なぜ「美味しんぼ」が・・・

画像

 なぜ「美味しんぼ」が問題になるのか
 なぜ「風評被害を!」と真実を見なかったことにするのか
 怒りがこみ上げてくる
そこでこの動画を流すことにします
みなさんはどう思われますか
            ののはな



著者の雁屋 哲はブログで、このように発言・・・

私は自分が福島を2年かけて取材をして、しっかりとすくい取った真実をありのままに書くことがどうして批判されなければならないのか分からない。真実には目をつぶり、誰かさんたちに都合の良い嘘を書けというのだろうか。「福島は安全」「福島は大丈夫」「福島の復興は前進している」などと書けばみんな喜んだのかも知れない。今度の「美味しんぼ」の副題は「福島の真実」である。私は真実しか書けない。自己欺瞞は私の一番嫌う物である。きれい事、耳にあたりの良い言葉を読み、聞きたければ、他のメディアでいくらでも流されている。今の日本の社会は「自分たちに不都合な真実を嫌い」「心地の良い嘘を求める」空気に包まれている。「美味しんぼ」が気にいらなければ、そのような「心地の良い」話を読むことをおすすめする。本格的な反論は、その24が、発行されてからにする。








----気づかず
   ご心配おかけしました
   
   5年ぶりの高熱で
   朦朧としていたのでしょう
   
   コアラさんありがとうございます!




はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

コアラ
2014年05月13日 23:19
 上記の記事の後半部分は、誰か別人が張り付けたものだ。ののはなさんの主張とは正反対のもの。福島の真実が暴かれることを嫌っている原子力村とも同調する、民族主義者の仕業だろう。ののはなさん!気が付いている?
コアラ
2014年05月13日 23:39
ブログのログインパスワードとIDが盗まれていませんか? ブログ名などから簡単に推測できるものになっていると危険です。サイトトップの左側に以前から「Something wrong at preference of this blog parts. Please contact site owener.ブログパーツの設定値が何かおかしいです。サイト管理者にご連絡下さい。」と書かれていることに以前から気になっています。
2014年05月14日 17:59
私は、原発から35km~40kmのいわき市民です。現在のいわき市の空間線量は、事故前の自然放射線量にほぼ近い数値まで低下しており、年間を通じて気象条件に恵まれたいわき市には、県内外に非難していた双葉郡の避難者も大挙して居住地を移して来ています。

しかし、一軒当たり1億円と言う補償金でいわき市内に新築住宅を建て、高級車を乗りまわしながらも、住民票をいわき市に移動せず、医療費も住民税も支払わない為、その分を肩代りされる、いわき市といわき市民には大変な増税と市民負担になっています。

住民票の移転をしない様にと指導しているのは、その各非難自治体であり、自治体役場をいわき市内に多数建設し、その目的は、自治体役場職員と議員の恒久的な地位と所得保証であり、避難住民の事は二の次なのです。

美「味しんぼ」に実名で登場した井戸川元双葉町町長は、原発村の中心として、大熊町の渡辺現町長と結託して、老朽欠陥原発を無理やり再稼働させた張本人です。

福島原発事故が与えた放射能汚染や、今後の原発廃処理問題に関しては、現在も尚、事故原発からの増え続ける汚染水の事や、それに付随しての海洋汚染の事等、重大な要件が山積みされています。

原発事故で放射能汚染された地域は、福島県だけに留まらず、当初、高い空間放射線量を示していたのは、隣接の茨城や千葉県だけではなく、東京や栃木県。遠く静岡県等にも及んでいた事は良く知られている事です。

もし、現在の福島県内の放射線量で非難が必要なレベルであるとすれば、その避難しなければならない地域というのは大変なエリアになるはずです。






詩音連音
2014年05月15日 22:52
ニュースで見ました。
なんか、小学館の戦略???
みんな本を買って読むよね・・・。きっと。
次回の話で明らかにするとかなんとか???
それも戦略っぽい。
http://spi-net.jp/spi20140512.html

コアラさんのコメントを読んで驚いています(@@)
そんな事がブログの中でもあるのですね。
さらにkazukunさんのコメントにも驚いています(@@)
知らされていない事がいかに多いか・・・。
ののはな
2014年05月17日 17:29
♡゚。コアラさん゚。♡
コアラさん、ご注意ありがとうございます。扁桃腺を腫らし、数年ぶりに高熱を出しました。「はだしのゲン」の問題といい、この「美味しんぼ」といい、ひどい話ですね。それじゃ~小林よしのりの「ごーまんかましてよかですか」なんかはどうなんでしょうね。あの人はひどい本ばかり書いていますよ。女性差別もひどい。まあそれはおいて。自民党の村上氏などもTBSで発言後、右翼系のブログではひどい書かれようでした。事務所の電話番号なども書き、「おーい、みんな次の選挙で落とすって脅しかけようぜ!」って。で、わたしは村上氏にエール送ろうって思いました。
 でも、この小さなブログはまだ大丈夫って思ってますが。それでもいつでも用心しなきゃね。昔、友人に、「職場を後にするときは、すべて鍵のかかるところにきちんとしまいなさい。やばいもの机上にないか、ちゃんとチェックしてから退室しなさい」って言われてました。
 用心しますね。それにしても今回はわたしの頭に要注意です。高熱でうなされながら、なにかをしてはいけないと反省しています。ご迷惑とご心配をおかけしました。で、ご連絡ありがとうございます!!
珊底羅
2014年05月18日 14:21
 今日は。
 避難生活をしている人の苦しみを見ない、東京五輪で盛り上がっているのは異常です。
 ”美味しんぼ ”
 休載する記事がネットでありました。鼻血をだすから放射能の関係の有無ばかり取り上げるのは如何なもの。放射能と関係ありとされると、利権がものにできないので、背けるか関係なしと強調する以外ないのだろうね。エネルギーの使い方を考えないのだろうね。
ののはな
2014年05月21日 16:45
♡゚。kazukunさん゚。
わたしは現地のことは正直いって、よくわかっていません。言われればそうなのかと思ってしまう程度の認識です。しかし、この美味しんぼの問題ってなにか、違うところにあるって思いませんか。かつて広島、長崎で原爆被害があった後、被爆者は利害の異なりで、分裂しましたね。結婚、就職その他で差別されるのではと伏せたがる人々と、被曝の実態を社会に知らしめていかに非人道的なことをアメリカがしたのか、それを天皇制を残したいがために戦後の政府がうやむやにしようとしていることを明らかにすべきという人々に。今となってみれば明らかですね。戦後のあり方としては正しくなかった。それで一番つらい思いをしたのは誰か。核の有り様もきちんと議論されてこなかった。で、多くの人は核の平和利用という政府やアメリカの言葉に騙されて、あの当時としては全くの無用物だった原発を日本に導入してしまった。
その結果が今です。こうなって、被害が明らかになっても、人間って愚かですね。チェルノブイリ原発事故の時は、他国の無責任さで、どうしてそんな危険な所にいるのよ、はやく逃げなきゃ。どうして報道が正確になされないのよ。やはり共産圏だから、なんでも秘密にされているのね。だから被曝しているのに、あの国の人々はなにもわからないのよね。と、日本の多くの人々は思っていたはず。で、日本の医師団が向こうに行くと、過小評価して、現地の人々に安心させていたりと。
♡゚。kazukunさん゚。
2014年05月21日 16:46
・・・続きです・・・
 今、同じ事が起きた日本ではどうなんでしょう。わたしも東京とは言え、線量が高い地域に住んでいます。あの日以来、わたしはすこぶる体調が悪い。下痢もよくするようになったし、なにしろ鼻が悪い。先日も鼻血を出した。
生まれたばかりの孫もいた。でもわたしはここから逃げ出せなかった。まずは行くべきところがあったとしても、それはひとりで行けるものではない。家族にはそれぞれのしがらみがある。だからすごく福島に人たちが、バラバラになったことがわかる。勇気ある行動に出られた人には敬意を払いたい。それでも、その地にとどまりがんばると決めた人々にも。
しかし、事実を見る目を曇らせてはいけない。事実を見た上で、発言すべきだと思う。
 わたしは安倍首相の発言で、はっきりした。政府は明らかに表現の自由を奪ってまで、今回の事故を小さく見せたいのだと。これが政府の正体ですよ。内部分裂している場合ではないですよ。それとも日本の株価が上がって儲かることが大切なんですか。と問いたい。うまく言えなかったのですが、わかっていただけたら。
コアラ
2014年05月21日 17:09
kazukunさんの発言で気になっていることがあって調べました。ちょっとおかしいと思ったのは、いわき市の現在の放射線量。「事故前の自然放射線量にほぼ近い数値まで低下して」とあります。私が知っているいわきの事故直後の放射線量は、およそ0.5μシーベルト。つまり自然放射線線量の10倍以上。自然放射線量は0.03~0.05。これがわずか3年で元に戻るわけがない。3年では1/3程度放射線量が減るので、0.3μ程度だと。さらにモニタリングポストは通常、そこだけ地面をはいだりして大規模に除染し、放射性物質の影響を極度に減らした場所だから、かなり減っているように見せかけられている場合はあると。今しがた原子力規制委員会の放射線モニタリング情報でみてみると0.1~0.3μの間。小学校などは極度に低いから除染されているのでしょうが、それでも0.1μを上回る。自然放射線の二倍以上。どうしてこれが「事故前の自然放射線量にほぼ近い数値まで低下して」と言えるのでしょうか。サイトアドレスは、http://radioactivity.nsr.go.jp/map/ja/area.html。ここでサイトエリアを福島いわきに指定すると見られます。
コアラ
2014年05月22日 12:13
双葉町の町民7000余人と他の放射能災害を受けていない地区との、鼻血の問題などについて疫学的に調査された結果が公表されています。http://www.saflan.jp/info/870 でpdfファイルをダウンロードできます。これによると実施したのは平成24年11月。双葉町・宮城県丸森町・滋賀県長浜市の住人が対象。人数はそれぞれ7056・733・6730。双葉町の住人は他のところにくらべ体調が悪いと答える人が多く、具体的症状として鼻血を訴える人も他よりも多いという結果が出ている。「福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク」が専門家に依頼して行ったもの。調査結果はすでに町民にも説明し双葉町にも知らせてあるとのこと。とすれば「鼻血が出たという例を知らない」との町のコメントは意図的に隠しているとしか思えない。この問題は、http://bylines.news.yahoo.co.jp/kawasakikenichiro/20140520-00035486/ で詳しく説明されています。
コアラ
2014年05月24日 11:10
鼻血問題続報。福島県在住の母親らが、「鼻血は事実。美味しんぼに対する行政や政治家の抗議は、不安すら口にすることへの口封じ」と緊急会見。次のサイトで会見の様子が見られます。http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1785。24分の映像です。
ののはな
2014年05月24日 15:10
♡゚。詩音連音さん゚。
>小学館の戦略???
まあこういう発想でものを言う人たちもいますね。資本主義の世の中ですから、そういう考えも否定できません。しかし「美味しんぼ」の作者雁屋哲氏のこれまでの発言や行動を知っている人は、彼はそれほど単純な人ではないとわかると思います。漫画をずっと読んできたわたしには、彼が食に関しても誠実だったと思っています。生け簀のなかの魚のシーンや食品添加物に関しても、彼はある意味理想主義でした。ですから、今回も彼は自己主張などせずに、福島で聞いてきたことをそのままに書いたのではないでしょうか。ただ、話した人たちはもっといっぱい話したのに、あれだけしか載っていないと逆に不満を持っていると。
 わたしたちは何が真実か、何が問題か、じっくり考える目を持つべきだなって今回は思いました。
刈屋氏への政治的圧力もすごいものです。彼はそういう意味で政治的な発言をすべて削除しています。安倍政権への批判も書いていましたが、そういうところからまたクレームがつくことも恐れているようです。恐ろしい時代になりました。
ののはな
2014年05月24日 15:15
♡゚。珊底羅さん゚。♡
ほんとにそうですよね。「原発はコントロールされている」という安倍首相の発言で、まるでもう原発事故はすっかり片がついたような安堵感で、五輪へ向けてはしゃいでいる人たちは愚かですね。というより、今もつらい日々を送っている人々に対してひどすぎます。
 今日、息子と話しましたが、もうちょっとフィクションぽくしておけばよかったのにねって。でも・・・わたしは県の行政やマスコミ、大臣の姿勢の方が問題だと思います。
ののはな
2014年05月24日 15:19
♡゚。コアラさん゚。♡
たくさん調べていただきありがとうございます。
少し薬が効いてきたのか、身体が楽になり夜もぐっすり眠れるようになりました。こうして調べることの大切さをまた教わりましたね。ありがとう!
ブログに順次載せてゆきます。宜しくお願いします。
2014年05月25日 04:14
気持玉ありがとうございます。
美味しん坊は、前からファーンでした。
福島の原発事故の実際は、ホントによく分かりません。
除染の水もどんどん海に流れていますし、気持悪いです。
福島に住んでいる人には、なんの責任もありません。
無責任に原発を作った人達に、責任があるのです。
実際の放射能汚染はどうなのか、子どもたちの為にハッキリさせたいですね。
ただ、鼻血は、関西に住んでる私も、スギ花粉症で、毎日出ています。
コアラ
2014年05月25日 23:09
kazukunさん。いわきが0.5μシーベルトというのは現在の話ではありません。2011年3月の事故直後の話。場所によっては1μシーベルトを超えたところも北部の一部にあった。これは報道された事実。上記の原子力規制委員会のサイトの示すのは今現在。学校や幼稚園などでも0.1μを超えるところは多い。中にはさすがに除染できない公園などでは0.3μのところもある。あなたこそちゃんとデータを見てください。
2014年05月26日 09:29
あなたは、実際にいわき市に来て測定してみてください。私は、いわき市内を実際に自分達で校正認証を受けて、精度を認定されたサーベーメーター数種を用いて実測しているから、その事実を確認した上で述べているのですよ。
コアラ
2014年05月26日 15:57
では原子力規制委員会のサイトで示されたモニタリングポストの数値は間違いだというのですか。私はこのサイトを見て言っている。
コアラ
2014年05月26日 16:03
またいわき市の放射線量マップで詳しく見ても、0.1μを超える場所は山ほど存在しています。これも間違いだというのでしょうか。自然放射線量は0.03μ~0.05μです。0.1μを超える場所が多数あって、中には0.2μや0.3μの場所も散見されるのに「自然放射線量にほぼ近い」と断言する神経がわかりません。
コアラ
2014年05月26日 16:16
いわき市のサイトや原子力規制委員会のサイトで福島県の現在の放射線量を詳細に見てみると、もっとも低いのがいわき市と会津。でもそこでも0.1μを超える場所はざらにあり、除染しにくい場所では0.2μや0.3μある。ではほかの福島県内はと見ると、なんと安全を連呼している福島県立医科大学構内が0.5μです。現在誰も住めない高放射線量の双葉や大熊などの場所(ここだと10μなんてところがざら)以外でもかなりの線量になっているのに、「低線量被ばくは健康に問題ない」との原子力推進派の嘘に乗っかって無視している政府の態度こそ問題なのです。低線量被ばくを医学的に研究すると放射性物質を扱う産業そのものが成り立たないので研究を抑圧してきた歴史があります。政府の言はこの立場です。被災者に寄り添う医師の見解は、低線量被ばくこそ重大な健康被害を及ぼすというもの。今回の美味しんぼの描写はここを暴露してしまったから、原発推進派の十字砲火を浴びたわけ。被災地に住んでいる人こそこの事実から目をそらしてはいけないと思います。かく言う私が住んでいる川崎市北部でも、まだ0.06μ程度。これでも自然放射線の倍です。詳しい測定結果は私のサイトで見られます。http://www4.plala.or.jp/kawa-k 。このサイトのリンク集の中の「学校を変えよう」です。
ののはな
2014年05月29日 12:00
♡゚。コアラさん゚。♡
>低線量被ばくを医学的に研究すると放射性物質を扱う産業
>そのものが成り立たないので研究を抑圧してきた歴史があります。
>政府の言はこの立場です。
>被災者に寄り添う医師の見解は、
>低線量被ばくこそ重大な健康被害を及ぼすというもの。
そうなんですよね。こういう簡単なことがどうしてわからないのかな。
 わたしはこれまでの人生で、何かを言おうとすると「偏向教育だ」とか言われて叩かれ続けてきたので、すぐわかってしまうのです。多くの人は幸せに穏便に暮らしてきたからなのでしょうか。
 うちの息子が先日来たとき、反戦の署名に快く応じてくれました。彼も企業人なので、株価が上がる方がいいのですが。やはり命あってのものだねってわかっています。これが多くの国民の本音ではないでしょうか。
 コアラさんのようにきちんと調べてものを言うことって大切ですね。ありがとうございます。福島県立医科大学構内が0.5μとは驚きです。これだけの線量でも、福島に住まざるを得ない現実を政府に突きつけて、人権を主張してゆくことが大切だと思います。
わたしだって会津並みの線量の地域にいます。逃げもできないで。でも肯定はしたくない。孫の将来がすごく不安。長女とちがってすごく身体が弱いのもそのせいかなって考えてしまう。
 だから、福島の原発事故の影響はもうない。もう安全だみたいな宣伝に騙されて、今ある生活を肯定してゆくってのもひとつの行き方かもしれないけれど、それではその中でそれをどうしても認めたくないってがんばっている人に対してひどすぎるのではないかと思います。
ののはな
2014年05月29日 12:18
♡゚。さよさん゚。♡
さよさんもファンでしたか。わたしも家に漫画がいっぱいあって、そうTVでもやってましたよね。たしかに漫画って大げさに書かざるをえないってことはありますから、あんな風に言い切られるとびっくりしますよね。でもそんなこと言ったら、ゴルゴ13なんか、もっと過激な表現でびっくりですよね。表現の自由ってそういう事ではないかしら。昔、わたしはTVのこういう番組って女性差別ではないかしらっ、TV局に抗議しようって署名を職場で集めていました。そのとき、社会科の先生でとてもきちんとものごとを見ている人に「ぼくは賛同できないな、そんなことでクレームつけていたら、今に日本には表現の自由がなくなちゃうよ」って言われて、すごく目が覚めた思いでした。
福島の現実がどんどん見えないようにされている。そんな気がします。フラガールが復活と大々的な写真が新聞に載ってましたが、福島にはもうこんな風に復興がすすみ、原発事故の問題なんてもうないんだみたいに読めてしまって。たしかにそうやってそれでも生きていかなければならないのが、人間のさがなんでしょうけれど。
ののはな
2014年05月29日 12:22
♡゚。kazukunさん゚。
 わたしの住むマンションにも福島の人がいます。先日も「ぼくたちには、もう故郷はないんだ」ってぼろっと。彼がせっせと福島から植木を移植すれば、いい顔しない人がいることも現実。しかしその気持ちもよくわかる。
 わたしたちは今、国家の犯した罪で、こうした矛盾のなかを生きざるをえなくさせられているのです。今、アジア各国が先進国のように豊かさを享受しようと、Co2をたくさん排出し、その結果住む場所が1割も減少するかもしれないという矛盾に苦しんでいる。それでもその動きは誰にも止められない。責任があるとしたら、そういうことがちゃんとわかっていて、そういう動きを助長している政府ではないかな。
 日本の戦後の原発政策もそうでしょう。安全ではない、原発の必要はないっていい続ける国民がいても、政府はアメリカと一緒になって、原爆と原発は違うと国民を騙して、こんなに狭い国土に45基もの原発をつくってしまった。その結果が今でしょう。25年前にこんなことを日教組の大会で話しても、東京には面白い発想をする人がいるくらいにしか捉えてもらえなくて、悲しい思いをしましたね。
 こうやっていろんな考えの人が自分の考えをぶつけ合うっていいと思いませんか。それができる国であってほしいって思ってます。

この記事へのトラックバック