小さきものにふる雨

画像


雨の日
小鳥たちは
どうしているのだろう

例年なら
三寒四温とうなづけるが
今年の春の遠いこと
雨の日はどこまでも冷たい

もう季節は彼岸というに






画像


画像










画像

雨の日
お外に行けない
ちびぞう君には
踏み台までが
遊び道具


「汽車汽車しゅっぽしゅっぽ♪ 
しゅっぽしゅっぽ しゅっぽぽ・・・♪
は~やいな は~やいな まどのそと・・・」

汽車がなくてもこの歌は
いつまでも子どもの心をくすぐるようだ

こうしてにこにこしていても
さあ足がぬけないとなると
大泣き
自分で入ったのでしょうに


ママが帰る頃を見計らって
ちびぞう君を連れて孫たちの家にゆく

飛び出てくるお姉ちゃん
はじめの頃は
1日の報告をするババに
「で、うんちは?」とか訊いていた
さすがお姉ちゃんと思っていたら...

ある日突然
「どうしてふたりでいつも帰ってくるの?!」
「あら、ちびぞう君ひとりでは帰れないでしょう」
流石にそのときは反論できなくて黙っていた

翌日お姉ちゃんは
「ずるい!」という
「なにが」と問えば
「ババだっこ・・・」といつまでも離れない

「今度の休みの日に水族館に行こう」と
約束して帰ってきたが
ドアを締めたときの大泣きの顔が
いつまでも心に残る

パパは休み返上しても終わらない仕事を
家に帰っても深夜までしているそうだ

ママもパパも仕事で大忙しの3月は
子どもにとってもつらい月なのだろう

4月からはふたりの孫が同じ保育園に
またわたしの生活は夕方
ふたりの孫と公園へとなるのだろう

またあなたのすきな滑り台やぶらんこをね

放射能に汚染された
この現実を生き抜くには
強い免疫力が一番ね
それには美味しい果実に新鮮な野菜
そうそう酵素が大事なんですってね
それプラス楽しい日々ね

画像

 福島の地で土を耕し
 人々の身体を整え
 生き抜くことを決意した
 かつてのわが師・・・

 今堅い岩盤に
 井戸を掘り
 命の水を得たと・・・
 
 遠い地から
 健闘をお祈りします


はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2012年03月20日 15:41
メジロにみかんを与えて眺めている、ツレの妹の家へ出向いていました。
姪が学童から、そこに帰って来て母親の帰りを待つのです。
子どもは元気ですよね。
半そで姿で、夕食作りを手伝うようになっていました。
2012年03月20日 22:22
>美味しい果実に新鮮な野菜、・・・それプラス楽しい日々
前者は努力で実行できますが、後者は心の問題もあり、なかなか難しいですね。
でも私のような能天気な人間は、免疫力が強いかも。
でもみんな一緒に、楽しい日々を送りたいものですね。
2012年03月20日 22:27
今年のお彼岸はまだまだ寒いですね。
メジロもののはなさんの置いたみかんを喜んで食べているのでしょう。雨の日はエサ取りも大変でしょうから、ありがたい贈り物でしょう。

ののはなさんの過去記事をもう一回読み直しました。
素晴らしい師ですね。。
私も一生懸命ヨガを学んで、少しでも人のお役にたちたいと思っています。
ののはな
2012年03月20日 23:58
♡。Tatehikoさん゚。♡
お久しぶりです。すっかりPCとも疎遠になっています。お連れ合いさんのご家族とも親交がおありなんですね。なんともおうらやましい。わたしと同じようにメジロの姿に癒やされておいでかしら。わたしはぼっとして鳥を眺めていることが多いです。姪御さんの夕方のお相手ですね。どうやら息子はそれを狙って、わたしに自分のマンションの近くに引っ越しさせようと企んだようです。でもわたしは自分のほっとできる時間もほしいのですが。なかなかいいあんばいには・・・でもそちらでは義妹さんは楽しく暮らされているようですね。
ののはな
2012年03月21日 00:02
♡。カンツオーネさん゚。♡
そうですね。楽しく暮らすのはなかなか訓練が必要ですね。わたしも現実の重さに時としてめげます。そんなときは繰り返し繰り返し飽きるまで愚痴ります。そうすると夜嫌なことを思い出して眠れないと言うこともなく・・・どこぞの砂浜に行って穴をあけて「おおさまの耳はロバの耳!」って叫んできましょうか。脳天気もなかなか修行が必要ですよね。まあ楽しいことを見つけて生き抜くしかないようです。
ののはな
2012年03月21日 00:19
♡。komichiさん゚。♡
なんとなくどこへも出かける気力もなく、ただ一日に少しでも引っ越しの準備が前進していれば安心という暮らしです。ま、孫のいる日は結局なにもできませんが。でも新聞の切り抜きや、書類の整理ぐらいはできます。
で、やっぱり小鳥を眺めてぼっとしていることが多くて。もうすぐ会えなくなると思うと寂しくて・・・。今度の所は駅近くなのでやはり交通量も多いしうるさいだろって思ってます。植物ベランダで育つかしら・・・
でもわたしも過去のブログを読んで、もう一度あの頃のような気持ちに戻ろうと決意しました。身体を癒やす人と癒やされる人の間には難しい言葉はいらない。そこには真実があるだけ。今行っている四谷の歯医者さんはこの師に紹介されて、6年ほど前から通っています。共通の知り合いがいるって楽しいですね。歯医者さんに行ってかの師の噂話し。歯医者さんともすごく深い信頼で結ばれます。歯医者さんは去年、かの師のいる福島に行ってきたそうです。まだ行ってないの?ってあきれられちゃって。そうだよね。行くべきだよね。って。早く生活が落ち着いていろんなところに行きたい。
komichiさん、ヨガをもっと上達されてお会いできること楽しみしていますね。わたしの夢です。
この春石巻の友人に女川原発で、た反原発運動をなさっている写真家日下さんたちとの集会で手助けしてって言われたけれど、今体調が悪いのと、やはり引っ越しの準備でめちゃめちゃ忙しいので、行けませんでした。理解してもらえたかな・・・。友人たちはみな退職しているので、わたしのしんどさなかなかわからないかな。しかし今はじっと目をつむって。・・・

2012年03月21日 16:44
寒の戻りでしょうか、昨日今日ととても寒いです。
メジロがお庭に来ているんですね♪

過去ブログ記事、拝見しました。
素敵な師との出会いでしたね。

長男のお嫁さん、東京に移ってからはお水も買い、野菜もご実家から2週間に1度送って貰ってるとか。
それなら私も!と、お味噌などを送って上げてます。
やはり、関東以北のものは怖いと言ってます。

お孫さん、成長が楽しみですね!♪
2012年03月22日 07:07
ののはなさんへ
お早うございます。メジロ、うまく撮られましたね。メジロが夏の季語なので先日俳句会で問題になりました。私はてっきり今だた思ったのですが。お孫さんの世話、大変でしょうがまた楽しいですね。我が家は最後の6号が小学2年、1号は高校受験、で手はかからなくなりましたが寂しくもあります。放射能対策、ノリ等海藻もお忘れなく。
Bo peep
2012年03月23日 11:46
ののはなさん

こんにちは。
メジロさんは相変わらずとても可愛いです。一度も本物を見た事が
なく、こんな可愛らしい小鳥さんがお庭に遊びにくる環境は素敵で
すね。小さな鳥なのに上手に写真を撮っていらっしゃって、感心し
ています。

お孫さんのお写真も自然な感じでとてもよい写真だと思いました。
かわいいですね^^。

優雅なハリネズミの映画をこちらで見逃していて、とても後悔していた
のですが、ののはなさんの評価をみて、ちょっとだけ気が楽になりまし
た。映画の感じは(といっても見る事ができなかったので)興味深い
印象を受けたのですが、翻訳者によって外国語の本って時々違う本に
なる場合があるので、なかなか扱いずらいなと個人的に思っています。
いつも色々な本を紹介して下さるので、大変勉強になります。
少しずつ、ののはなさんの以前の記事等も楽しく拝見させていただいて
おります。ありがとうございます。


アージェ
2012年03月24日 16:52
昔の、日本家屋はひさしが深くそのひさしの下で自然界の生き物達が、暑さ、寒さをしのいでいましたね。
2012年03月24日 18:43
メジロのスライドショー懐かしく
楽しませて頂きました。
保護鳥にされて、各庭に見られるようになりましたね。
お孫さんも元気そうで、一緒にいられるのが
楽しみですね。
ののはな
2012年03月27日 13:24
♡。ハーモニーさん゚。♡
ようやく春の日ざしに身体もほっとしています。メジロとヒヨドリが毎日来てはすごい追いかけっこしていますよ。
今、昔の手紙等の整理をしていますが、この師からの年賀状はいつも鉛筆できちんと書いてあります。素朴でほんと心が温かくなる文章。昔、国語の教員をなさっていて、同和教育の研究会で出会ったのですが、その後同僚になったこともあります。しかしもっと本質的なお仕事がしたかったのでしょうね。とうとう人の身体を癒やすお仕事を選ばれて・・・数年前から福島で治療院とマンションと畑を手に入れられて暮らされておりましたが、今回の原発事故で・・・。わたしはとても心配しましたが、いつも前向きでした。やっと人間関係ができた地から逃げ出しては・・・東京の人はやっぱりと言われると・・・奥様だけ避難なさって・・・子どもがいないからと、そこで踏みとどまって暮らされています。
ハーモニーさんの息子さんはいいご両親に恵まれ、心豊かに過ごされておいでですね。放射能は見えないのが一番怖いですね。細胞分裂の真っ最中の胎児や幼い子どもをもつ親はとても過敏になるのは当然です。女の子はとくに卵子を持っていますので、未来にどんなことがおこるのかわからないので不安です。国は厳しいラインを引けばそれだけ大変なことになって、すべて国民の税金増という形にしなければやっていけないので、危険はなるべく少なく見積もりたい、安全だと福島に戻したいってことなのでしょうが。人の感情ってそんな訳にはいかないですよね。
こんな恐ろしいものをどうして導入してしまったのでしょう。昨日の新聞では上野千鶴子さんが反対してこなかったことを後悔していると書いていましたが、多くの人はそう思っているのでしょうね。

ののはな
2012年03月27日 13:31
♡。ひょうすけさん゚。♡
めじろは春の季語ですか。そうですね。早春から・・・庭に来て、梅かなんかの枝に似合いそうですものね。
 孫との暮らしは大変ですが、楽しみも大きいです。お嫁さんの干渉なしにこちらの好きでやれるのですから。だんだんこつも飲み込めて、孫もここに来て日中を過ごすのがあたりまえと思ってます。上の子はもう保育園になりましたが、やはりここで7ヶ月過ごしたので、「ここはわたしの実家」と言ってます。
 今も孫がうろうろ・・・なにやらおしゃべりしながらご機嫌です。お食事をいっぱい食べたからです。果物苦手ってママが言ってましたが、だんだんうちで食べられるようにしています。今もイチゴの上の甘いところだけあげました。手で持ちたがるので持たせたので、自分で口に入れるのがうれしくて何度もせがみます。こうやって子どもって育って行くんだなって。ババやジジには心にゆとりがあるから・・・核家族ではこういう訳にはいかない。うちの子等にもこんな環境がほしかったなってないものねだりを・・・息子が時々孫の姿に「お前等はいいな~」って。
ひょうすけさんのお孫さんは小学生から中学生までですか。それはそれは楽しみな年頃ですね。わたしは中学生と何十年も過ごしていますので、ああいう年頃の子とおしゃべりするのが楽しいです。女の子は話し相手になるのでいいですね。今から楽しみです。
そうですね。海のものが大好きなんですが・・・これが一番怖い。どうしましょう!?
2012年03月31日 09:30
ののはなさんへ
我が家の孫1号は保育園へ上がるまで日中預かりましたので一番印象が強いです。お孫さん海のものが大好きですか、それは頼もしいです。果物が嫌い?失礼ですが常日頃のお食事が美味しすぎるのですね。多分酸味、苦みが厭なんでしょうね。そうそうメジロは何と夏の季語なんです。私はどうみても鶯と同様春だと思うのですが。
6bd@)
2012年04月01日 09:50
今年はいちどだけメジロに会いました。
こうして訪問してくれると嬉しいですね。
もっともわが家にも雀が20匹ほど毎日来ますが・・・

お孫さんのお写真可愛いですね。
親には親の、子には子の・・・
大変ですが、それぞれの人生がありますね。

そういえば、日曜出勤が多くて、子供たちの日曜参観も運動会も
あまり行ってやれなかったなと・・・

先日、水戸に行って近くの海岸の津波の爪あとを見てきました。
茨城でも4メートル・・
東北はもっと大変だったのだろうと・・・
オコジョ
2012年04月01日 09:52
上の6bd@)はオコジョです。かな入力のつもりで
ローマ字入力になってしまいました。

失礼しました。
ののはな
2012年04月07日 22:50
♡。Bo peepさん゚。♡
めじろはそちらでは見かけませんか。なかなか愛らしいですよ。しかし臆病でビクビクしているのですよ。ヒヨドリに追いかけられるのです。
本でも映画でもそうなんですが、わたしは長い間みんながいいというものの良さが見つけられないと、自分を責めていましたが、この頃やっとみんな感性がちがってあたりまえなんだって思えるようになりました。長い道のりでしたが、やっと何かが見えてきたような。自由になれたような気がします。
ののはな
2012年04月07日 22:54
♡。アージェさん゚。♡
そうですね。昔の民家は自然と共生できるようになっていましたね。で、最近では雀も減っています。このあたりでも、あっ雀がいっぱいと思う家は・・昔ながらの建て方の家です。そんな家では雀が楽しそうに群がっています。
このメジロちゃんたち、来年はどうするのでしょうか。いささか寂しいです。
ののはな
2012年04月07日 22:55
♡。ミズナツキさん゚。♡
こうしてまとめておけば、この小鳥たちとのこといつまでも思っていられると思って・・・ブログはわたしにとって貴重な存在です。
ののはな
2012年04月07日 23:00
♡。ひゅうすけさん゚。♡
えっ??めじろは夏の季語なんですか。う~ん、思いこみって怖いですね。5月頃にメジロに会ったことありますが、古い家の庭で大木の虫を食べていましたね。そっか、そういう時期のメジロには滅多に出会わないから・・・
ひょうすけさんもお孫さんと楽しい時期を過ごされたのですね。わたしのとってこの孫たちは内孫のような存在です。今日もママが上野に花見にでかけ、息子と孫ふたりうちで過ごしました。
ののはな
2012年04月07日 23:07
♡。オコジョさん゚。♡
なぜかオコジョさんのところにコメントが書き込めません。
雀が20羽も・・・いい環境なのでしょうね。羨ましいです。都会の鳥はこうして家のレストランをあてにして暮らしていていいのでしょうか。いささか疑問ですね。
そうです。うちも自分の子どもの時には忙しくてなかなかこんな風に相手をしてあげられなかった。夫ははじめての子育てに学ぶところがあるらしくて楽しそうです。今は保育園の慣らしで、毎日11時半頃お迎えに行きます。来週中にはお昼寝できるようになるといいのですが・・・かえって今は甘えん坊になって、わたしの後追いです。不安なのでしょうね。
>先日、水戸に行って近くの海岸の津波の爪あとを見てきました。
> 茨城でも4メートル・・
> 東北はもっと大変だったのだろうと・・・

そうですか。やはり現地を見るべきなのでしょうね。そうやって見えるものありますね。

この記事へのトラックバック