テーマ:野草

マンションの緑地に春爛漫

生協のおじさんから頂いたエビネが 春の終わりを告げました おじさんは「いいエビネなんだよ」と訳あり顔で 「あなたなら大切にしてくれるだろう」と おじさんから詳しく話を聞いたら悲しくなった 「住んでいた古いアパートが建て替えに そこで引っ越さざるをえなくなったが 今度のアパートには庭がない …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ベランダにも春がきた

Bill Evans - On a clear day (you can see forever)... ベランダにも春がきた 野草の会の作品展にはもう出さないと決意して ほんとうにほっとした ここ数年の春のせわしなさの原因はやはりこれだった あるがままのベランダを愛せるっていい 今年は去年…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

行徳野鳥観察舎の存続を願って  春とたわむれる日

はる はる  はるだよ はるの色に こころおどる 1月19日、千葉県の行政改革審議会で 「行徳野鳥観察舎」が廃館となったという まあ~それはたいへん 2月3日には、市川の大久保市長が 観察舎存続を求めて県知事に要望書が提出されたとか どうか・・・ それじゃ・・・いか…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

父の侘び助椿

もう13年も前になる 富山の中央病院の食堂で 肺気胸で大きな手術を終えた父に 「今年の冬はもう母とふたりで超えられないかもしれないね」 と話し始めた 大きなガラス窓の向こうには立山連峰が聳えていた 「もうこんな風景は見られないけれど・・・いい?」 前年の春 東京に帰るというわたしを追って 玄…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ふるさとを売った話・・ その1

*暮れに書き始めて、書き終わらないまま年が明け これではまた1年が過ぎてしまう 第一部としてすこしだけアップしておきます* 幸か不幸か、足の小指を骨折した 「2週間は安静にしてください」と で、骨折ついでに骨密度も調べてもらうことにした いい結果がでるといいな (やはり骨粗鬆症、同年配の人の8割の骨密度) …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

我が庵に 春の光と春の風 大小の鉢みなさんざめく

我が庵に 春の光と春の風 大小の鉢 みなさんざめく ようやく訪れた春に カレンダーにこう書き付けた日も 忘れてしまいそうなあわただしい春 気がつけばもう夏日? 三歩あるけば・・・のわたしのために ベランダの花たちを残しましょう・・・   ちょっと贅沢に  卓上で愛でる山桜 …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

この頃少し変ね どうしたのかな

この頃、ブログを書く気持ちにならない どうしてなのかな~ いや、やる気がないのはブログだけではない 人と会うのもいやになりかけている TVのニュースもいやだ この理由はわかるけど これは・・・老化と関係があるのでは・・・ うん、先日もどこかでチェックされた項目に入っていた 最近楽しいことがなにもな…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

春すぎて夏きにけらし・・・

突然の夏日・・・とぎらぎらの太陽に驚いていたら 北海道はいったいどうなったの まあ~あんなに気温が高いんだ・・・ ニュースが伝える北海道の姿 運動会練習の子どもたち 頭から水をかぶった子どもの笑顔 うま~いと水を呑む子ども いいな~みんながんばっているね ところで気がついたら 春はとっくに過ぎて…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

わすれもの 春の

春はなにもかもがうつくしい 林の下はとくにうれしい ジジのカワセミのポイントと似ている って昔だれかが言ってた そうその大町にまた行ってきました 市川のはずれ もう松戸に近いのかしら アスレチィックも動植物園もある 今度は孫を連れてこようかな ここの正式名称は大町自然観察園という …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

悲しみも癒やしてくれる野草

今回の遺産相続トラブルで 義姉が「挑戦状を叩きつけてやったわ!」と言っていると 亡き義母の妹になるおばさんから聞かされる 「やれやれ、おばさんも暇な人だ」と夫 それにしても おばさんの話を半分に聞いても 不愉快さはどこまでも残る 義母の目がいよいよ失明同然になった頃 夫の退職も近く、少し余裕も出てきたので母を…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

みずえ春の小品野草展

野草の会0歳児の ののはなが春の作品展に この会に誘ってくれた人が作った飾り棚のおかげで なんとか格好がついた が、その上に載せる作品がなくて・・・ 右手の寄せ植えは小判草 2年前、新中川の土手で「小判草かな」って 5cmくらいの芽がでた植物を家に持ち帰った 1年草なので その後どこに種が飛んだやら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春爛漫の日の決意

ベランダにも春がきた 盆栽の林の新緑に 深山の緑を描いてみる 今週末の「野草の会の春の展覧会」 とても出せそうな作品はないけれど どれもこれも春の色  キエビネが咲いた  以前  皇居でみた  黄海老根が  忘れられず  あんなふうに  黄海老根が  群生する日を  夢見よう …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

野草展をおえて

台風がやってくるという朝 みずえ野草の会の「秋の野草展」が    台風にもかかわらず  たくさんの人が  見に来てくれた  前日から  会場作りは大変だった  これじゃ絵画展の  準備の方が楽だったな・・・  入会して数ヶ月の  わたしは  精一杯気を使って  動いたが  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野草とともにむかえた秋

朝晩めっきり涼しくなりました 朝の冷涼な空気を吸うと 生き返ったような気持ちになります ベランダになんということもない カラマツソウの花がゆれてます 秋ですね  今年はじめて  吾亦紅の花が咲いた  昔  小貝川のほとりで  いただいたもの  以前の家の庭では  陽当たりがわるく  …
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

ベランダから改暦のご挨拶を

スウィート・チャリオット           謹んで改暦のご挨拶を申し上げます    みなさま    今年も    このつたないブログを    よろしくお願いします ベランダの野草たちも 身を小さく縮こめて 長い冬をしのぐ準備を 春を待ちわびて 冬芽をそっとふくらませようと どんなかなと芽を…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

日の暮れに 残り菊活けつつ 想うこと

Allow Me:Cassandra Wilson 夏の終わり頃 蕾をつけていたサラシナショウマだったのに 夏の暑さに葉焼け 蕾も枯れはじめた 秋風が吹く頃 南のベランダに移動 根本に苔を敷き乾燥をふせぐ  どうなることかと  不安がつのっていたが  晩秋になって  ようやくつぼみが…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

無機質な空間を彩る 野草の実

 マンション暮らしも数ヶ月になると  いささか空しさをおぼえる  ちょっとした時間を見つけては  里山に走って   なんと言うこともない  野草たちと秋の深まりをあじわう  痰切豆の果皮と種子の  このコントラストがすき  部屋のオブジェにとかざる  色あせもせずありがとう   …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

秋の空はオパールのように

Miles Davis : It Never Entered My Min もうずいぶん久しく 自然のなかにいなかった なにが変わったのだろうか わたしがいつも出かけていた茨城は すっかり放射能で汚染されてしまった 例年、石岡から届いていたお米も 届かなかった 誠実な方なので 春すでに自粛の知らせをうけ…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

ブログ名 HNようやく決めました 

Chick Corea, Gary Burton Native Sense   ちいさな庭に ちいさなお花たちがさいた リンドウの花 すてきな色にならんだ それだけでうれしい ヨメナ、ヤマシロギク、ゴマナは もう色あせたけれど リュウノウギクが元気いっぱいに 咲き始めた …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

秋の日

  秋の野に 花火のごとき こうやぼうき    吾国山 やまとりかぶと のこり日に    だんだんに だんだん畑 闇にとけ
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more