要です。
 
国会議員は安易な数合わせに走り、こうした戦略を練る議論を回避しないことを願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 63
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
勝てば官軍。自民圧勝って、一体誰に勝ったというのでしょうか? もしかしたら票を金で買ったと威張っているのかなと。

今回のマスコミ報道には、新勢力に対するあの手この手の批判がごうごうで、有権者を誘導しているとしか思えないコメンター達の発言や批評解説のオンパレードでした。

北朝鮮の核ミサイル。それを開発する為の資金の多くは日本から集めたものという事も出来ないし、北朝鮮という国家や体制がどの様に危険で厄介なものなのかを予測や理解ができないで来た日本。

それは同時に、現在の日本の政権や政治体制の持つ危険性に付いても同様のものがあると思えるのですが、日本国民は平和呆けし過ぎていて、余りにも見に迫る危険に付いては無頓着で他人任せの様に感じます。

おれおれ詐欺や振り込め詐欺の手口に簡単に引っかかる国民性も問題ですが、それを裏返せば、日本国民というのは、如何に純真で善良であるという事と同時に人の言葉を信じ込み易いという脆弱性があると云う事、そして、今回の選挙でも、その日本国民の特性を巧みに利用しマスコミを抱き込んでの偏重誘導報道と、○原、○野というお馬鹿を利用しての反勢力潰しと勢力分断が成功した結果となりました。

私は、米国資本による日本企業の買収と同様に、密かに進む中国資本による台湾企業等を隠れ蓑にした日本企業の買収や、ソーラー発電名目での大規模地目買収、そして、超巨大ダムと南水北調プロジェクトの真の目的による、台風進路の偏進と海流変化による日本の異常気象に最大の危機感を持っているのです。

当方掲示板の異常気象の参照をお願い致します。




kazukun
2017/10/31 15:02
 今晩は。
 マスコミが安部政権をヨイショするのは金をもらっているから。どんな名目かは知りませんが。有権者のレベルの低さも問題です。嫌なら野党に入れておくべきです。十分に熟慮しないまま十八歳が入れてしまうのもよくないが、世の中の出来事を理解できない老人に入れさすのもだめ。平素から政治について背を向けている。どんな政治家がいいのか、実現させるために国や地域で権利や教育が必要です。
珊底羅
2017/11/01 03:30
ののはなさんと同じく 小選挙区制の弊害を 嘆いていたのですが、「ウインザー通信」さんの 10月31日の「細川弘明氏 『悪いのは小選挙区制ではなくて、「死に票」を減らす仕組みが皆無の日本の小選挙区制ですよ』」 と云う 記事を読んで、外国の取り組みを知りました。
(http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr)
是非 読んで見て下さい。
ころ
2017/11/03 20:53
♡♡゚。kazukunさん゚。♡
なぜこんなに時が過ぎるのが速いのか。毎日何してるのかな?
コメントいただきありがとうございます!
ほんとうにこの国の人たちはもっと世の中の動き、国の政治に関心をもたないといけませんね。選挙の時だけ「国難」を乱発し、選挙が終わればどこに国難?
困ったね。

ののはな
2017/12/12 23:17
♡♡゚。珊底羅さん゚。♡
まあお久しぶりです!なのにわたしはなにをしていたのでしょう。
11月は絵の展覧会があり、それなのにちっともまともな絵が1枚も描けず、もうストレスがひどくてメニュエール症候群になっていました。
マスコミも金目でしょう!か。有権者教育必要ですね。
ののはな
2017/12/12 23:26
♡♡゚。ころさん゚。♡
ありがとうございます!
小選挙区制ってほんとうに問題ですよ。「死に票」ですか。死に票を減らす制度を併用ですか。うん、なんかいいような気がしますが、うまくいくのでしょうか。探してみますね。
それと、たかだか3割の支持なんだからと言う謙虚さをもってもらいたいですね。サイレントマジョリティの意思を尊重してもらいたいなって。今の政権は傲慢です。傲慢かましてよかですか?の小林よしのりもびっくりの。
ののはな
2017/12/12 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
マスコミは選挙結果をきちんと検証せよ 静音の小径 其の2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる