日本国憲法は生まれるべくして生まれた

画像 
 土曜日
 BS朝日の「いま日本は」で
 憲法特集をやっていた
 
 そこで、昨年10月20日
 美智子・皇后が
 79歳の誕生日に際し
 宮内記者会の質問に
 「五日市憲法草案」を
 高く評価された発言を
 なされていたことを知る
 なんという見識の高さ

 日本の皇室は
 この質を維持できるといいな 

 先日、書店で
 まど・みちおの詩を
 英訳なさっている詩集
 「Rainbow にじ」と
 「Eraser けしゴム」に
 出会った
 
 日本に誇れるものの、もうひとつは
 最高の知性と人間性あふれる美智子皇后ではないだろうか


 五月の憲法記念日をはさみ、今年は憲法をめぐり、例年に増して盛んな論議が取り交わされていたように感じます。主に新聞紙上でこうした論議に触れながら、かつて、あきる野市の五日市を訪れた時、郷土館で見せて頂いた「五日市憲法草案」のことをしきりに思い出しておりました。明治憲法の公布(明治二十二年)に先立ち、地域の小学校の教員、地主や農民が、寄り合い、討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で、基本的人権の尊重や教育の自由の保障及び教育を受ける義務、法の下の平等、更に言論の自由、信教の自由など、二百四条が書かれており、地方自治権等についても記されています。当時これに類する民間の憲法草案が、日本各地の少なくとも四十数か所で作られていたと聞きましたが、近代日本の黎明期に生きた人々の、政治参加への強い意欲や、自国の未来にかけた熱い願いに触れ、深い感銘を覚えたことでした。長い鎖国を経た十九世紀末の日本で、市井の人々の間に既に育っていた民権意識を記録するものとして、世界でも珍しい文化遺産ではないかと思います。
                          美智子皇后の言葉より




わたしはこの五日市憲法のことは知っていた
なぜ、知っていたのか
いつ、知ったのか思い出せない

そこでネット検索開始・・・・




まずは「五日市憲法草案」とは
週間金曜ニュース
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=3897
2013 年 11 月 22 日の記事より引用すると・・・
画像  明治期の自由民権運動期に生み出された五日市憲法草案。東北に生まれ、後に神奈川県(現東京)西多摩の五日市に移り住んでいた千葉卓三郎が、地元の青年たちと議論をかさねて練りあげた。全二〇四条におよぶ条文は、民権運動期に生まれた多くの憲法のなかでも、とりわけ民主主義の色合いが濃いことで知られている。
 その「国民の権利」の項目には、「日本国民は各自の権利自由を達すべし、他より妨害すべからず、且つ国法これを保護すべし」とある。国の法律は国民の権利を守るためにこそあるのだという考え方は、現行日本国憲法の「国民主権」に通ずる。
 また、「日本国に在居する人民は、内外国人を論ぜず、その身体生命財産名誉を保固す」という文言もある。ヘイトスピーチ(差別扇動表現)など排外主義が吹き荒れる現代を見越したような文言だ。




この千葉卓三郎という人は実にすばらしい人だ
こんな人の存在を知ってほんとうにうれしい
宮城県の栗原市のHPでは彼のことを大きく取り上げている



宮城県栗原市のHP
http://www.kuriharacity.jp/index.cfm/9,23,13,html より引用



画像「千葉卓三郎は、江戸時代末期の1852年(嘉永5年)6月17日、現在の志波姫地区内の白幡村で生まれました。父の宅之丞は、仙台藩の下級武士で、卓三郎が誕生する直前に亡くなり、母親とも幼くして生き別れになりました。
 卓三郎は、12歳のときに仙台藩校の養賢堂で蘭学を学んだ後、17歳で農兵隊の一員として戊辰戦争に参戦しました。しかし、白河口の抗戦で敗れ、「賊軍」の汚名を受けました。
 以後、上京し、1880年(明治13年)4月下旬、東京の西多摩郡五日市に下宿し、五日市勧能学校に教師として勤務。このとき遭遇した全国的な自由民権運動の波の中で、武蔵多摩郡深沢村の山林地主、深沢名生・権八父子と出会い、深沢父子とともに五日市の学習結社「五日市学芸講談会」を結成。
 同年11月、東京で開かれた第2回国会期成同盟大会で、私擬憲法案の作成が決議されました。翌1881年(明治14年)には、現在の日本国憲法の源流となっている「主権在民」という考え方を基本にした「204カ条の五日市憲法草案」を起草して、国内はもとより国際的にも高い評価を得ました。
 1882年(明治15年)、卓三郎は結核にかかり、翌1883年(明治16年)11月13日、31歳の若さで亡くなりました。」



この時代の人たちは
なんとすばらしい考えをもっていたのだろうか
今の時代のわたしたちは
愚かしくすごく浅薄にみえる

こういう人たちが
日本国憲法を生み出す
原点になっていたのだろう

しかも当時、この五日市だけでなく
全国で40以上もの
こうした市井の人々が作った
憲法草案があるというのだから・・・・

日本国憲法は生まれるべくして生まれたのだ


はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年05月07日 01:15
ののはなさん~、当方ブログには早速気持ち玉ありがとうございます。
明治初期にすばらしい見識を持つお方がいたのですね。
安部内閣は、基本法の上に、とうとうもっと具体的に教育内容にまで手をつけはじめましたね。悪い法律、制度は廃案すればいいのですが、教育はそうはいきません。安部氏は明治から160年程で最悪なリーダーだと強く思いますよ。ののはなさん、教育は100年の計のことがらですか。。今考えてますが、いずれブログにしたいです。
2014年05月07日 02:44
美智子皇后陛下は何故、五日市憲法を御存じなんでしょうね。
私は、知りませんでした。
本当に、美智子皇后と、今上天皇のご健在のうちは、皇室も安心ですね。
長生きして頂きたいです。
2014年05月07日 13:49
お越し下さって有り難うございました。
美智子妃殿下は、私達より、後に結婚された
のですよね。
美しい!!
何時か、娘がピアノやっていた時代に、
ハープの林りり子さん(?)のコンサートに
お出でになっていて、比較的真近でお会い
しましたが、その辺り一面にオーラを発して
おられました!
コメントになっていませんね。
2014年05月07日 23:52
美智子さまは本当に気高いお方ですね。
日本国民として誇らしく思います。
天皇陛下は本当にお目が高くていらっしゃいます。

天皇陛下のお心も知らずしての安倍さん、勝手に解釈して、都合のいいように皇室を利用しているように見受けられます。

驕れる政治にストップをかけることもできなくている日本の状況、独裁を許している非政治状況、安倍さんをとっても憎らしく思います。
ののはな
2014年05月09日 22:58
♡゚。さとし君゚。♡
そうですね。教育基本法を改悪した狙いをいよいよ実行に移すべく、しかし学校現場は特に石原元都知事時代の東京都ではすでに、ひどいことが起きています。文科省が道徳の教科書として配っていた「こころのノート」が格調高く思えるほどにひどい道徳の教科書が、東京では生徒に1冊配られています。安倍氏好みの生徒にさせようと、都教委もちゃんとわかっているようです。
さとし君、そのあたりも宜しくお願いします。世間の人はすべて知っているわけではありませんから。みんながいろんなこといっていけるうちに、言い合いましょう。
ののはな
2014年05月17日 17:01
♡゚。さよさん゚。♡
美智子皇后は相当賢い人なんですよ。美智子皇后のご兄弟のお友だちって人が以前話されていましたが、このご兄弟の方々もなかなか人間ができていて、それは優秀な方だそうです。お母さまの育て方がいいのだろうとその人は言っておりました。
そんな優秀で賢い方でも、宮中と言うところでは、おかしくなるのですから・・・雅子さんもお気の毒です。そういう意味では、戦後天皇をなくした方が彼らのためにはよかったのだと思います。しかし大統領制ではない日本で、天皇がいないと困ることも起きますね。まあ、これからも民間から優秀な方の血を交えて、賢い天皇家であることを希求します。
ののはな
2014年05月17日 17:06
♡゚。ハッピーさん゚。♡
そうなんですか。わたしは小学生だったのです。近所にはTVがあるのは、うちの隣の会社だけだったので、そこの事務所のTVを町内の人がみな集まって結婚式の様子をみました。
ミッチバンドって流行りましたが、あのカチュシャーのヘアスタイルの美智子さんはかわいかったですね。それにしても病気が直られてよかったです。ますます気品が備わって、ファンが増えそうですね。でも頸椎症で痛みがおありとか。わたしも変形性頸椎症なので、そのつらさがよくわかるので、宮中の行事をこなすのはお辛いだろうと思います。
ののはな
2014年05月17日 17:18
♡゚。涼さん゚。♡
そうですね。全く同感ですね。皇室では、天皇の名を利用しての戦争にはこりごりでしょうね。あの戦争でも天皇は利用されたのですからね。
今日、昔の職場の同僚と話す機会があって、わたしが都知事選のとき、「今は自己主張している場合ではなく、反安倍で一致団結しなければならないのでは」という葉書を都内の友人に出したのですが、彼女は「あなたの言う通りだと思うから、入れたわよ。ほんと、今危険なのは安倍よ!!」って。今日はそれでちょっと久々に憂さが晴れました。どうぞ国民の方々よ目を覚ましてほしいという思いです。アベノミクスがなんとかうまくいって、儲かりますようになどという甘いことを考えている場合ではないのですよ。これから少子化だというのに、自衛隊を国防軍にと言っても、もう自衛隊に入る子がいませんよ。となれば、働き盛りと言われ70歳までの人まで徴兵されるかもね~。そんなこと考えないのかしら。今の十代の子どもたちが徴兵されるだけでは人間が足りないのですよ。
 それに相手と喧嘩して勝つのは、武器の量と威力ではないということがどうしてわからないのかな。まずは外交(しかし日本人は下手ですね)。それから平和憲法(これが最強の武器なんですよね)。
 国民をみていない安倍。だれかがツイッタで「君がまず死ね」って書いてましたが、ほんとうにそんな気持ちになりますね。この人権と平和憲法を殺すことだけは許さないって気持ちです。

この記事へのトラックバック