日本国の政府は国民の敵なのか?

詩人 石川逸子さんより「風のたより」がとどく

そよそよと吹く風なれど
グサグサとこころに突き刺さる風
あまりの痛さにこころは悲鳴をあげる


画像




風のたよりから・・☆⌒"°・*“☆”・⌒・☆。⌒"⌒☆


風のたよりの2ページに
「チェルノブイリ法ってなに?」があった

2013年7月20日に足立勤労福祉会館で講演した
アレクサンドル・ヴェリキン氏(この法律の制定に尽力)のお話があった


「チェルノブイリ法」とは、チェルノブイリ原発事故の被害を受けたウクライナやベラルーシ、そしてロシアの各国で1991年に制定された法律。放射能被害に遭った人たちの避難生活や生活支援、健康診断や医療費助成などについて定めた法律。


 年1ミリシーベルト以上の被ばく量地域を
 「移住(避難)の権利地域」と定め
 在留者・避難者それぞれに
 仕事、住居、薬、食料の支援している

 年1ミリシーベルト地域(0.23マイクロシーベルト毎時)
 といえば、東日本の至る所に存在している


 チェルノブイリ法が定める移住の権利地域の住民は
 次のような補償を受ける

1、国家の負担による追加医療保障
(毎年の健康診断、薬剤の無料供与など)
2、非汚染地帯でのサナトリウム治療(保養)と追加の休暇
3、妊婦に対する居住地域外での延長休暇
4、月に100米ドル相当の支払い
  (健康増進用、追加食品用)
5、年金の30%割り増し



汚染地域は3つに分けられている

1.退去対象地域
   土壌汚染(セシウム137)
         ・・・555キロべクレム/m2 以上
   被曝線量・・・5ミリシーベルト/年 以上

2.移住の権利地域
   土壌汚染(セシウム137)
         ・・・185~555キロべクレム/m2
   被曝線量・・・1~5ミリシーベルト/年 

3.特恵的社会経済ステータス付居住地域
  (徹底的なモニタリング)
   土壌汚染(セシウム137)
         ・・・37~185キロべクレム/m2
   被曝線量・・・0.5~1ミリシーベルト/年 



一方、日本における3区域を比べると愕然となる

1.帰宅困難区域・・・50ミリシーベルト/年
2.居住制限区域・・・20~50ミリシーベルト/年
 (昼はOK、原則宿泊不可)
3.避難指示解除準備区域・・・20ミリシーベルト/年


そして彼女はこう締めくくっている

事故解決の見通しも一切たたないのに
完全にコントロールされていると称してオリンピックを招致し
わが国の原発は世界一安全などと言って
他国に売りつけをはかっている安部政権
大きなNO!を突きつけ
チェルノブイリ法並みに持っていけないものだろうか
                       


・・☆⌒"°・*“☆”・⌒・☆。⌒"⌒☆・・☆⌒"°・*

画像



 この国はなんとおそろしいのだろう
 フクシマの人々のこの2年9ヶ月の現実をみよ

 高い放射線にふるさとを追われ
 人々の生活もなにもかもがひきさかれ

 「帰りたい」と言えば
 避難指示解除準備区域にしたからどうぞという政府

 「避難指示解除準備区域」とは避難指示区域のうち
 年間積算線量が20ミリシーベルト以下となる地域をいう

 この数字はどういう意味なのか
 
 国際放射線防護委員会(ICRP)は
 緊急時は20~100ミリシーベルト
 緊急事故後の復旧時は年間1~20ミリシーベルト
 平常時は年間1ミリシーベルト以下としている


 つまり「年間積算線量が20ミリシーベルト」とは
 緊急事故後の数値だ

 なんと事故前には緊急事故後のみ許される放射能で
 満ちあふれた空間に住んでもいいよということか

 なんとおそろしいことだろう
 チェルノブイリの教訓があるのに
 そこから学ぼうとせず
 数字を操作するだけで解決したとする政府

 
 「場の線量」から「人の線量」へという転換
 これってうがった見方をすれば
 被曝はこれからは個人の責任ってわけか
 
 ここまで国民を愚弄した国があるだろうか

 チェルノブイリの人びとも長い闘いをしたと聞く

 わたしたちは唯々諾々と政府の言うがままに
 放射能にむしばまれ 
 わけのわからぬ体調不良に苦しむのか
 


 「国」の経済発展のため国民を

 正規と非正規
 富めるものと貧しきもの
 体制に従順なものと反逆するもの

 と言う具合に二局に分断する政策が
 つぎつぎと矢継ぎ早に打ち出される

 秘密保護法案はたったの3週間で
 数を頼みに強行採決
 これが民主主義の国と言えるのだろうか

 知識人と言われる人たちの立ち上がりも遅かった
 こんな愚かしい法案がまさかこんなに簡単に
 成立させられるとは思わなかったのだろう

 ようやく出版業界も署名活動に入った
 この法案の恐ろしさに気づいたのだろうか

 政府にとって都合の悪いことは
 <見ざる 聞かざる 言わざる>
 
 この法案さえ作ってしまえば
 あとはこっちのもの
 
 なにも見えないのだからなにも感じない
 だれかがなにかがおかしいと思っても
 その根拠はわからない
 おかしいことはおかしいと言いそうになる国民は
 そっと闇に放ろう

 フクシマは今までもきちんとした情報は与えられてこなかった
 これからはもう完全な闇

 使用済み燃料棒の取り出しが始まった
 なにもトラブルがなければ30年かかる
 人類がはじめてやることなんだから
 なにがあってもおかしくない
 あの日から3年近く
 多くの作業員はもう被ばく量の限界に近づいている
 それでもすべてが危険と隣あわせの手作業
  

 しかもどこにその使用済み核を保管するのだ
 何千年も・・・
 小泉元総理が言わなくとも
 ふつうの人なら誰でも想像できる
 何千年後の人にここにその核がありますよ
 と何語で伝えるのだ

 いろんな問題が山積みだ
 ふつうの人がふつうに疑問をもつことに
 政府は答えられない
 だから国民の目と耳と口をふさぐ法案を急いで

 一体誰のための政府なんだ
 国民の敵なのか
 政府って

 
 



画像




風のたよりから・・☆⌒"°・*“☆”・⌒・☆。⌒"⌒☆
あほ-い あほ-いよう-
どこかで だれかが叫んでいる
だれに呼びかけているのか
生まれる前にも聞いたことがあるような
ずいぶん遠ういところに声の主はいるようなのに
雑踏の街にいても 
さびれた駅から海を見ていても
ずうんと胸にひびいてくる
声はときにせつなく ときに甘やかに
ときには 夢のなかにまで入ってくる
あほ-い あほ-いよう-
    -石川逸子-



・・☆⌒"°・*“☆”・⌒・☆。⌒"⌒☆⌒

はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

コアラ
2013年12月01日 12:46
 現在の日本国政府は、一部の国民のための政府になり下がっています。アベノミクスと言う金融バブルで儲かる一部の人々のための政府。その一部の人の利益を守るためには、その他の大部分の人の利益や権利など足蹴にすることをためらわない。日本国政府はまさに「国民の1%」のためのにだけある。どこかの国で「おれたちは99%だ」という大運動がありましたね。その国の金融中枢を占拠する闘争が。日本でこれが組織されねばならない状況。アベノミクスに幻想を持った、たった2割の国民の支持しかない今の政府。でも原発は今でも多くの人の圧力で止まったまま。原発をなくせ!福島の人をちゃんと援助せよという多くの人の思いを結集する運動が必要。どうも今の日本人は、他人の痛みを思いやる・同感する力を喪失しつつあるようにも思います。自分の利益だけを考えれば、安倍自民党を支持する人がいるのもわかりますが。そういう人に限って現実には彼らに足蹴にされていることに気づいていない。
2013年12月01日 19:42
ののはなさん、ご無沙汰いたしております。
ブログは拝見いたしておりますが。
いつもいつも、深く掘り下げた内容に感心しております。

この国の昨今の出来ごとは嘆かわしい限りです。
なんと浅はかなリーダーたちなんでしょうか。
選挙公約なんてポイと捨てる、沖縄県連。
裏で美味しい何かがあったのでしょうか。

武田薬品は、競争力のある会社になるために初の外国人社長を起用するとか。日本には人材が見つからないみたいで。
政治は三流、企業は一流と言われ、企業で持ってきたような日本ですが、何かにつけて、企業まで政治でコントロールするような方向性の安倍さんです。
国会こそ人材育成が望まれますね。
不幸な国民たちになりそうです。
珊底羅
2013年12月01日 23:02
 今晩は。
 反対運動の先頭に立つ人がいないのは、面倒なことは人任せできたこともあると思う。
 薬害や公害病、水俣のときもそうですが、利益を優先させたので被害が拡大。福島原発もこの延長にある。個別対応は意味がないと思う。おこるのは仕方ないにしても、最小被害で抑えるにはどうするのか、関係する人は思案しているのだろうか。ミスするのは当たり前なのだ。
 代替エネルギーにしても、有望なものはいろいろでているけど、あるから使ってしまう今の意識を変えない限り、近い将来、エネルギー不足になると騒ぐ。岐路にたっていると思う。
2013年12月02日 17:15
秘密保護法案の強行採決の前にはアリバイ作りの公聴会を開きましたが、全員から反対と慎重審議が要求されたにもかかわらず、十分な審議を尽くしたと、理屈にもならない理由で強行採決。
ナチス・ヒトラーの手法で憲法を反故にして戦争する国にする気持ちの表れだと思います。
デモの唱和にテロだと言ってみたり、民衆の反撃に恐怖を覚えつつも暴走する卑怯な、彼らこそ暴徒だと言って差し支えないありさまです。
ののはな
2013年12月08日 20:22
♡゚。コアラさん゚。♡
深夜の参院本会議で、130:82票で、とうとう成立しましたね。官僚と経済界が乾杯したのでしょうか。これからは警察国家でしょうか。
 コアラさんが言われる「一部の国民」ってそういう人たちなんですね。
「アベノミクスと言う金融バブルで儲かる一部の人々」
>日本国政府はまさに「国民の1%」のためのにだけある。
そうなんですね。
>「おれたちは99%だ」という国の金融中枢を占拠する闘争
なぜ日本人はそうならないのでしょうか。競争で生き抜く子どもたち。やっと得た職。そのささやかな生活を守るために、すでに労働者は自己主張を諦めているのでしょうか。
>アベノミクスに幻想を持った、
>たった2割の国民の支持しかない今の政府。
ほんとうにたったの2割。なのに、それで絶対多数と・・・まさに今がチャンス。ねじれてもいない。粛々とやりたい放題。
民主党を見限った愚かな国民は次は自民党がもっと悪い政治をするとわかっていたのに。残念です。どうしてもう少しまって民主党が育つのを待てなかったのか。ほんとうにこれがたった1年前のことなのに。もう十年以上も経ったような変わりよう。いや戦前に逆戻りですから、70年前に・・・戻ったかのよう。「保守」とみずからいう自民党。ひょっとして国民はこの「保守」の定義を間違えて受けとめているのではないか。言葉って難しい。
ののはな
2013年12月08日 20:23
♡゚。コアラさん゚。♡
長くなりました。つづきです・・・
>原発は今でも多くの人の圧力で止まったまま。
>原発をなくせ!福島の人をちゃんと援助せよという多くの人の思いを結集する運動が必要。
ほんとそうなんですよね。なのに、メーンのエネルギーとして原発を位置づけようと。
>今の日本人は、他人の痛みを思いやる・同感する力を喪失しつつあるようにも思います。
そうですね。そういう教育を受けてこなかったのでしょう。人からそういう感情をもらったことのない人が増えているから、ますますそういう社会になってゆくのでは。
>自分の利益だけを考えれば、安倍自民党を支持する人がいるのもわかりますが。そういう人に限って現実には彼らに足蹴にされていることに気づいていない
哀しいことにそうなんですよね。わたしも周りの人をみていて痛感します。
ののはな
2013年12月08日 20:31
♡゚。涼さん゚。♡
空しさで、くじけそうになりますが。そんな甘えも許されないほどの時代になりそうですね。鬼籍に入った先輩たちに、ね、あなた生きていたら、どう思う?って一所懸命語りかけているわたしです。

>なんと浅はかなリーダーたちなんでしょうか。
>選挙公約なんてポイと捨てる、沖縄県連。
>裏で美味しい何かがあったのでしょうか。
そうなんでしょうね。みな自分がかわいい。なぜ命をはって、未来のために・・とならないのでしょうか。それほどの信念がなかったのでしょうか。
ほんとうに今の時代の人びとの情けなさに・・・わたしは戦後教育のなにがまずかったのか考えています。一度もこれでいいとは思ったことはないのですが。
これからは官僚と経済界の思い通りになるのでしょうね。どんな時代もいい思いをする人びとはいたのですもの。
ののはな
2013年12月08日 20:38
♡゚。珊底羅さん゚。♡
「反対運動の先頭に立つ人」の動きは鈍かったですね。9月にたった2週間でしたかしら、パブリックコメントを書くチャンスがあったのは。そのときにもっと新聞は反対する団体の名前だけでも出せば、よかったのに・・・と。
そういうわたしもこうして「人任せ」ですね。

>薬害や公害病、水俣のときもそうですが、
>利益を優先させたので被害が拡大。
>福島原発もこの延長にある。
そうなんですね。だからこそひとり1人が自分の頭で考えて、自己主張できなければいけないのに。日本の教育は愚民を作りようにできている。

たしかに時代はまさに「岐路」ですね。がんばらなければって緒を締めなきゃ!
ののはな
2013年12月08日 20:46
♡゚。Tatehikoさん゚。♡
>アリバイ作りの公聴会
>全員から反対と慎重審議が要求

ほんとまさにそんなこと、どこ吹く風。
何十年も学校の職員会議で、みんな大きな声で意見を述べて反対していても
管理職は教育委員会から強要されていることを、「みなさんの意見は聞きましたよ」といって、数を頼みに、強行採決。そんなことをぼんやり思っています。ところが職員会議は校長の単なる諮問機関となってからは、それさえもなくなった。ただ一冊の小冊子に閉じられた事案書を読み合わせるだけ職員会議になっていった。そんな怖さをしるだけに。

>ナチス・ヒトラーの手法で憲法を反故にして
>戦争する国にする気持ちの表れだと思います。

そうですね。ここは終わりではなく、始まりなんです。これからはなんでもこっそりとできる。うはうはして乾杯したのでしょうね。こちらは怒り心頭、いらいらの夜でしたが。

>デモの唱和にテロだと言ってみたり、
>民衆の反撃に恐怖を覚えつつも暴走する卑怯な、
>彼らこそ暴徒だと言って差し支えないありさまです。
まさにそうです。そのまま返してあげたいことばでしたね。これが彼らの本心でしたね。
これからはほんとうにがんばらなければ。見えないものを見るように。命をはって生きていかなければならない。
2013年12月09日 00:21
ただただ~~
この国の未来が心配です
子や孫の代に私達は重い錨を
持たせるのでしょうか~~
心が痛みます……
司馬遼太郎のこの国への思いが
今正に思い起こされます……
コアラ
2013年12月09日 15:13
>これからは官僚と経済界の思い通りになるのでしょうね。
 これはどうでしょうか。思い通りにならないと思います。
 安倍政権が議席の数に物をいわせて「コソコソ」と悪法を乱発する。でも約3年で参議院選挙があり4年以内に衆議院選挙がある。安倍政権の命はそこまで。これほど国民の多数が願うことと逆をやれば次の選挙はさらに支持率を落とすことは確実。そしてアベノミクスの化けの皮はもう禿げかかっている。来年は円のレートは本来の高さに戻るでしょう。アメリカの景気も回復せず中国はバブル崩壊。どうやって輸出主導の経済に戻すのでしょうか。完全に袋小路。となれば安倍の高い支持率もどうなるやら。今回の悪法にだってメディアはちゃんと報道しないが、多くの人が反対の行動を起こしつつある。原発再稼働に対しても根強い反対運動がある。アメリカのような派手な運動が起きないのは、広い国民各層に旗を振れる組織と人が存在しないから。民主党崩壊はしかたがない。裏切ったのですから。目指すものがそれぞれ勝手な方向に向いたグループの野合政党ですから政権をとれば分裂するのは当たり前。だから何もできず結果として官僚言いなりで公約をどぶに捨てた。見放されるのは当然です。見守って育つものではないです。崩壊から何を学ぶかが大事。今もまだ自民党に代わり新しい日本に向けて舵をとる政党を作る必要性は、喫緊の課題です。問題はその『新しい日本』像とそれを担う政治勢力なのですが、それはいろんな問題に直面する中で国民各層が意思表示をきちんとする中でしか形作れない。「原発のない世界」「貧富の格差の小さい社会」「誰でも家庭をもって普通の生活ができるよう支援する社会」。これくらいの合意はできていると思います。経済の在り方についてはまだ合意はないけど、「成長を求めない経済」「もうけを過大に求めない経済」ぐらいの合意は少しずつ出来ているとは思います。
2013年12月10日 22:12
チェルノブイリ法には疎外ゾーン(特別規制ゾーン)もありますよ。ゾーンは高い規制から順番を付けると1~4まであると思います。私自身はいくつかのブログや発信を参考に、納得し、記事を書いてます。文句ではないです。首都圏3千万人の周辺も含めた被爆の真実とF1事故原因と今の真なるF1の実態を教えてもらう声を共にあげたいからです。
この記事へのタイトルへのコメントですが、米も衰退期に入り、金と命を日本から絞ることを以ってして戦争産業を維持したいと、とおの昔から戦略変更してきたので、安部みたいな世襲議員集団党の段階で諸々の法律を作らせたのですね。現政府は敵どころか日本人の顔をした国際金融資本の有能な会社員です。
オコジョ
2013年12月16日 20:34
ご無沙汰しています。
秋になって、夫婦の両親の施設移動や、入院などバタバタしてなかなか来られませんでした。

選挙の結果でこうなることは、わかっていたのですが・・・
でも、今になって、文句を言っている国民・・・・
景気がよくなって、旅行に買い物に・・・
人はそうした華やかなことが゜好きなようです。
そうしたことが、景気を上昇させるのは事実、景気は人が作り出すものですから・・・
年金は下がり、給料は上がらない(大企業は別ですがね)、消費税は上がり、円安で物価は上がる・・・
原発はてをつけず・・・
笑うしかないでしょうか・・・
でも、4月以降どうなるのか・・・

頚椎症の検査のCTスキャンは6.9ミリシーベルトといわれていますが、それを受けている自分は大丈夫かと・・・
レントゲンも年10回くらい・・・
これは、私の場合、健康のために仕方ないことなのですが・・・
それに、後、そう長くない命で、総計しても高が知れてますが・・・

それにしても支持率が下がりませんね。
人は夢を見るのが好きなのかも・・・
ののはな
2013年12月19日 22:11
♡゚。コアラさん゚。♡
あっという間に日が過ぎてゆきました。何しろ気力ゼロ。なにもやる気がしなくて。これって高血圧の薬の副作用?かえって低血圧になりすぎて。それと腕が・・・15年前の持病が悪化しているようです。右手だけなのでまだいいのですが。
>約3年で参議院選挙があり4年以内に衆議院選挙がある。
>安倍政権の命はそこまで
そうなるといいな~。国民が目を覚まさないと。あれって公務員のことでしょう?なんてのんきな人が多すぎる。
>来年は円のレートは本来の高さに戻るでしょう。
>アメリカの景気も回復せず中国はバブル崩壊。
>どうやって輸出主導の経済に戻すのでしょうか。
ほんとにそうですよね。
12/6にはもうすごい数の人びとが声をあげましたね。わたしは参加できず、友人から刻々と送られてくる情報をみてました。「あなたの分まで声を上げてくるね」という友の存在をこんなにありがたいと思ったことはなかった。

>問題はその『新しい日本』像とそれを担う政治勢力
>それはいろんな問題に直面する中で
>国民各層が意思表示をきちんとする中でしか形作れない。
そうなんですよね。国民がそこまで育たないことには・・・
>「原発のない世界」「貧富の格差の小さい社会」
>「誰でも家庭をもって普通の生活ができるよう支援する社会」
たしかにこれだけは合意できるでしょうね。

>「成長を求めない経済」「もうけを過大に求めない経済」
こうした合意はどうなんだろう・・・
でもこうやってコアラさんに理性的に諭されると、少しがんばれそうな気持ちになってくる。これからほんとうに問われそうですね。
ののはな
2013年12月19日 22:14
♡゚。mikiさん゚。♡
同感です。まさかここまでえげつないことをやるとはわたしも思ってもみなかった。でも自民党が草案している憲法を十分読めば、まさにねらい通りなんですね。それにしても・・・。この自民党のえげつなさ、国民にはみえないのでしょうか。それが残念です。
ののはな
2013年12月19日 22:21
♡゚。さとし君゚。♡
コメントありがとうございます!
>現政府は敵どころか
>日本人の顔をした国際金融資本の有能な会社員です。
なるほど、そうですね。
ある友人は職場に自民党の世界と近い人がいるのだけれど、その人からの情報では、一般人が考えている以上にフクシマはやばいから、パスポート用意しときなさい、と言われたとか。
そうなんだよね。本当は彼らにとって、国なんてないんだよね。愛国心を持っているのは、下々だけか。他に行くところないものね。

>首都圏3千万人の周辺も含めた被爆の真実と
>F1事故原因と今の真なるF1の実態を教えてもらう声を
>共にあげたいからです
そうですか。さとし君、がんばってくださいね。
もうわたしはなにが真実なのか、この頃ぼっとしてわからなくなりかけています。勉強しなければと思い始めているところです。
ののはな
2013年12月19日 22:29
♡゚。オコジョさん゚。♡
お久しぶりです。お元気でしたか。
介護生活いよいよ佳境ですね。お身体無理なさいませんように。
わたしはすべて終わりました。
なんだか寂しくていろいろ思うことが残りました。

選挙に行かなかった人、自民党に入れた人に問いたい。あなたたちは何を望んでいるの?
食料くらいしか買い物しませんが、確実に上がっています。家計簿はエンゲル係数上がるばかりです。食べないわけにいかなくて。孫がいるので、食費は減らせません。
オコジョさんも頸椎が悪いのでしたね。筋力を落とさないためといいつつも無理なさいませんように。わたしは今年の秋、ちょっと体調良くないようです。首のコリがひどくて、それはどうやら血圧のせいだったようですが。でもまた腕が冷えてしびれて、だるくてだるくて。
検査は嫌いなので、わたしは殆ど機械の中には入ってません。
2013年12月22日 14:30
ののはなさん コメントが遅くなりましてごめんなさい。
このテーマは、私には重すぎて、真正面から突きつけられて、どうコメトしてよいやら・・・・素直な気持ちで書こうと思うとブログの内容と重なってしまうようで・・・・しばらく考え込んでおりました。
結局、ブログの文章の内容の深さと、考察力の深さ、表現の重さに圧倒されて今日に至り、やはり私はこのテーマに何もコメントできない軽薄な人間であることを悟らされました。
こんなことを書いてしまって恥ずかしいです。また一から勉強します。
ののはな
2013年12月28日 21:36
♡゚。あきさん゚。♡
コメントありがとうございます!
う~ん、そうですね・・・そんなことありますね。
それって同感!ってことかしら?
わたしはあまりむずかしい文章を書くことができないのです。
むずかしい本を読み続けていると、なんとなくその中の言い回しが自分の言葉になって、書いてしまうことがあります。でもしばらくするとすっかりその影響が消えてしまって、今度は自分で納得できたことを自分の言葉でしか書けない。あきさんのように人がそんな風におっしゃるのはとっても不思議です。いろんなことが頭の中をわんわんうなっていますので、こんな風にしか書けなかった。・・・

この記事へのトラックバック