イースト 風のガーデン

あっという間に春が来て
初夏になりました

みなさまお変わりありませんか

IMG_9494 (2).jpg
                               パティオの野草 立浪草

1月からすべてのニュースは「新型コロナウイルス」で埋め尽くされ
気がつけば、そのどさくさに紛れて
とんでもない法案が一括して国会に出されています

国民はこの国の新型ウイルスとの闘いに
この国の体制がこんなにお粗末だったのかと日々呆れています

これ既視感がありますね
そう2011年の福島原発事故のとき

長い自民党政権で、安全神話にならされて
国民は完全な思考停止していた原発の問題点を
突きつけられた

国政に慣れない民主党政権のおかげで
ドジドジと問題点が明らかになった

そっか今の政治ではここまでが限界だったのかとか
ひどいこんなにまで東電は隠蔽体質だったのかとか



IMG_9504 (3).jpg
        中通路 足尾山から嫁入りした額紫陽花



一方今回は・・・
一言で言えば「じれったい!」
いや、そんな生やさしいものではないな

こんなにひどい政権だったとは
もう恐ろしい
国民のことなど考えていない
とあちこちから怒りの声が聞こえてきます
実際に多くの人々が亡くなりました
自分がコロナとも知らずに

厚労省の加藤大臣が
「37度5分の熱が4日などとは言ってない。国民の誤解だ」と言った日の
孫の新聞スクラップブックには
この記事のことが書かれ「耳を疑った!」とコメント
う~ん小学生にもそう思えるか・・・
彼女は4月から学校の宿題で毎日
新聞を開いては、見出しを切ってノートに貼り
要旨をまとめてはコメントを書いている

ほとんどがコロナ関連の記事だ



IMG_9355 (2).jpg
    雑草と間違えられて捨てられそうになったジギタリス 
    「でも毒草よ」という人、毒と薬は紙一重
    昔の医者の庭には必ず植えられていた薬草です





いったいいつになれば検査数が増えるのか
自分が陽性なのか陰性なのか
誰が陽性なのか陰性なのかが
全く見えない中で、国民に自粛だけが押しつけられた


IMG_9329 (2).jpg
   剪定が上手な部員のおかげで元気になった薔薇です



他国に学べばいいものを
検査数を増やすため       
なぜそうすべきなのかの根拠も示さず
一方的に宣言するだけの政権


IMG_9328 (2).jpg
        マンションの顔、中央花壇で競い合うお花たち


わたしも個人的にはこの3ヶ月の学校の休校に疲れ果てた
朝から晩まで孫のいる生活
幼稚園児なら一緒に遊べばいい
しかし、相手は来年に中学受験を控える6年生
塾は休みになっても、予定通り一週間ごとにテストがある

ネット授業はあれども
子どもにはつまらないだけの一方的な講義

その時間は奪われるけれど
その補償はババの個人指導

苦手な社会はやっといい参考書を見つけてほっ
得意な算数はじっくり孫と勉強できてヤッター

が、すばらしい成績も家庭でやるために
孫のママは「ババに答え見せてもらったのでしょう?」と疑り深い目

そんな「ママを見返してやりたい」と意気込んだ孫はとうとう真価を発揮
見たこともない点数にママは声なし

でもこれには並々ならぬババの苦労があるのです
苦手な社会を夢に見るほどに指導法を考え抜いての結果です


158936017840811955294-thumbnail2[4].jpg
   マンションの裏に小径をつくり
   風が吹き抜けるので 
  「風のガーデン」と




今日はマンションの「風のガーデン」の紹介です
冬にミックス種から育てた240株を植えました

色とりどりの花が競演しています

IMG_9369 (2).jpg
            スイートピーって愛らしい花





やっと孫たちは学校に戻りました
しかしこの夏は休みもたったの2週間
あんなに学校の宿題やったのに・・・・と孫は顔をかしげ
でも友だちに会えるのがなによりもうれしくて文句も言わずに学校へ行っています

わたしは伸びてぼさぼさの髪を切りに行き
2ヶ月も遅れた歯の定期検診に
なにかと忙しい

しかし日本列島を襲う
ここ数日の災害に
この国の無策を思い、またいらだっている

長い間、おかしくなったブログもそのままに放置して
みなさまお見苦しいことで
申し訳ありません







はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

ののはな
2020年05月19日 15:13
久しぶりに書きかけたら、時間切れ、単に保存したつもりがアップされている。困った!まだ使い慣れていません。みなさんお許し下さい。
家庭の現状はそれほどに多忙をきわめています。
2020年05月21日 23:33
なるほど、書きかけで保存したつもり。どうりで写真が一枚も出てこないわけだ。
>わたしも個人的にはこの3ヶ月の学校の休校に疲れ果てた
朝から晩まで孫のいる生活
 確かに大変ですね。しかも授業がないから補習をしてあげないといけない。
>そんな「ママを見返してやりたい」と意気込んだ孫はとうとう真価を発揮
見たこともない点数にママは声なし
でもこれには並々ならぬババの苦労があるのです
苦手な社会を夢に見るほどに指導法を考え抜いての結果です
 でもちゃんと結果を出すってさすがですね。
 そろそろこの巣ごもり生活も一旦は解消されそうですが、また同じことが繰り返される危険性もあります。くれぐれも真面目に取り組みすぎて根をつめないように気を付けてください。
ののはな
2020年07月09日 15:07
しばらくPCを開けないと
いろんなことを忘れてしまいます
小学生の社会と理科のの勉強
なかなか侮れませんね
旺文社の「わかる社会」でやっとわかった

なのに、孫は急に公立の中高一貫校に行きたいと夢物語を
しょうがない
作文が全くなっていない
てにをはもできでいないし
そもそも主語と述語がねじれている
条件に合わせて文章を書くこともできない
ああ、道は果てしなく遠い
まあ、どうせ無理なんだけれど
いつか自分の文章力のなさに嘆く日が来るのだろうから
ちょっとだけやってみるか
そんなこんなでこの夏はチャレンジの夏
一夏でなにができるようになるかな
ああ、来年の春までわたしはまたもや
囚われ人だ
2020年07月10日 15:59
5月の風のガーデン、素敵ですね。
ネーミングがまた素晴らしいし…。
それに比べ、感染者数200人超えが続いてる
7月の東京の状況は、全くすっきりしません。
「驚いてる」「なお一層の注意が必要」
「病床数は足りてる」「まだその段階では無い」
といった政治家らのコメントを聞いてると、
何だかよけいモヤモヤ感が深まるばかりです。
それはそうと、記事途中で公開されてしまうという
問題ですが、作成画面の一番下「記事の詳細設定」で、
「公開」ボタンを「下書き」ボタンに直せば
大丈夫ですよ。これ、一時期ずい分話題になりました。
美代子
2020年07月10日 18:39
 ののはなさん、お久しぶりですね。コロナコロナでもう半年が過ぎましたが、東京は感染者が増えています。なのに、旅行クーポンだの、自粛解除だのと政府は何を考えているんでしょうね。笑。
2020年07月13日 16:38
こんにちは!お久しぶりです~☆
このコロナの時期に、お孫さんのお世話(勉強など)と
マンションのお庭の見事な手入れも~!
ののはなさんは、じっくり丹精されるのが凄いですね!
わが家は東京に住む孫たちはお正月以来、我が家の体も弱くなった夫に
もしコロナを運んだりしたら大変と、ずっと会えないままになっています。
この夏休みには一度我が家に来る予定ですけど…
どうなるんでしょうか~?
私は毎日Zoomオンラインでヨガを学んだり教えたりしています。
今の子どもたちにとって、将来このコロナはどんな風に影響を受けるんでしょう。
私の孫は給食の時に席を空けて、全く会話もなく前を向いて食べる姿はシュールだと言っていました。
ののはな
2020年08月26日 14:33
komichiさんの言われるように、後年、このコロナの時代をどうふりかえるべきなのでしょうね。多感な子どもたちの精神がどういう影響を受けているのか、考察すべきですね。
家庭力の差が恐ろしいと思います。わたしの狭い人間関係の中でも大きなギャップに愕然とします。この夏はほんとうにわたしはバテました。小6の孫が「公立の中高一貫校」にチャレンジしたいと1月頃から言い始め、わたしはづっと無視していたのですが、6月にちょっと耳を傾けてやるのもいいかなと、コロナの中、学校を見学しに出かけたのがまずかった。孫はわたしが許可してくれたと勘違い。孫のママもその気になって。ああ、この夏は2年半通っていた塾の夏期講習もやめ(これはわたしも大賛成、だった、学校があるのに、それから4時間~5時間も子どもは塾。コロナなので、弁当もなしで)。参加したお子さんは「もうつらくてつらくて・・・」としか言えない。で、近所の小さな塾で適性検査用の講座を。毎日作文の課題が。これが気がつけばすべてわたしの課題に。急に作文をといっても孫には無理。いいお題の日はいすぐ(わたしは)書けるのですが、一番泣きたかったのは、曾野綾子の「魂を養う教育・悪から学ぶ教育」が題材の日。全く評価できない人の悪文。まあ、それはそれとして、この塾は近いので通う時間が少なく、しかも夏期講習は日に4時間、2週間。他の日は週に4日、2時間ずつ。やれやれ。記述がうまくなればいい、という気持ちで行かせていました。
 しかし、実はわたしにはもうひとり受験生の孫がいたのです。西早稲田にいるので、お正月以来会っていない。コロナでどうしているか、心配して、何回か受験問題集を送ったりしていたけれど、なかなか連絡がつかない。実は息子が離婚して、孫の親権者はママになり、息子はお金を送るだけの人。ママは慣れない仕事をし、孫の世話はからっきししていない様子。で、3月に塾も辞め、家に籠もっていたとか。気がついたら、半年後に受験。さあ、どうしよう。孫がパパに個人指導してくれる塾に通いたいから、お金頂戴となった。そこで、一夏わたしのところで面倒を見て、その結果、どういう塾に入れたら効果的か分析してほしいと言う要請。
こちらは親からはっきりとした要請だから、やりやすいけれど。まあ、毎日子どもたちの口を養うことから、勉強まで。わたしはもう限界。後1週間も長い夏休みだったら、わたしは死んでいたよ、と大げさに言いたいくらい、疲れた。まず、英語が1年生からの復習が必要とわかって、発音が苦手なわたしはCDを流しながらの構造文の学習から始めた。できたのは1年生だけ。やっと文の構造だけはわかるようになった。学校では単語のテストはよくやっているようで、発音はできないが、なんとか少しは語彙があるのでほっとしたが。なんで、英語大嫌いなわたしが教えているのよ、と疑問はぬぐえない。
理社はななんとか、自力でやってくれそうなので安心。となると、やっぱり数学だ。時々ラインで、わからないところは教えていたので、少しはできるが、やっぱり根本的な理解はしていない。古文は全然わからない。これもつきっきりで教えた。下の孫はババが他の孫に捕られてしまったと不満たらたら。あれあれ。
で、2学期以降も休みの日には来て、英語を続けることになった。それにきちんと進捗状態を見て、アドバイスする人間のいることが必須とわかった。
で、3教科の個別指導の塾を選ぶことになった。それくらいならパパもお金が出せるという。まあ、負い目があるのだろうね。
家庭の教育力の違いが子どもをこんな風にさせるのだと。現実を見せられた。
2020年08月30日 14:49
ののはなさん。お孫さんの学習指導お疲れ様です。
>作文が全くなっていない
てにをはもできでいないし
そもそも主語と述語がねじれている
条件に合わせて文章を書くこともできない
 この方はほとんど本を読んでいないのでしょうね。おそらく長文は理解できないはずです。せいぜい星新一のショートショート程度。新聞のコラムなら理解できるかな?
 たくさん本を読んでいれば助詞の使い方や主語述語の関係は自然に理解する。たくさん読んでいれば特に作文指導を受けなくても書ける。
 日本語力のない子供に急にたくさん個別テーマで作文を書かせるのは無理。塾の先生はまったくわかっていませんね。
 まずは毎日日記をつけ、日々の出来事やこれについての感想を書かせる。それを助詞の使い方や主語述語の関係を日々添削する。これができるようになったら初めて小テーマを提示して短文を書かせる。なるべくその子供に即したテーマから始める。曽野綾子の論を論じさせるなど、大人用の、文章力のある人に対するテーマだ。
 まずは原稿用紙4・5枚でしょうか。あまり短いのはかえって難しい。
 私が大学生の時は原稿用紙2枚に一つのテーマで文をまとめる訓練をした。
 大人なら新聞の例えば天声人語をさらに短くまとめさせるとか、社説を短くまとめさせる方法がかなり効く。
 中学生や小学生用の新聞のコラムなどを使えないでしょうかね。
ハイジママ
2020年10月04日 21:27
お久しぶりです。

お孫さんの教育係 お疲れ様~。

ののはなさんが、しっかりされて居るのも お孫さんの生活に強力な助っ人として活躍されて居るからでしょうね。

私など・・・長男の子は大阪だし、遠いのを幸い?として 全く関わることも無く 過ごして居ます。だから?? 毎日が日曜日 頭はボケるばかりです。

大変な時代に生きる子供たち。少しでも守ってあげたいですね。少しでも「 良い時代 」を用意してあげたいですね。

長年 待ち望んだ次男の子が ようやく体外受精で出来ました。無事産まれてくるのを 今 待って居るところです。