若者たちのまっすぐな言葉にエールを!

KYの本質を暴く若者にたくさんのエールを送りたい

「隠れ経済的徴兵」・・・・苦笑
 
苦学生求!
医師・看護師になりたいけど… お金はない…

そんなあなたに~防衛医科大学~

哀しくておかしくて・・・

画像








SEALDs 6月27日 「戦争法案に反対するハチ公前アピール街宣」 学生のスピーチ1 (和香子)




SEALDs 6月27日 「戦争法案に反対するハチ公前アピール街宣」 学生のスピーチ2 (ミキ)





SEALDs 6月27日 「戦争法案に反対するハチ公前アピール街宣」 学生のスピーチ4 (本間)




首相の私的諮問機関である安保法制懇のメンバーである
JR東海の名誉会長葛西敬之氏の言葉を聞いた
「そろそろどこかで戦争でも起きてくれないことには、日本経済も立ちゆかなくなってきますなあ。さすがに日本の国土でどんぱちやられたのではたまらないから、私はインドあたりで戦争が起きてくれれば、我が国としては一番有り難い展開になると思ってますよ」

この言葉を聞いて
そう
戦争はだれが
一番望むか
よくわかる

下の記事にああ~



週刊ポスト2015年7月17・24日号

裸の首相 裸だと指摘する者はメディアでも子供でも黙らす
2015.07.06 07:00

 アンデルセンの童話『裸の王様』の最後の場面では、小さな子供の「王様は裸だ」という言葉をきっかけに人々が笑い出す中、王様が最後まで裸のまま従者たちとパレードを続ける。しかし、この国の“裸の首相”は、自分を裸だという者は議員であろうとメディアであろうと、たとえ子供であろうと容赦なく黙らせる。

 自民党勉強会での「マスコミを懲らしめろ」発言問題だけではない。今国会で公職選挙法改正案が成立し、来夏の参院選から高校生を含む18歳以上に選挙権が与えられる。

 海外では選挙の際に選挙権を持たない生徒たちに学校で争点を議論させ、実際の候補者への模擬投票をさせて有権者としての自覚を育てる「主権者教育」を行なっている国が少なくない。

 ところが、自民党は逆に18歳選挙権実施にあたって高校生の政治議論や活動を制限する方針を打ち出した。さる6月25日、同党文科部会は「学校が政治闘争の場になることを避けなければならない」「高校生の政治活動について、学校の内外で抑制的であるべきだという指導を高校が行なえるよう、政府として見解を示すべきだ」とする提言案をまとめ、教育公務員特例法の改正などを求めたのだ。

 背景にあるのは大学生、高校生が安保法案反対を掲げて今年5月に結成した「SEALDs」(自由と民主主義のための学生緊急行動)の動きだ。SEALDsは国会前で抗議活動を行なっており、6月27日にはネットで渋谷ハチ公前でのデモを呼びかけて数千人を集める影響力を見せた。これに安倍首相は神経を尖らせているという。官邸の安倍側近筋が語る。

「総理がSEALDsを非常に気にしている。これまでネットの意見で若い世代に憲法改正を望む声が強いことから、総理は自分の路線が若者に支持されていると考えていた。選挙権の年齢引き下げも自民党に有利に働くとの読みがあった。

 しかし、渋谷のデモに多くの若者が参加するなど、予想に反する動きが広がっている。このままでは70年安保の新宿フォークゲリラ、神田カルチェ・ラタン(※注)のように、今後は渋谷が若者の反対運動拠点になりかねないと心配している」

【※注/1960年代後半、ベトナム戦争やアメリカ寄りの安保政策に反対し、学生が様々な政治闘争を行なった。東京・新宿には警察の集会禁止に対抗してゲリラ的に反戦平和のフォークソングを歌う若者が集まったり(1969年6月)、大学が多い神田駿河台では新左翼の学生らがバリケードを築き機動隊と衝突する(1968年6月)などの事件が起きた。後者は教育機関が数多く集まるパリのカルチェ・ラタン(地域名)にちなみ神田カルチェ・ラタン闘争と呼ばれる】

「安倍支持」だと考えたから18歳以上に選挙権を与えたが、若者の批判が政権に向かうや、“俺のやることに反対は許さん”と、一転して高校生を“政治弾圧”しようというのである。

はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

コアラ
2015年07月07日 00:01
少し前に友人のブログで、なぜ選挙権の年令引き下げに反対だった自民党が積極的に18歳への引き下げを推進しているのという疑問が書いてあったことがありました。若者世代の方が憲法改正などに賛成だと見られるので推進していると見られていると報道されていることを伝え、でもこれは誤解だと僕の意見を添えました。若い人の間で戦争への渇望が聞かれたのは、非正規の問題にまだ社会が目を向けない時期のことで、この層の一部に戦争の方がましとの言辞が広がっていたときでした。しかし何とかしなくてはとの社会の動きが始まっている現在、戦争が出来る国になって真っ先に戦場に行かされる若者の多数派が賛成するはずもありません。たしかに今でも安倍自民党を支持する若者がいることは確かですが。安倍自民党は若者をそして国民を見くびりすぎ。どうにでもなる無知な人たちだと考えているのでしょうね。きっと。
2015年07月09日 20:44
ののはなさん お久しぶりでした。しばらく休んでいましたが、私も5か月振りにブログを再開しました。またぜひお立ち寄りください。お待ちしております。
それにしてもののはなさんの意気込みはすごいですし、熱いですね。
わたしも何とか老骨にムチ打って、貴女の後を追いかけようと思います。よろしくお願いします。
2015年07月10日 07:11
何十年も前のkoとを思い出しました。
学生時代、デモに参加しました。
新聞では地方大学でkoreほどのデモが起きるとはとかかれていました。
今の政治はもっと不安です。
阿部さんやりたい放題の感がします。
2015年07月10日 08:09
友人の息子さんは 防衛医科大学が受かりましたが・・・何だか不穏な動き? 不気味な空気を感じて 結局は自由な校風の京都大学へ。今は TOYOTAにお勤めです。人生の選択は 紙一重だと思います。
若者たちの未来が 輝かしく 死と隣り合わせで無い人生である事を望むものです。
2015年07月10日 08:14
下村文科大臣の頭の中・・・毒が沸々と~。
大学の自治に対して 弾圧をかけ始めて居ます。
教育学部や 人文科学系の学問は 要らないと?
予算から脅し~国旗掲揚を強制しようとして居ます。
新国際競技場の莫大なる予算問題には メスさえ入れられず~もう、大成建設との契約に進みましたね。
ズンズン 音を立てて・・・国家崩壊の道を歩み始めているような?
2015年07月10日 18:21
「安保法が成立すれば、自衛隊員の
リスクが下がる」という支離滅裂な首相の発言。
これまでと違い、分が悪いという意識が働いたのか、
支持率を挽回しようと焦って、かえって
論理破綻の醜態を演じた気がします。
若い人たちが、自分の意見を持ってるのは頼もしいですね。
珊底羅
2015年07月12日 00:52
 今晩は。
 SEALDsは九月末まで毎週金曜日にデモをする予定。とことん貫いてほしい。
 職場は遊びの話か給料の話とか、胸中はしらない学生を見習って見習ってが。
ののはな
2015年07月20日 22:53
♡゚。コアラさん゚。♡
若者よ賢くあれ!わたしだってあのころは感受性が鋭くて一番物事の本質が見抜けた。と思ってきた。
 それがここに来てようやく若者の動きが顕著になってきた。コアラさんもそう考えておられたのですね。わたしはそう思いつつもまわりには・・・そうですね。あのどうしようもない江戸川の大西の近くに住んでいるのですものね。ああいう人間を議員にする住民っていうのは。
こうなってもめげないぞって思っていますが、体力の限界も感じています。長い闘いになりそうです。がんばります。土曜日は新宿南口でマイクを持ちました。これからはきちんと下原稿を書いてと思ったりしましたが、臨場感を大切にしたい、その場に臨んで相手の空気を吸って、一番ぴったりする言葉を選びたいというのがわたしの長い間のポリシーでした。
ののはな
2015年07月20日 23:11
♡゚。あきさん゚。♡
あきさんが戻られてとてもうれしいです。わたしも3月から私的な生活が多忙すぎて、またまた身体がパンク。医者に通いながらの生活です。で、暇があったら国会に座り込んでいたので、翌日はPCを開ける気力もないのです。で、コメント戴き喜びながらもコメント返しもできなかったのです。お許し下さい。
とにかくがんばろうと自分に言い聞かせています。ここで日本をこれ以上滅茶苦茶にされてはたまりませんからね。
ののはな
2015年07月20日 23:21
♡゚。はなさん゚。♡
はなさんからもコメント、うれしいですね。そうですね。あの当時の学生のがんばりってすごかったのですね。先日記録番組を見て、いや~あれくらいやってもいいのではって思いました。しかし高齢になった人が多いのでやはり今のような穏やかな方がいいのかもしれません。あの日は警備の人たちも私たちに優しかったです。だって私たちの言葉を一番たくさん聞いてくれているのが国会周辺を警備している人たち。笑ってしまいますよね。澤地久枝さんが提案した「7月18日1時きっかりに、金子兜太さんの題字による「アベ政治を許さない」というプラカードを掲げよう」という行動をしました。土曜日だから、もっと人がたくさんいるところでと考え、新宿南口にしました。多くの若い人たちで街は溢れていました。みんな珍しそうにプラカードを見ていました。
ののはな
2015年07月20日 23:24
♡゚。ハイジママさん゚。♡
教育はもうダメですね。あんな馬鹿が頭に乗っかっている。大学に日の丸君が代を押しつけて、文化は役立たずですって。TVでみる閣僚の顔みな大馬鹿者ばかり、よくもそろいもそろって・・・恥ずかしい・・・日本の知性はどこ行った。そんな思いになりますね。
ののはな
2015年07月20日 23:28
♡゚。yasuhikoさん゚。♡
なぜまじめに国民に説明しようとしないのか!国民の代表である議員に対してヤジを飛ばしたり、ありえな~い。辻元氏への「早く質問しろよ!」あれだけだって昔だったら、総辞職になるのでは。ありえな~いことばかりでわたしは憤りばかり。相当血圧上がっているのでは、多忙すぎて図っていないのですよ。
ののはな
2015年07月20日 23:31
♡゚。珊底羅さん゚。♡
SEALDsの行動すばらしいですね。老人はなかなか行動がスピーディにできないから助かります。夜はあの人たちに任せてと、国会前は午前組、午後組、夜組とタッチしています。わたしはもっぱら午前組。がんばります。

この記事へのトラックバック