静音の小径 其の2

アクセスカウンタ

zoom RSS 一本の鉛筆があれば あなたはなにを書く?

<<   作成日時 : 2018/02/07 00:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 2

9才になった孫とも真剣に
話をすることができるようになった

「なぜ、韓国の人は北朝鮮の人が
オリンピックにくることに反対しているの」

ついこの間まで
北朝鮮と韓国の違いもよくわからなかったのに
そうね、ちゃんと歴史から話さなければね

熱がでて学校を休んだ日に
一緒にお布団に入って
お話をした

韓国併合から満州国のこと
宣戦布告もせず
大陸に侵略していったこの国のこと

だれがえらかったの?
だれが悪いの?

子どもはいつだってそんなことを訊きたがる

たぶんね、一番力をもってしまったのが軍隊をもつ者

いくら先生がこのクラスのルールを決めても
暴力でクラスの子たちに言うこと聞かせる子がいたら
どうなる?

ジャイアンみたいに?

そうね、あなたのクラスにそんな子いる?



そんな風に話はあっちへ行ったり
こっちにもどったり

そしてハワイを奇襲作戦でやっつけたことから
アメリカなどの連合国を相手に戦争を始めてしまったこと

勝てると思う?
勝てればよかったのかしら?

敗戦、それから朝鮮の人々はどうなったか

38度線で別れてしまった朝鮮の運命

あなたには区別がつかなかったのも当然
元々同じ国のひとびとなんだものね

日本だってそうなっていたかもしれないのよ

ほらこの道路の向こう側が北日本
こちらが南日本になったら

あなたとわたしはもう国境の壁で遮られて
会えなくなるのよ

だから、長い間
北朝鮮の人と韓国の人は
元通り行き来の出来る一つの国になることを願っていたの
でもね、70年近くも経つと、どんどん過去を知る人も死んでしまう
それだけじゃなくてね
北と南では国のありようが違うの
この話はとても難しいから
またいつかゆっくり話すけど

だから、単純に昔にはもどれないの


「そうだったの・・・・」

いつしか孫の足も温まり眠りについた

画像

                 ベランダから見た2018年1月31日の月食




戦争を知っている人々がつぎつぎに亡くなられる
反戦、護憲の筋を通さた方々の死がほんとうに惜しまれる
忘れまい
この人々が何を語ったのか


2018年01月26日野中広務
2017年06月13日野際陽子
2017年07月18日日野原重明
2016年07月20日大橋巨泉
2016年07月11日永六輔
2016年05月 2日 新屋英子
2015年12月 9日 野坂昭如
2015年11月30日 水木しげる 
2015年09月25日福島菊次郎
2015年07月20日鶴見俊輔
2015年07月19日紀平悌子
2015年05月28日吉川勇一
2015年01月26日奥平康弘


幕を引いていくようなさみしさに
「一本の鉛筆」が無性に聴きたくなった




一本の鉛筆 美空ひばり YouTube

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 50
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 未来を担う子供たちに、真実の歴史をわかりやすくやさしく伝えておくことは大事ですね。これこそが未来の平和への担保。でもメディアの多数もこれをすでに放棄し、学校はすでにこの役割を放棄しています。
 心ある個人一人一人が、できる範囲でやらねばいけないですね。
コアラ
2018/02/12 14:11
♡゚。コアラさん゚。♡
そうなんですよね。やっと孫にも話せる時が来ましたね。なかなか忙しくじっくり話せないのですが。わたしもちゃんと子どもにわかるように話せるように鍛えておかなければなりませんね。
ののはな
2018/02/21 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
一本の鉛筆があれば あなたはなにを書く? 静音の小径 其の2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる