日本国憲法と自民党草案の比較・・・その3 九条

今日は現行の憲法の「第二章 戦争の放棄」と自民党草案の「第二章 安全保障」を比較してみよう

*-*-*・・◇◆日本国憲法 第二章 戦争の放棄 ◆◇・・・*-*-*

第二章 戦争の放棄


第9条
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない国の交戦権は、これを認めない


*-*-*・-◇◆・・-・・・-・・・◆◇・-・*-*-*-*


画像




これに対して自民党草案は
*-*-**--・◇◆自民党草案 第二章 安全保障◆◇-・*-*-*
第二章 安全保障


第9条(平和主義)

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。

2.前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。


第9条の2(国防軍)・・・・新設

1.我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。

2.国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。

3.国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。

4.前2項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。

5.国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。


第9条の3(領土等の保全等)・・・・新設

国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。

*-*--*・-・◇◆・*・*・*・*・*・◆◇-・・*-*-*

* 二章のタイトルが「戦争の放棄」から「安全保障」と変わっている。「戦争のススメ」か。

*九条2項で「戦力の不保持」と「交戦権の否認」を削除している。{2.前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。)

これで、交戦相手国の兵士を殺せるんだね。集団的自衛権ももう何の問題もなし。これで国民を犠牲にして、友だち国家のために戦える。友だちに感謝されるね。(ポチが米国に尻尾を振る姿が・・・)
  

*新設された「第9条の2」のタイトルが(国防軍)本音を隠した「国防軍」と言うネーミング。ほんとうは「日本国軍」。


*{2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。 } 

ここが怖いね~国会以外の統制でもいいというわけ?こういう微妙な抜け道が多すぎる。


*{3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。} 

ここにも「法律の定めるところにより」と、法律で決めちゃえばなんでもありだよ、と読める。「多数決が民主主義」と考える国会は、今やろくに議論も審議もせず、イケイケドンドンと、特定機密保護法だって、あっという間に強行採決する現実がある

「公の秩序を維持し」って恐ろし・・・デモ隊鎮圧のためにも出動できるってこと?TVニュースで見る中国の姿がだぶる。


* {4 前2項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。}

「統制及び機密の保持」ね。これも別途法律で自分たちに都合のいいようにできるのね。軍事機密保護はお友だち同盟国との関係で絶対だよね。文民統制なんてありえないよ。
   

*{5 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。}

「国防軍に審判所を置く」=「軍法会議」だ!裁かれるのは軍隊の兵士だけではなく、一般人もだよ。


自民党はなぜ、今「戦争の放棄」をやめて、「戦争のススメ」の憲法を作ろうとしているのか

 
国防軍(日本国軍)が海外に出て行って、自由に軍事行動したいのだろう。自由にって「集団的自衛権の行使」だ。国際協力の名の下での武力の行使だろう。

こんな恐ろしい自民党の本音が見え見えの憲法草案。あなたはそれでも自民党の本性がみえませんか。
 
 

         ....その4へつづく


その1・・・前文
その2・・・1章天皇
その3・・・2章 9条 戦争の放棄
その4・・・3章 国民の権利および義務

はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

コアラ
2013年11月17日 13:10
 安倍首相が提唱する「積極的平和主義」を憲法に書くと自民党案のようになりますね。要するにアメリカとつるんで、アメリカが理想とする世界秩序を乱す敵を共同でせん滅する戦争に、日本軍を参加させるというもの。かつて明治から大正昭和に「世界帝国」としてのアメリカの実力を認め、日本は植民帝国になる道を放棄してこれと同盟を組みながら軍縮を進め、戦争はアメリカに任せ、産業を発達させて世界に安い製品を輸出して栄える貿易立国政策を進めた政治家らは、アメリカの横暴を如何に制御するかに悩みました。この路線を選後に踏襲したのが吉田らが進めたアメリカとの同盟政策で、アメリカの横暴を抑える鍵は国連だった。だから日本は国際紛争は国連での話し合いに任せ、国土防衛の最小限度の軍しかもたず、しかも集団的自衛権を行使しないとしてきた。アメリカと同盟組みながらもその横暴に加担しないという政策。日本を極力アメリカの戦争から中立に置きたいとの願い。安倍総理の路線は、世界を混乱させるアメリカ帝国の忠実な家来として日本も戦争を行うというもの。先人たちの苦心を水の泡にする愚策です。
コアラ
2013年11月17日 13:17
 連続投稿します。「その2」の天皇についてコメントすれば、自民党案は天皇を元首として政治利用しようとするもの。本音は「神国日本」の復活でしょうがそれをそのまま実現しては周辺諸国との軋轢も大きくなり時代錯誤なので、ここに落ち着いている。天皇家としては明治以後政治に関わりすぎて皇統を断絶させかねなかった経験にかんがみ、元首になりたくないのを無視したもの。ついでに山本太郎議員の行動を論ずれば、天皇は政治に発言できない立場を無視し、国政を動かすのは自分の仕事であることを忘れた愚行です。そして原発事故の実態は彼より天皇の方が深く御存じでしょう。福島の事故で健康被害はまだ実証されていません。山本議員は議員として原発事故に向き合う行動を組織すべきで、それを放棄したパフォーマンスと言われても仕方がない。もっとも彼を非難している自民党の言も的外れですが。
2013年11月20日 21:27
積極的平和主義なんて武力で自己主張を他国に押し付ける手法そのものですよね。
「暴走」と評されますが・・・そのことは、自己破綻を覆い隠す手法に徹していることそのものですね。
ののはな
2013年11月23日 18:55
♡゚。コアラさん゚。♡
コメントありがとうございます!
>アメリカとつるんで、アメリカが理想とする世界秩序を
>乱す敵を共同でせん滅する戦争に、日本軍を参加させる
ために憲法をこのように変えてという訳ですか。
すべてがこのシナリオで書かれているのですね。

>アメリカと同盟組みながらも
>その横暴に加担しないという政策
>日本を極力アメリカの戦争から
>中立に置きたいとの願い
そういう先達の苦労を・・・
いとも簡単に壊せちゃうというのはなんなのでしょう。
最近の国会での顔色みているとあまり良くないですね。
小心者なのに、シナリオ通りに見事に演じる俳優をみているようです。
森は芝居も下手ですね。中学生以下。

>神国日本」の復活
以前のわたしだったら・・まさかそこまで・・と
しかしこの頃本気なんだなってびっくり。
山本氏は所詮その程度の知識しかない。しかしそういう人でも脱原発であれほどの票が集められるほどに国民は脱原発を願っている。小泉はそのあたりのことを読んでいるのでしょうか。
>山本議員は議員として原発事故に向き合う行動を組織すべき
山本氏がやるべきことはそれですよね。
超党派でつながれるチャンスなんだから、そんな行動がほしいですね。
ののはな
2013年11月23日 18:58
♡゚。Tatehikoさん゚。♡
コメントありがとうございます!
自民党案はあまりにむちゃくちゃで、にわかにはこれ本気かいなって気持ちだったのですが、まあ自民党の中でも最悪な人たちが今、政権を牛耳っているのでしょうね。国民はどうしたら目が覚めてくれるのでしょうか。
いくら経済と言ったって、所詮、いい思いをするのは上の人だけ。
コアラ
2013年11月23日 22:55
「小心者なのに、シナリオ通りに見事に演じる俳優」といえば、アドルフ・ヒットラーその人が歴史的に最も有名。ナチスが第一党になったときでさえ、確か得票率は3割強程度。ヒットラーが首相になれたのは、最右翼の帝政派が彼を支持して連立内閣を組んだから。そしてドイツ社会民主党、そしてドイツ共産党という強力な対抗馬があったが、残念ながら社会民主党と共産党は仲が悪く、それぞれの傘下の労働組合も含めてナチスよりお互いを主な敵として罵りあっていた。ナチスに対する統一した戦いが組めなかったし、ドイツ経済立て直しの将来像も示せなかった。そしてドイツ経済の悪化は中間層の没落と大量の貧困層を生み出し、この層がどんどんナチス支持へと移行してナチスはついに多数派を握った。経済の悪化を侮ってはいけない。希望が見出せなかった時、人はしばしば極端な民族主義にその活路を見出すもの。そしてその民族主義は、既存の体制の打破=変革=希望という装いを纏う。今の極右政党としての自民党を支えているのはそういう動きです。アベノミクスで甘い汁をすすっている上の人々と、アベノミクスでさらにどん底に追いやられている人々が、既存秩序=労働者保護や競争禁止の体制―打破という安倍の「変革」テーゼに引きつけられていく。アベノミクスに対して明確な反対の展望が出されない限り、この動きは続きますね。
コアラ
2013年11月23日 23:02
小泉は右派ではない。自民党最右派の福田派に属したが本質はハト派。自民党本来の主流の穏健な保守派=ハト派。福田派にいたのは、最初の選挙で落選したとき、彼の面倒を見てくれて、政治のいろはを教えてくれ、初当選に導いてくれた福田(父)元首相への恩義から。彼は義理人情の人。小泉はアメリカとの同盟は強化しながらも、むしろ自衛隊を海外派遣することで日本の主体性を強化しようとした。この意味で吉田らの戦後自民党の路線を継承している。その保守穏健派としての小泉が脱原発を唱えた。安倍自民党が戦後自民党が築いたものすら全部ぶち壊すのを見てられないことと、これへの不安・不満が脱原発として結集し始めていることを早くに気付いているのではないでしょうか。
ののはな
2013年12月01日 22:56
そうなんですね。安倍自民党はこれまでの自民党の中でももっとも質が悪いと思えますね。だから多くの人はこれほどまでには・・・常識的な線で落ち着くのではなどと高をくくっていたのでは。小泉さんの話、気に入らないところもあったけど、至ってふつうの感覚だと思いました。それと彼は国民の声がふつうに聞こえ、見えているのかもしれませんね。そうそれを危機ととられているのかどうかは、今のわたしにはよくわかりません。
 でも自民党側に立って、今、ここで脱原発を言えば、こんな簡単にまとまる話はないって思っているようですね。
 安部政権はこのチャンスを逃すまい、って思ってるのかしら。穏やかにやっているより今一気に思うとおりに進めておけば・・・と。

この記事へのトラックバック