「ひとりぼっちのエルフ」に癒やされて




Chick Corea
Desert Air

画像


この夏は
原発関連の本ばかり読んでいた
心は重くつらかった

この夏の夜は苦しかった
眠ろうとしても
身体のあちこちが不平をいう
しかたがない
朗読MDを聴きながら寝つこうと
この夏聴いたMDが一山

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜(岸田今日子朗読)」
「風の又三郎(市原悦子朗読)」にはじまって
芥川龍之介の「杜子春」「トロッコ」「蜘蛛の糸」
「河童」「煙草と悪魔」「キリシトホロ人伝」
「南京の基督」「奉教人の死」
夏目漱石の「夢十夜」
森鴎外の「高瀬舟」
太宰治の「富嶽百景」「満願」
中島敦の「山月記」
サン・テグジュベリの「星の王子さま」・・・


そうした努力のあげく
明け方身体が少しベットになじみ
ささやかにまどろむ


画像


日も高くなった頃
もう母のいない部屋を尻目に
のろのろと台所へ
ゴーヤのカーテンをおろした室内は
そんなわたしの姿を隠してくれる

遅い食事のあとは
義母の病院へ行かねばと
義務感で重い身体をまたうごかす
そんな生活が2ヶ月も続いた


画像
 そんな暮らしにあきあきして
 むしょうに児童文学
 にふれたくなった

 図書館に滑り込んだのは
 4時45分
 図書館は5時に閉まる
 音楽に追われるように
 5冊の本をえらぶ
 そのなかに
 ちゃんと宝物はあった



この「ひとりぼっちのエルフ」だ
1953年 イタリアのカゼルタ生まれの
シルヴァーナ・デ・マーリさんの三作目

シルヴァーナ・デ・マーリさんは
元イタリアの外科医だが
アフリカのエチオピアでも
ボランティアの医師として活躍

ところが人間をむしばむのは
からだの傷や病気だけではない
心に巣くった悪が人を破壊してしまうのだと・・・

シルヴァーナ・デ・マーリさんは
心理療法に専門を移し
子ども向けの物語も書きはじめる
世の中の不公平や
迫害や差別に対する怒りを静めるために
おとぎ話の形で自分の思いをつづってみようと・・・

2004年 51歳のとき
『ひとりぼっちのエルフ』(L'ultimo elfo)を
ジャンニ・デ・コンノの挿絵をつけて出版するや
たちまち世界各国での翻訳出版や
ミラマックスによる映画化が決まった
2004年度のイタリア・アンデルセン賞を受賞
2005年度にはバンカレッリーノ賞にも選ばれた

現在、シルヴァーナ・デ・マーリさんは
ピエモンテ州のトリノ郊外の丘で
家族や犬と一緒に暮らしている

こんなシルヴァーナ・デ・マーリさんのことも
本を読み終わって感動にひたりながら
あとがきを読んではじめて知る

世界中の虐げられている人たち
差別に苦しむ民族
争いばかりくりかえす国々に思いをはせる
シルヴァーナ・デ・マーリさん

シルヴァーナ・デ・マーリさんの
人を落とし入れる社会や権力に対する怒り
自然をいつくしむ生活
生きものに対するかぎりないやさしさ
それにうらうちされたこの物語

画像


裏表紙には
この世で最後のエルフが 
ひとり運命に立ち向かう
賢く心やさしいエルフ族は
迫害を受けてほぼ死に絶えてしまった
残ったのは、幼い少年のヨーシュただひとり
勇気ある人間の男女や年老いたドラゴンとめぐりあい
成長していくが
行く手には思いもよらない運命が待ち受けていた……
出会いと別れ、友情と信頼を描き感動を呼ぶ
イタリアのファンタジイ
 と


最後のエルフ、ヨーシュは
生きものの感情を理解し
その思いや痛みやよろこびを
そのまま自分のものとして感じる

そんなことが我が身におきたなら耐えらるだろうか
「先生って人の問題をすぐ自分の問題としてしまう人だね」
って昔女の子に言われたっけ


なぜわたしのようなちっぽけな人間が
何十年も教師を続けてこれたのかな

それは子どもの前で
ありのままの自分で居続けたから

どうしたらいいか
その場になったらすぐ答えがでてくる
子どもの言葉に傷ついたらそのまま言葉にして
子どもにわたしが生身の人間であることを知らせる
子どもの行動に喜びを感じたら
そのまま言葉にして返してあげる

ときには大勢の生徒という観客を前に
子どもとお芝居をしている気分でゆったりと
楽しんでいたことはたしかだ
なぜなら子どもはゲームが大好きだ
そんなときはちゃんとつきあってあげなきゃいけない
ただしゲームの終わりを共有しておくべきだ
それに気づかない子にはそれも示唆してあげる

多くの子どもは大人を警戒している
大人は建前がうまいから
しかし生きていく上で必要なルールはいっぱいある
それを教えることも教師のしごと
大人のウソとごまかしと欺瞞いっぱいの学校で
ほんとうのことはなにか
それを考えさせることが教師のしごと

頭で考えて言葉がうまれるのではない
ちゃんと子どもの目をみつめて
なぜ?という問いかけを

このひとりぼっちのエルフは
ほんとうに久しぶりにわたしをこんな風に
自分の生きてきたさまをふりかえらせてくれた
この出会いをこころから感謝したい


画像


東京のなかで
一番たくさんの放射能が降り注いだのが
うちの区らしい
あちこちの学校の校庭が掘り返され
校庭のまん中に
汚染土入りの袋が集められている

25日は始業式だ
間にあったかな
あの土はどこへ行くのだろう

また太陽が戻ってきた
子どもたちとの生活がはじまる
なにかお話をしてはじめたいな
1学期は池谷祐二さんの脳科学の話で終えた
2学期のはじまりに何がいいかな

この「ひとりぼっちのエルフ」は孫が大きくなった日に
読んでもらいたいと思い、早々購入することに

コアラさんのおっしゃるように
癒しと希望のある児童文学は
子どもの心をはぐくんでくれる


はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

コアラ
2011年08月24日 11:47
震災と原発事故で苦しんでいる国民の心など顧みず、自分の利益と出世しか頭にない政治家達の「闘争」を毎日見せられている身としては、他人の痛みや悲しみを自分のものとし、課せられた運命に勇敢に立ち向かっていく児童文学の主人公の姿には、ほっとさせられるものがありますね。ここが大人のために書かれた文学との違い。癒しと希望がある。政治の動きに敏感になり批判的精神を持ち続けることは大事ですが、過度に自分を責めつけるのはよくないですね。何しろ一人の人間ができることは限られているので。でもその限られた小さなことを、平常心をもって持続的にやっていくことがきっと大事なのでしょうね。児童文学は常に、そのことを子供達にそして大人たちに投げかけているのだと思います。残暑ますます厳しい折から、新学期もはじまりますので、お体に気をつけてお過ごしください。
2011年08月25日 08:11
人間をむしばむのは、傷や病気だけではなく、心に巣くった悪が人を破壊してしまう・・・そうかもしれませんね。
せめて子供達には、破壊的な環境から遠ざけ、心を豊かにさせる環境を整えてあげたいものです。
2011年08月26日 11:14
東京方面にも放射能は降り注いだ。
許せない原発!
小さな子を持つお知り合いが多いので、心配で堪りません。
2011年08月26日 18:39
ご訪問書き込みありがとうございました。
ユニークなコメントに思わず笑ってしまいました。
私のブログと違って内容が濃密で深く考えさせられるテーマですね。
教師をなさっておられるのですね。
私の住んでいる神戸は「阪神淡路大震災」に遭いましたが原子力問題はありませんでした。
日本は原子力依存の電力事情、難しい問題ですね。

2011年08月26日 22:06
ののはなさん、こんばんは。
東京は大雨とか…不安なお天気もまた気持ちが滅入ってしまいそうな…
それでも、朝夕の冷気はすっかり秋を醸し出していますね。

絶望から希望へ…今日より明日へと、希望が繋がっていきますように…
災害地で働く子のことも思いやりながら、ただ心を寄せていくことしかできません。
どのようなことがあっても時間は止まることなく過ぎていきますが、
世間の出来事から、目を背けることなく、向き合っていくことが大切なのですね。

お忙しいののはなさんのようですが、素敵なご本に心しのばせて
安堵感もお持ちのご様子、時の流れはそっとそっと優しさで包んでくださることでしょう~~

災害地で働くこの事も
2011年08月29日 10:50
おはようございます。
「ひとりぼっちのエルフ」、名前だけは知っています。
ののはなさん、お義母さまの介護もあるのに、多くの書物も読まれ、ただただ敬服します。
私など忙しくも無いのに「暑いから。。」と、何をするでもなく。。
ののはなさんの子供に対する視線、真の先生と言えましょう!子供たち、幸せですね♪
もう新学期ですね!どうぞお身体、ご自愛ください。
2011年08月29日 22:19
お越し下さってありがとうございました。
お母様方の看病、それにお仕事を持ちながら、読書もなさるって素晴らしいです。
才能がお有りなのですね!!!
グリーンカーテンが心地良さそうです。
私、市原悦子の声が好きです。
私も寝るとき用のテープを取っていますが、
まず、半分も聞かないうちに寝ています。
朝、目が覚めた時聞き直してます。
ののはな
2011年08月31日 21:52
♡。コアラさん~゚。♡
>他人の痛みや悲しみを自分のものとし、
>課せられた運命に勇敢に立ち向かっていく
>児童文学の主人公の姿には、ほっとさせられるものがありますね。
そうなんですね!児童文学ってほんとうに癒やされます。
子どもだけでなく大人もストレスいっぱいの世の中。
どうも現代の小説はすきになれるものが少ない。図書館で普通の小説のコーナーに行っても読みたくなる本を見つけるのが難しい。本は実用書か仕事用ばかりでした。仕事柄児童書を読むことが多かったせいかな~って思っていましたが、そうなんですね。児童書には希望を与えてもらえるのですね。
コアラさんには充実したお仕事ができ、いい本や研究ができるようお祈りしております。こちらは長い夏休み、介護と暑さに追われるような日々を送っていたので、果たして職場に戻れるのかなって不安でしたが、子どもに話しかけているうちにちゃんとまともな授業になってました(笑)。3年生は2次関数からでしたが、学年担当から与えられたプリントは置いておいて、関数とはなにか、今まで学んだ関数をおさらいし、まとめていくうちに生徒も頭が少し動いてきたようでした。「わかりやすい」という小さな声が聞こえてきたのでほっとしました。7月からおつきあいしはじめたばかりの生徒。1年生はここから少人数に分かれましたので、慣れ親しんだ生徒とお別れ、半数は初めての出会いでしたが、1次方程式からでちょうど良かった。去年の1年生で苦労したプリントが役に立ちます。こうやってまた生きていけるのがうれしいです。
ののはな
2011年08月31日 21:54
♡。庭花さん~゚。♡
そうです。子どもには二度とない青春のひととき、大切な時間を充実して生きてもらいたい。またそういう時期の子どもとつきあえる幸せを感じています。
ののはな
2011年08月31日 22:12
♡。ハイジママさん~゚。♡
東京っていうと、新宿の10数メートルのビルの上で測っている線量しか報道されません。NHKも朝日新聞も。しかしわたしが住む区は東京で一番線量の高いホットスポットがあります。毎日線量計を持って移動していますが、場所によってずいぶん値がちがいます。また天候によっても。ただここ数日以前より高いのです。東電は福島原発でなにかまだ隠していることがあるのではないかと思います。毎時0.3μsvもあるのですよ。これって1日に7.2μsvの放射線量を浴びることになるし、一ヶ月で216μsv、1年で2628μsv=2.6msvになるのです。原発事故以前は年間1msvが許容範囲だったはず。どうしてこう簡単に数字が変えられるのか、人の健康、命をなんだと思っているのかと思います。それに新宿で測っているのは体外被曝量(γ線)だけだそうです。内部被曝のαβ線も合わせた数値を発表していません。
それに今日、NHKのニュースで発表していた首都圏の地図では一番線量の高い場所はすべて発表されていません。たとえば松戸、三郷、流山、柏、つくば、石岡等です。千葉の市原は線量が低い場所。東京の新宿も低い場所。わたしはちゃんと自分で測ってきましたから、わかります。宇都宮も低い。なぜそうい場所ばかり。おかしいですね。孫がこの夏1ヶ月も遊びに行っている福島県の○○○は100KM以上離れていますが、なぜかホットスポット。なのにちゃんと報道されていない。で、そんなことを言っては息子と喧嘩になるし、お嫁さんとも・・・しこりが残る。自分の胸にだけ納めているのはつらい。なんとかして~って叫びたい。
ののはな
2011年08月31日 22:18
♡。酒天さん~゚。♡
はじめまして。ようこそいらしていただけてうれしいです。まあ、こんなにまとまりなく言いたい放題のブログですが、たまには遊びに入らしてくださいね。神戸は自由な街って雰囲気がありますが、雑誌などを読んでおりましたら、日の丸掲揚に関しても議会ではいろいろ黒い雲が・・・まあ、いずこもいろいろありそうですね。ファッシズムの国家にだけはしたくないものです。
ののはな
2011年08月31日 22:26
♡。涼さん~゚。♡
雨が多いですね。台風がのろのろ日本縦断でしょうか。やれやれですね。そうですね、朝晩の涼しさにほっとします。カナカナカナ・・・と鳴くヒグラシの声に秋を感じますね。
>災害地で働く子のことも思いやりながら、
>ただ心を寄せていくことしかできません
このお子様は涼さんのお子様かしら。なんともいえませんね・・・。心を寄せるという言葉すごくあたたかいですね。
かさかさになった心に児童文学はいいですね。ほんとうに癒やされます。
2011年09月01日 12:07
こんにちは
ご無沙汰いたしております
今まで存じ上げなかったのですが
先生をされているんですか?!
今日は久々のお仕事ですね
子供達からパワーをたくさんもらってくださいね
ひとりぼちっちのエルフ読んでみたいです
まだ読んだ事が無いんですよ

体調が思わしくないようですが
このように大地も動いているため
体調のすぐれない方には辛い日々が続くとは
思いますが どうぞ先にも書きましたが
子供達から素晴らしいエナジーをいただいて
一日も早く晴々した日が来ますように

土壌汚染ですが産業技術総合研究所が
薬品を使ってセシウムのみを土壌から取り出すことに
成功したそうです
早く安心できる世の中にしたいですね
2011年09月05日 14:49
こんにちは。
大型台風12号は4日未明、日本海に抜けましたが
其方は被害有りませんでしたか?この台風は雨台風のようで
5日も東日本は断続的に雨が降る恐れがあるようですので
十分気をつけて下さい。
関東ではそんなに放射能が降り積もった校庭がありますか?
孫が心配ですね。
お義母の介護にお仕事されながら沢山の読書、頭が下がります。
無理をなさらずにお体十分気をつけて頑張ってください。
ののはな
2011年09月06日 23:26
♡。ハーモニーさん゚。♡
のろのろ台風大変な被害をもたらしましたね。深層崩壊が起こったのですね。百人近くの犠牲者になるのでしょうか。そちらは大丈夫でしたか。自然は侮れませんね。ほんとうに人間はまだまだ自然のほんの少しのことしか知らないものなのですね。
 本はわたしのビタミンみたいなものです。何千冊の本があっても今日夢中になれる本に渇望。声の朗読はこれから役に立つだろうと、図書館で集めています。MDに落としておくのです。で、眠れぬ夜にも役に立ちます。相変わらず中性脂肪が多く、医者にかかること勧められているのですが、なかなか・・・。で、やっとここ数日気功を再び始めました。すこし寝付きがよくなりました。頭のなかのもやもやを吐き出すにはそんな修行が必要なのでしょうね。
ののはな
2011年09月06日 23:37
♡。ハッピーさん゚。♡
そうなんですよ。グリーンカーテンこんなにうまくいくとは思っていませんでした。昔マンション暮らしの時、ベランダの植物はいつもダメにいていましたので、きっとゴーヤって育てやすいのでしょうね。30cmの深さの鉢って書かれていたのに、15cmしかないにもかかわらず、たくさんのゴーヤも食卓の恵みにしてくれて・・・。ハッピーさんも市原悦子さんがお好きですか。わたしも今回は声だけで彼女の演技力に圧倒されました。お芝居がやってみたくなりました。もう3年も身体を動かしていないので、近くにわたしのような者でも参加できる演劇サークルがあればなあ~って心境です。きっと眠れぬ夜に悩むこともなくバタンキューの生活でしょうね。ハッピーさんは健全な生活を過ごしておられるのですね。羨ましいです。で、朝続きのお話を聞かれるのですね。
ののはな
2011年09月06日 23:44
♡。飛鳥さん゚。♡
そちらの2学期は9月1日ですか。こちらは学力がないとか言って・・・もう7年ほど前から1週間前倒しの新学期です。今はもう退職して、都の非常勤講師です。で、いろんな体験をしています。今年は1年オンリーって言われて職場に入ったのですが、6月末から急遽3年生も教えることになって、しかも今月の末から、生徒の少人数のメンバーを固定して、教員がローテーションするとか。えっ?!って叫んだら「僕の人気が悪いので、先生を変えることで折り合いをつけたとか」。なかなか現場は厳しいようで・・・でも講師の身分では「はい」しか言えないので・・・まあ気楽にやります。ここ数日放射能の線量がすごく高いのですよ。なにかあるのでしょうか。また東電の隠蔽が始まっているのでしょうか。
ののはな
2011年09月06日 23:52
♡。ミズナツキさん゚。♡
台風お見舞いありがとうございます!ほんとよく降りましたね。蒸し暑かったのがつらかっただけでこちらは被害なしです。紀伊半島の方々ほんとうに言いようがないほどの被害に遭われて・・・自然って侮れませんね。ミズナツキさんの方が大丈夫だったかしら。
ここは山背の風が吹き下ろすのです。先週、区の広報で放射線量が発表されましたが、子どもたちもびっくり。「ここ東京で一番高いのだってね。今、プール入ったけれど大丈夫かな」。0.5μシーベルト/hでこんなですから、福島は・・・それなのにうちの孫は一夏福島に行っていたんですよ。放射線量なんて気にしないって言ってる家の者も「相手は子どもなんだから説得してでも帰ってくるべきだったよな」。お嫁さんは「放射線量が高いみたいだったのでなるべく家の中で過ごさせて、一夏で時計が読めるようになったんですよ」って。はあ~。わたしは内心びくびくです。
2011年09月29日 14:41
ゴーヤカーテンの涼しさには 今夏 ずいぶん助けられました。
が~ののはなさんは ゴーヤを食べられましたか?
今日も 私はゴーヤを牛乳でミキサーして飲みましたが、その時 ふと「ののはな」さんのことを思い出しました。
すこしは元気になられたかな?
ののはな
2011年10月27日 15:30
♡。ハイジママさん゚。♡
もうゴーヤも終わりですね。撤去された方も多いと思いますが、わたしは枯れた葉をとりつつ残しています。まだ黄色い花をつけるので。ゴーヤはほぼ毎日いただきました。食費も節約できました。わたしはシーチキンと一緒にサラダが多かったです。牛乳で苦さがまろやかになるのでしょうか。ゴーヤは身体にいいらしいですね。ゴーヤにもらった元気もほぼ使いましたね。とほほ・・・

この記事へのトラックバック