この国に民主主義はしっかりと根づいていた

画像

☆2015年9月1日 自由と平和のための京大有志の会☆
 http://www.ustream.tv/recorded/72127760


学生たちが立ち上がる夏
この国にこのようにしっかり民主主義は根づいていた!
とてもうれしい!

是非クリックしてPCで学生の集会に参加して下さいね!

8.30に全身で感じたあの喜びがよみがえってきた

京大のHPから詩人の里みちこ さんの詩をいただきます
ありがとうございます



「自由と平和のための京大有志の会」
http://www.kyotounivfreedom.com/
2015年7月2日

声明書

戦争は、防衛を名目に始まる。
戦争は、兵器産業に富をもたらす。
戦争は、すぐに制御が効かなくなる。

戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。
戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

精神は、操作の対象物ではない。
生命は、誰かの持ち駒ではない。

海は、基地に押しつぶされてはならない。
空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、
知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

学問は、戦争の武器ではない。
学問は、商売の道具ではない。
学問は、権力の下僕ではない。

生きる場所と考える自由を守り、創るために、
私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。

      自由と平和のための京大有志の会



わたしの『やめて』

くにと くにの けんかを せんそうと いいます

せんそうは 「ぼくが ころされないように さきに ころすんだ」
という だれかの いいわけで はじまります
せんそうは ひとごろしの どうぐを うる おみせを もうけさせます
せんそうは はじまると だれにも とめられません

せんそうは はじめるのは かんたんだけど おわるのは むずかしい
せんそうは へいたいさんも おとしよりも こどもも くるしめます
せんそうは てや あしを ちぎり こころも ひきさきます

わたしの こころは わたしのもの
だれかに あやつられたくない
わたしの いのちは わたしのもの
だれかの どうぐに なりたくない

うみが ひろいのは ひとをころす きちを つくるためじゃない
そらが たかいのは ひとをころす ひこうきが とぶためじゃない

げんこつで ひとを きずつけて えらそうに いばっているよりも
こころを はたらかせて きずつけられた ひとを はげましたい

がっこうで まなぶのは ひとごろしの どうぐを つくるためじゃない
がっこうで まなぶのは おかねもうけの ためじゃない
がっこうで まなぶのは だれかの いいなりに なるためじゃない

じぶんや みんなの いのちを だいじにして
いつも すきなことを かんがえたり おはなししたり したい
でも せんそうは それを じゃまするんだ

だから
せんそうを はじめようとする ひとたちに
わたしは おおきなこえで 「やめて」 というんだ

じゆうと へいわの ための きょうだい ゆうしの かい



「自由と平和のための京大有志の会」は、2015年7月2日、「安保法制」、言論への威圧発言、大学への君が代、日の丸の強制、等、この間の安倍政権による平和の破壊、学問の愚弄、憲法の蹂躙を止めさせ、新しい時代の自由と平和を創造するために結成されました。

第一に、国会を満たしているような空疎で弛緩した言葉ではなく、生活実感に根ざした言葉やアイディアを即興的に交流させ、発信していくこと。

第二に、これまで戦争が大人や子どもの生に刻んできた深い傷を直視しながら、若い世代を代理させて暴力を発動しようとする政治に歯止めをかける、しなやかな平和と文化の力を育んでいくこと。

そのよりどころとして、京都という地の特徴を活かしつつ、勉強や表現の場所づくりに取り組みます。わたしたちが「ひろば」と呼ぶこの場所で、じっくり謙虚に勉強と議論を積み重ね、歴史を真摯に学び、新しい文化表現のあり方を探っていきたいと思います。

リーダシップの名のもとでわたしたちの生の領域が強引に方向づけられ、人々の表現や言論の自由を貶めて恥じない現政権はもちろん、そのなかで思考停止に陥り、自分だけしか決められないはずの自分の生き方を時勢に任せる社会全体の空気にも、強い危機感を覚えずにはいられません。

そんな時代だからこそ、学生、職員、教員、そして市民のみなさんで、勉強会や集会を通じて言葉を紡ぎ、京都から発信していきます。ぜひ、ご一緒に!

画像


自由・平和・民主主義を愛し戦争法案に反対する名古屋大学人の会


戦争法案に反対する声明
           2015年8月29日


 大学はかつて兵器を作った。

 大学はかつて兵士を送った。

 大学はかつて知識を供出した。

 大学は、かくして戦争に加担した。


 それは国家が要請したものであったと同時に、かつての大学人たちが進んで行ったことでもあった。勇気なく、あるいは気づかぬうちに戦争を支え、知性と良心の声を窒息させた。戦渦は、内からも来る。その過去を、私たちは忘れない。

 先の大戦後70年の「平和」は、曲折や翳りを含んでいる。平和の理念も、過去の反省も、個人の人権も、言論の自由も、学問の自律性も、つねに挑戦を受け、ときに自ら傷つけてさえきた。「戦後」は、平坦ではなかった。

であればこそ、現在進行している危機に、私たちは黙してはいられない。

 いま集う「私たち」は多様である。

 世代を異にし、性別を異にし、国籍を異にし、立場や宗教や思想を異にする「私たち」は、しかし自由を尊び、平和を愛し、民主主義を尊重するという点において結集する。自立した個人として、対話を重んじる理性的市民として、知の自律性に価値をおく学徒として、手を取りあう。戦争を否定し、平和を求めるすべての人たちとの連帯を求める。

 大学が自由と平和と知の拠点でありつづけることは、私たちの理想であり、誇りである。「名古屋大学平和憲章」で不戦を誓った知性は、学びの日々が戦火につながることを許さない。私たちは、この灯を決して消さない。

 私たちは、日本と世界の人々の前で、日本国政府に次の約束を守ることを求める。

〈日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。〉(日本国憲法第九条)

 この言葉の意味と価値を、私たちの同意なしに変えることを認めない。私たちは戦争法案に強く反対する。



安全保障関連法案に反対する学者の会
◆•SEALDs

SEALDs KANSAI(自由と民主主義のための関西学生緊急行動)

学問の自由を考える会
 「東大人アピール集会」実行委員会

安保関連法案に反対する立命館学園有志のウェブサイト

◆「安全保障関連法案」に反対する東京農工大学有志による声明


安保法案の廃案を求める大阪大学人の会 | Facebook
安保関連法案のすみやかな廃案を求める島根大学 大学人アピール
安保関連法案に反対するママの会

 「だれの子どもも ころさせない」

安保関連法案に反対するママの会は、この一文を一致点とします。
「本当に止める」のは、どこかの誰かではなく、あなたであり、わたしです。

わたしたちの日常はこんなです。
…子どもの食べこぼしにまみれて。
…子どものイヤイヤに振り回され。
…つい怒鳴ってしまったり。
…安らかな寝顔を見て、「大好きだよごめんね」と謝ったり。

わたしたちは、人が育つということはキレイごとではないと、身を持って知っています。
だからこそ、戦争には反対します。

殺したり、殺されるために生まれてきたのではありません。
戦場に駆り出され、銃口を向け合う人たちの間に、そうしなければならない必然性はどこにあるのでしょうか。
戦争を必要としているのは、わたしたちではありません。

戦後70年となる、この夏。
わたしは、他の誰でもない自分の声をあげます。
そして、同じ立場のすべての人と、手を取り合います。
「ママは、あきらめない、本当に止める」

※子育てのリアリティを痛感しているという意味で「ママ」を打ち出すことにしました。パパ、血縁のない親子、シングルファーザーのみなさんとも、もちろん連帯したいです。
  
  
賛同文

この時代を生きる一人の人間として。

この時代に子育てをするママとして。

わたしは、今国会に提出された安保関連法案の成立に反対します。

As an individual living in this age, and as a mother who raises children in this age, I am against the National Security Bills.



画像

はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

コアラ
2015年09月05日 23:52
 明治時代の初めに福沢諭吉は「文明論の概略」という著書で、「これからの文明国としての日本国民は、忠君愛国という封建主義の道徳でではなく、主権を持った国の主人公としての自覚をもった国民として、西洋文明の精神と科学を元に形成されなければならない」と論じました。そのための場が議会であり教育であり新聞雑誌だとも。彼が理想とした日本社会像と国民像が今まさに姿を現しているのだと思います。相変わらず国民を馬鹿だとけなしている為政者の暴走を前にして。
珊底羅
2015年09月06日 14:09
 今日は。
 安保法案反対、戦争反対の意思表明一過性のもにしないで永久にもち続ける気をもってほしいと切望する。
2015年09月06日 18:03
7月に上野の博物館に行った時、
文化会館前で、若い方たちが法案反対の
署名活動を行ってました。
署名をしたついでに聞いてみたら、
京大の学生さんで、夏休みを利用して
東京に来たとの事。あの時の学生さんらが
会を立ち上げたのかも知れませんね。
2015年09月06日 21:15
これだけ、国会審議を通じて法案の根拠を失っても・・・多数決が民主主義原理だなんて、意味の分からぬことを言い放つ政権は許せませんが、悪あがきをすればするほど、分厚く長く反対の声と行動は広がっていきますよ。
自ら墓穴を掘っていることに気付かないようでは、仲間だと思っている自民公明の底辺からも見放されることになるでしょう。
さらに追い打ちをかけたいですね。
2015年09月06日 22:53
ののはなさん、こんばんは。
いつの間にか秋風が吹くころになってしまいました。

かみ合わな議論の最中にも、日米共同訓練を実弾射撃で、
法案があっても、なくても、米国のしもべとなって行くことが望みなのでしょうね。

ののはなさんからは、いつも貴重な情報をいただいています。
ありがとうございます。
2015年09月07日 10:46
国会では、安保法制採決まで「あと2週間」といって、自民党と公明党が採決に持ち込む方針のようです。仮に採決できなかったとしても、衆院に戻せば60日ルールで可決できる。
これほど多くの国民が反対しているのに、憲法に違反する法案だとわかっているのに、ウソにウソを塗り固めた現政権が、国会内だけの数の力で押し切るんだという。
法律を作って国民を情報から締め出し、自由な発言を取り締まり、若者たちを戦場に送り込もうとしている。そんなことをして、この国をどういう国にしたいのか。
昭和の初め頃だったら中国も、東南アジアの国々も独立国家としての形が整っていなかったから、日本の侵略を許してしまった。
21世紀の今、日本を戦前のような軍国主義の国にして、いったいどこの国に攻めていこうとしているのか。
「戦後レジーム」から脱して新しい国造りを目指すというが、国民にはその国とは軍国主義に支配された戦前の日本そのものではないか。
悔しくて、バカらしくて、腹立たしくて・・・・情けない!!
2015年09月07日 12:39
ののはなさん 肝心なことを書き忘れてしまいました。
憲法という民主主義の堤防を破って、集団的自衛権を認めさせようとする安倍政権は「今の憲法はアメリカに押し付けられた憲法だ。これを日本にふさわしい憲法に変えるのが戦後レジームからの脱却だ」といいます。
ところが、集団的自衛権を構成する法律は、実はすべてアメリカのアーミテイジ補佐官がブッシュ政権に提出した日本との関係に対するレポート、いわゆる”アーミテイジレポート”の完全コピーだそうです。
集団的自衛権に関する法律こそ、まぎれもなく「アメリカに押し付けられた法律」です。安倍政権がいかに国民をだましているか、ばかばかしくて話にならない!!
ののはな
2015年09月09日 14:23
♡゚。コアラさん゚。♡
コメントと本・・・等ありがとう!なにかと多忙です。頭の整理が悪い性です。なるほど福沢諭吉が理想とした社会到来ってことですか。集会には1時間前行動をして、最前線できちんと発言者の声を聞く必要があると考えるようになりました。なぜならこれまでとちがって、いろんな人がマイクを持つようになったからです。そっかそんな考えもあるかと目から鱗ってことが増えたからです。 それはやはり若い人たちの声が大きくなったからですね。
 本今回もまたとてもおもしろかったです。すてきな同人の方がいらっしゃるのもすてきですね。近いうちに読後感想送りますね。音楽に関する知識が乏しいわたしはもう一読しないと。
ののはな
2015年09月09日 14:28
♡゚。珊底羅さん゚。♡
たぶん、一度目覚めた若い人たち、本物だと思いますよ。ただ・・・わたしの場合を考えると、いろんなことに関わりたかったけれど、子育てがあって、また教師として目の前の子どもを放っておけなくて、これがまた結構エネルギーを必要とするので、遠くにある問題にはとことん取り組めなかった。そのために仲間には「あなたにとっては単に教養だったの?」と言われたことがあり、とてもつらかった。
だからこの後、どういう形になっていくのかわからないけれど、彼らの今の行動は本物だと思います。
ののはな
2015年09月09日 14:33
♡゚。yasuhikoさん゚。♡
上野の森でそういうことがあったのですね。こうした若い人たちが行動し始めたことがほんとうにうれしいのです。多くのわたしの教員時代の友人は「わたしたちの教育が間違っていたのかしら」と嘆いている声を何度も聞いていたからでもありますが。
集会では早稲田や津田塾ののぼりなどもよく見かけます。ベビーカーを押す若いママの姿もよく見ます。ママの会の発起人は大学院生なんですってね。子育てと勉強が両立するいい時代になったのだと感動しました。
ののはな
2015年09月09日 14:40
♡゚。Tatehikoさん゚。♡
安倍は独裁者です。わたしはいままでそんな穿った見方をしてはいけないと思ってきたのですが、どうやら相手はわたしたちが思うことの百倍も悪党ですね。マイナンバーで年間4千円を上限に消費税増税2%分を返してやる。めんどくさい人は手続きしなければいい、という麻生の言葉を聞いて。ああこんな恐喝まがいの発想をするのかと。どんなに落ちぶれてもマイナンバーには登録しないぞと誓いました。
底辺の生活をしていると情報難民になります。それでもだんだん気づきはじめるでしょうね。創価学会の動きもその現れですね。
ののはな
2015年09月09日 14:45
♡゚。涼さん゚。♡
すっかりご無沙汰しております。大変な夏の陣でしたが、政権の愚かさを少しでも明らかにして、国民に知らしめていくしかないですね。
 そうなんですよね。粛々と実弾射撃で日米共同訓練。しかもすでにしっかりアメリカとは約束。予定通りに事が進んでいます。問題は国民がどれだけこのことの重大性に気づくかということです。せめて報道ステーションくらいに解説をした報道をNHKにも望みたいものですが。
アメリカは今長年の軍事費で国が疲弊しています。早く日本に肩代わりしてもらいたいのですよ。
ののはな
2015年09月09日 15:00
♡゚。あきさん゚。♡
わたしはすぐ目の前のことで一所懸命になってしまうのです。ごぶさたばかりでごめんなさいね。
多くの国民が反対しているのは知っていると思いますよ。でも今手にしたチャンスは逃したくないのですよ。野田聖子さんが立候補できないように切り崩しをやるなんて普通は恥ずかしくて否定するはずなのに、そんなことおかまいなしのえげつないことを党内で行っている安倍自民党幹部。大嘘つきの安倍政権。しかしもう政権だけではない自民党全体だと思います。こうしてヒットラーのような独裁者が生まれたのだとよくわかりました。
 「戦後レジーム」から脱して新しい国造りを目指すというなら、「オキナワ」こそが真っ先になんとかしなくちゃいけないし、憲法が押しつけというなら「自衛隊」こそが真っ先にやめなければならない。
 あの大戦の惨禍のあと(これを戦後)に「日本国」が建国されたのです。この日本国の柱は「国民主権」と「平和主義」をコンセプトとする「日本国憲法」です。安倍自民党はその前文・第一条・第九条の改悪を行おうとしているが、これって七建国の精神を否定し、この日本国を破壊するものです。
 わたしは怒りが日々増しています。
アーミテージ・ナイレポートのことは わたしのブログでは
2014/07/05に ・・・安倍政権は「アメリカの傀儡政権」なのか!・・・
で載せています。一度覗いてみて下さい。
http://attain.at.webry.info/201407/article_2.html
ほんとに日本はアメリカの属国なんだなと知った日は大変ショックでした。
でもわたしの周りの人たちの反応も悪くてがっかりしたものです。
あれは安倍のアンチョコです。

この記事へのトラックバック