今日も集団的自衛権の恐怖におびえて・・・

Keith Jarrett Trio - When You Wish Upon a Star



keith jarrett : piano
jack dejohnette : drums
gary peacock : bass

Hitomi Memorial Hall,Tokyo on October 26,1986


退職後の日々はのんびりと
大好きなことに夢中になって過ごしたかった・・・


安倍自民党が次々に言葉を転がして、国民を混乱に陥れている
いままでの説明はすべて保古にして
さあ今度はあたらしい枠で考えようって感じで
すでにわたしはもうついて行けなくなって
安倍自民党の落ちこぼれになっていた

そこに公明党の勝手な思いこみが混じって
「おいおい そうじゃないだろう」
「公明党も騙されているのか」
「騙されたふりしているのか」

もうこうなると黙っていられない

Keith Jarrettを聴きながら・・・とPCを開ける


多くの方々のご訪問ありがとうございます!

みなさんのことを思うとよしがんばるぞって気持ちに
まずは頭の整理のために過去を振り返ってみることに


∴‘〇’…(・。・)…...(_ _)...‘〇’∵ ∴‘〇’…(・。・)…...(_ _)...‘〇’∵

1990年8月2日
イラクによるクウェートへの軍事侵攻で始まった湾岸戦争
あのとき日本はどんな対応だったのか

海部俊樹政権は
アメリカから自衛隊の武力行使を要請されて
「お友だちとしてご一緒したいけれど、日本には憲法9条があるので・・・」
「そうだね・・・じゃあ、できる限りの援助してよ」と・・・
ブッシュ大統領は輸送、補給等の支援を要請

日本には自衛隊を提供する枠組みがない
そこで政府は民間船舶、航空機のチャーターを検討したが
民間は戦闘地域への派遣に消極的
仕方なく外務省は日本がほとんど役に立てないことを伝えた
アメリカの反応はとても厳しいものだった

1990年8月29日
日本はアメリカに10億の資金提供を・・・

その後、ドルか円かで見解が分かれたりの紆余曲折があって
結局、日本は130億ドルを拠出する羽目に

このときも外交が上手だったとは言えないが
とりあえず人的資源は出さなかった

世論は自衛隊派遣に2割程度しか
賛成していなかったからである


∴‘〇’…(・。・)…...(_ _)...‘〇’∵ ∴‘〇’…(・。・)…...(_ _)...‘〇’∵

画像


2003年3月20日、アメリカが主体となり
イギリス、オーストラリア、ポーランド等の有志連合によって
イラクに侵攻したイラク戦争

イラク武装解除問題の進展義務違反を理由とする
『イラクの自由作戦』の名の下に始まった軍事介入
要するに「イラクの大量破壊兵器保有」を理由にはじめた戦争
あのとき日本はどんな対応をしたのか

アメリカにとっても日本にとっても
ターニングポイントと言われる
あのイラク戦争で・・・

小泉政権は
アメリカのイラク攻撃を支持することは
日本の国益にかなうと断言し
憲法で禁じられている
物資や食料、米兵の輸送までも協力



イラクではなんと10万人以上の市民が殺され
400万人以上の人々が家を追われ

戦い終わってみれば
大量破壊兵器はどこにもなく
イラク戦争はまったく正当性のない殺戮だった


2011年12月14日
米軍の完全撤収によって
バラク・オバマがイラク戦争の終結を宣言

アメリカ側からみた戦闘をYouTubeの画像でみてください

<アメリカ軍AH-64Dによるイラクの町に攻撃する瞬間>
http://youtu.be/OWAzzSClBLk

[<軍事]AH-64 アパッチ「容赦ない対人攻撃」 >
http://youtu.be/hWnVY36CF5Q

<イラク戦争 スナイパーを捕捉して攻撃する無人航空機 >
http://youtu.be/os_ZvB2DpOU

こうやってYouTube をいくつか見るだけでも
戦争とはいかに非人道的なものかがわかる


つぎにこのHPを見てください
アメリカ側からのYouTubeの映像では見えなかった
イラクでの現実が見える
むごいものです
どうか目をそらさずにみてください
画像


「イラク戦争は何をもたらしたのか」
http://www5d.biglobe.ne.jp/~jikanwar/iraq/iraq1.htm


これではたしかにイラクに行った自衛隊員に
帰国後、後遺症PTSDによる自殺者が多数でたのもうなずける


2004年~2006年まで
イラク戦争に派遣された自衛隊の内訳は
 陸上自衛隊・・・サマワに5500人
 航空自衛隊・・・クウェートに3600人
「イラク戦争から帰還した日本の自衛隊員のうち
25人が帰国後に自殺していた」と東京新聞は報じていた

「恐怖とストレスによって、心に深い傷を受けると起こる
後遺症PTSDによる自殺は、確認できてない」と防衛省は言うが
アメリカでも同様に社会問題になっている


∴‘〇’…(・。・)…...(_ _)...‘〇’∵ ∴‘〇’…(・。・)…...(_ _)...‘〇’∵

安倍のシナリオは・・・
安倍政権が「憲法を自分勝手に解釈」
「集団的自衛権の行使」を閣議決定
秋から武力行使ができる国作りのために法制化


アメリカから要請があればすぐに、ハイよろこんで・・・と
自衛隊をイラクに送るのだろうか


自衛隊を戦場に送り出すうちは
自衛隊の総数は224,526人、国民の1.8%だから
98%の人は自分には関係ないとうそぶいていられるかもしれない
政治家もあのむごたらしい戦場で殺すか殺されるかを味あわずに済むから
当然、自分たちの決めたことの結果を知らずに済むかもしれない

しかし直接戦闘に加わったわけではない
前のイラク戦争でさえも、上のような結果が
とすれば・・・もし自衛隊が戦闘に加わることになると・・・
たぶん・・・現実を知るようになれば
自衛隊に入る人間が少なくなるだろう

今だってすき屋やワタミでなくとも人材不足
IT企業だって宅配業界だって建設業界だって介護業界だって
そうだったパイロットだって人材不足なんだ

自衛隊の給料がいいからと言っても
今だって幹部を除けば68.8%だという

なんとか自衛隊に入隊希望者を増やそうと
文科省もやっきとなっている
中学校の総合的な学習(生きる力の養成)で
「職場を知る」という名目で自衛隊見学をさせているのをご存じ

国内の非常事態を守るだけだって大変なのに
アメリカのためにペルシャ湾まで・・・?
こんなことになったら自衛隊を職として選ぶかしら

そっか、そのために労働者の現実を
あんなにひどいものにしようとしているのか

もうまともに食事もえられないような非正規の職場しかないから
自衛隊にでも入るか、ま飢え死にだけはしないだろうと・・・

ま、そこまで穿った見方をしたくないな

たぶん自衛隊に入隊者がいなくなれば、次は徴兵制だろうね

こうなると少子化時代
男性だけでは数もそろわないから
「女性の社会進出」って言葉もここで生きてくるね
女性も徴兵制に組み込まれるのかな

しかし徴兵制で国民がとられることになると
はじめてどんなに愚かな国民でも目が覚めて
戦争反対!徴兵制反対!って声が上がるのかな

う~ん
そうなれば官邸前集会にも
百人単位の人ではなく、万単位の人々が来るかな
安倍も国民のこと少しは気にするかな
そんなことはないか・・・



安倍晋三は2012年の衆議院選挙で
山口4区から立候補して
たったの11万8千票(118,696)の得票数で
当選して総理大臣になっている

日本の総人口は1月1日現在で1億2722万人
とすると・・・なんと全国民の0.086%の人間に選ばれて
総理大臣になってこんな勝手なことをしていることになる

彼の選挙区山口4区ではたしかに78.2%かもしれないが
これで友人が「こうなると山口4区の人を恨みたくなる」
と言っている気持ちがよくわかる

安倍が国民の声を聞く必要がないと思っているわけだ
彼にとっては山口4区の人だけが国民なんだね
やっぱり小選挙区っておかしい





あ~あ
ほんとうはいろんなこと書きたかったけれど
また長くなってしまった
ごめんなさいね
また明日にします
お休みなさい ZZzzz...





はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年06月30日 15:20
アメリカでさえ、国民の間だけでなく、議員たちの間でさえも、これ以上イラクやアフガニスタンへの軍事介入を続けるべきではないと言う厭戦気分が盛り上がっているのに、安倍首相はその中東地域へいつでも飛び込んでいけるように憲法解釈をねじまげようとしています。
時代錯誤と言うか、誇大妄想と言うべきか・・・・自分が生まれた時代、暮らしている今と言う時代を間違えて理解しているのではないかと心配です。
こんな男に日本の政治を任せていたら、第3次世界大戦に向かって一直線に走り出すのではないでしょうか。
彼にブレーキを掛けることが出来ない自民党と言いう組織は、腐っていますね。
コアラ
2014年06月30日 18:02
安倍は戦後体制を解体して、憧れる戦前の体制に戻したいだけ。彼を支持する財界は、軍需拡大で利益を増大させたい軍需産業が主体。安倍を支持する外務官僚と防衛官僚は、官僚としての利権を拡大したいだけ。そして安倍を支持した従来の自民党支持者(たとえば山口4区の有権者)は、昔のように地域に金をばらまいてほしいだけ。最後に安倍を支持する非正規労働者は、「軍隊のほうがまし」「戦争が始まったら食える」という幻想で。安倍政権は異なる人々の同床異夢で支えられている。「時代錯誤」なのは安倍だけではなく、彼を支える人々もみな同じ。でもその数は有権者のわずか2割弱。その他の8割弱の反対者(その半分でも三分の一でも充分)をどうまとめるかが課題です。従来の保守だとか革新だとかの枠を超えて、「平和と民主主義」を掲げる新しい政党が必要ですね。
2014年07月01日 19:47
あのイラクがクウェートに侵攻して湾岸戦争が始まった時 日本に居た私のところにTV局から取材が来て 出演したことがあります。もちろん、自衛隊の派兵反対を言いました。もうあの時から 10年以上経過したのですね。
あの時に反対した私の意志は、無視されたまま。
安倍氏の横暴 自民党の一党独裁は 甚だ危険な道!
多くの人が まだそれに気づいていない!
ののはな
2014年07月03日 23:30
♡゚。あきさん゚。♡
まったく愚かな首相をもった日本は不幸だというしかないですね。これだけ多くの国民が安倍首相に思いとどまらせたいと、いろんな形で行動をしたのに・・・と思うと返す返すも悔しいです。日本の歴史にまたあらたな汚点を残しましたね。
しかも未だ国民の半数近くがこの集団的自衛権の意味がよくわからない。それなのに安倍はわからせようと努力するのでは全く詭弁家、まじめに聞いていると頭が混乱してくる。で、いいんじゃないという町の人の声を聞いていると、ほとんどが正しく安倍政権が閣議決定した集団的自衛権の意味を理解していないことからくる考えだと、わかる。哀しいね。これがこの国の首相だよ。都議会議員もあのようなレベルだし・・・国会議員が・・しかもその長が・・・。なんだか恥ずかしいよ。
 孫がこの間、TVのニュースを見て泣くんですよ。「戦争になるの・・・戦争になるの」「大丈夫よ、日本には戦争をしないって憲法があるから」と返事したことで、孫たちは「いまけんぽうといったよ」とTVに注目です。5歳の子は「わたし戦争のない国に行きたい。どこなの?」って聞く。「う~ん、日本かな」
この子の涙を止めるためにもがんばらなくちゃ。
ののはな
2014年07月03日 23:39
♡゚。コアラさん゚。♡
単純に戦前に憧れているのでしょうか。格好いいと思っている単なる子どもなのでしょうか。そんなのにこの国がめちゃめちゃにされるのはたまらないですね。「軍需拡大で利益を増大させたい軍需産業」が彼の支持母体ですか?
「官僚としての利権を拡大したいだけの官僚」「地域に金をばらまいてほしいだけの山口4区」・・・の利権のために・・・この国が戦後70年なんとか国際社会でまともでいられたのに・・・
「異なる人々の同床異夢」ですか。全くその通りですね。衆議院で自民党に入れたのは26%、参議院で22%ってTVでも言ってましたね。たったそれだけの支持率で・・・安倍も国民がすべて支持していないことはわかっているから、あそこまで強引に国民の声を聞かない、見ないでどんどん進められるのですね。
どうしたらそういう賢い政治家が出てくるのでしょうか。賢い人たちが立ち上がって政治家になれないものでしょうか。さてこれからわたしはなにをしたらいいのかしら。
ののはな
2014年07月03日 23:47
♡゚。ハイジママさん゚。♡
湾岸戦争の時ですか・・・すごい。あの頃わたしはほんとアホでした。
そうなんですよね。国民は一体いつ目が覚めるのでしょうか。我が子が戦場へ行く段になったときかしら。自衛隊の人たちは相当きつい思いでいるようですよ。集会でもそういう人が声を上げています。7/1の官邸前行動で、警官隊がすごい声を荒げて、みんなを統制しようとしたとき、わたしの横の女子大生が泣き出しました。どうしたの?って声をかけると「こわい・・・」と。わたしは警官に「静かにしなさ~い」って怒鳴りました。これお手の物ですもの。すると静まったのですよ。「あなたたち若い人たちのためにここに来て声を上げているのだから、よくききなさい。わたしたちはもうすぐ死んでゆくのだから、痛い目にはあわないのよ。あなたたちの人生はこれからでしょう」とみればみな20代くらい。

この記事へのトラックバック