5月の風にゆれるお花たち




画像

この花には忘れられない思い出がある

もう何十年も昔
はじめて息子から手渡された「母の日」の花
まだ小学生だった三男から

わたしには母の日に息子から何かを頂くなんて
それこそ生まれてはじめてのこと

びっくりしてご近所のお花を思い浮かべて合点
ああ、あそこの家のお花を一本失敬したな
でも、花を取ればまた次の蕾が開くかな、と
小さな花泥棒さんを許すことにした

しかし記憶とはおかしなもので
その家の前を通るたびにそのことを思い出し
毎年、今年は矢車菊を植えたかなと見るのだった

画像

ともあれ今年のマンションにはこの矢車菊がいっぱい
毎日毎日、花がら摘みに追われている
それでもそろそろ終わりの日を迎えそうだ
長い間ご苦労様と声をかけてあげたくなる

そしてわかったこと
たしかにこの花は切り花がいい
花瓶に入れてあげた方が水揚げがよく長くきれいに咲く
地植えでは水が十分ではないのだろう
すぐ花が枯れて、花がら摘みの対象になる

マンション暮しもこの5月で7年になる
ガーデニングクラブに入って6年
代表になって4年

園芸品のことをよく知らないまま
一から勉強と思っていろんなことにチャレンジして
わかったことがたくさんある


画像



画像
















 この菖蒲は原種です
 ガーデニングクラブの元代表さんが
 十数年前に、福島の山から移植したもの

 昨年太陽がいっぱいの<色彩の小路>に移植
 花壇の隣にあるので、せっせと水やり
 
 すると、こんなに元気に
 とてもうれしい

 下の黄菖蒲も福島から
 元代表さんはあの原発事故で
 もうふるさとに戻らないと決めたようだ
 昨年、先祖の墓もこちらに移されたようだ

 今年はこの黄菖蒲もマンションのパティオに移植
 みなさんに愛でてもらいたくて
 
画像


画像



今日はこのパティオに咲く植物を紹介します

画像

 









 元代表さんがそっと育てていた
 上品なゆうすげ
 ここに移植して3年
 ようやく元気に

 下のまさに下草は
 白い立浪草
 わたしが前の家から
 持参してきた立浪草 

画像

 

画像
















これも奥戸から引っ越してきた野草
ほうちゃく草
うれしいね

下の野草は
斑入りの鳴子百合
風に揺れています

画像



画像













 次はエントランスの横の花壇
 白妙菊って名前だったかしら
 大きく育って
 でもこんなきれいなお花をつけるのですね
 カラーリーフとして寄せ植えに
 多用される花だったけれど

画像

 
 下の花の名前
 なかなかわからなかったのですが
 なんと表参道に出かけた日
 クレヨンハウスで咲いていた
 しかも名前がつけてあった
 アグロステンマ(麦撫子)という
 ヨーロッパ原産の野草ですって

 とてもいい感じで5月の風に揺れている

画像






はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 44

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年06月04日 20:28
 私は、原発30~40k圏内の当地で、事故後も避難する事無くずっと暮らし続けております。

放射能や放射能汚染に関しての、誤解や誤認識による噂や社会常識が多くまかり通る中、本当に必要な、日本中に撒き散らされた放射性物質の飛散堆積分布の現在の状況や、海洋汚染の実態は隠蔽されたままです。

隠匿隠蔽の得意な日本政府も政府ですが、原発事故同様に、現在の日本が抱える差し迫った大問題に対しても、それを国民の目から遮断し遠避けているマスコミと上層組織の存在があります。



ののはな
2019年06月07日 18:18
♡゚。kazukunさん゚。♡
そうでしたか。政府は全国に拡散すれば数値が下がると思っているのではないかしら。すべて特定秘密として隠し通そうと思っているのでしょうか。なにが秘密で、そうではないのかってこと自体がオープンにされていないから、疑心暗鬼になりますね。元代表の男性と先日話をしましたら、半婿養子だったとのこと。転勤転勤で全国を単身赴任で歩いたそうです。最後が東京だったとか。では奥さんの実家のお墓を引っ越しされたのね。と言うと頷いて。いろんな生き方があるのですね。kazukunさんはお元気ですか。わたしは多忙なあまりこの頃思考が焼き切れているようです。
コアラ
2019年06月15日 22:53
 コメントが遅くなりました。
 移植した花々。みんな元気に咲いていますね。福島から移植された花もあるのですか。原発事故で汚染された地域の草花や昆虫たちや動物たちにも異常が起きていると、地道に調査していることが、時々新聞でも報道されますね。あまり注目されていないようですが。
 ここにある原種の花菖蒲や黄菖蒲はあの事件の前に移植されたもの。汚染されてからではもう遅いですね。
 花は人の心を和ませてくれるものですが、そういう多くの命をも踏みにじっておいてなお、原子力発電を続ける人々の気がしれません。きっと他人事のように見ていて「自分は大丈夫」だと思っているのでしょう。
ののはな
2019年07月05日 23:15
しばらく覗いていなかったら、こんなブログになっていたんですね。
まあ、シンプルですが、みなさんには使い勝手がいいのかしらね。
しばらく様子をみます。これからもぼちぼちやっていきます。
ののはな
2019年07月05日 23:26
コアラさんへ
コメントありがとうございます!
へとへとの5月、6月でした。
梅雨になって少し作業も減りほっとしています。
しかし指の状態悪いです。
ヘバーデンの次は、ばね指です。
まあ指の腱鞘炎です。
使いすぎです。
毎日、小学生の勉強で、あはは・・・でしょう。
ひとつだけいいことありました。
記憶力が少しよくなりました。
長女に一度教えているので、今,下の男の子に教えていますが
ちゃんと覚えていて、教えることができるのです。
良いこともなければこんな事やってられませんね。
で、下の男の子が少し私になつき、「明日も地理をやろうね」と。
わたしの一番苦手な地理を・・・わらってしまいますね。
わたしは人生ではじめて日本の地理を知りました。
こんなことも知らずに生きていたのかと、おかしくなりますが
時には役に立つなって感心しながらやってます。
福島の放射線の影響、国は何処までも秘密にするようですね。拡散させてしまおうと、基準値をすべてあげて、あちこちに除染で出た高濃度の土をばらまこうとしています。なぜこうしたことも報道されないのでしょうか。報道はどうなってしまったのか、ニュースらしいニュースを手に入れるのが難しいですね。
今度の選挙で何とかしなければ、あの時がターニングポイントだったと後世に。

この記事へのトラックバック