テーマ:音楽

絵のことだけ

碧 空 BLAUER HIMMEL アルフレッド・ハウゼ楽団 UPG‐0141 はじめて買ったレコード わたしが音楽っていいなって思ったあの日  1月からはじめた  遊彩サークル  4ヶ月目にはいります  継続は力  ここからがんばりま~す  忙しい日常の中で  ここに来たときだけ  絵のこ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

あしたなにがあるかな

 ショパン夜想曲    偏西風による暑中・豪雨お見舞い申し上げます! いろんなことがありまして いろんなことがありました あしたははれかなあめかな 子どもの日には下駄を転がした あしたがたとえどんな日になろうとも 今日は 一所懸命 生きていこう 恥ずかしながらこの年で はじめて蝉が羽化す…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

梅雨明けと同時に猛暑がやってきた

Charlie Haden - Pat Metheny - Message to a Friend 軽いまどろみのなかから意識が鮮明になって 汗びっしょりの自分をベットに発見 ここ数日の不快感は減り 洗面所でうがいをして声をだしてみる もうガラガラ声とはおさらばしたみたい 身体も軽い 洗面所にもまばゆい…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

コゲラに出会った春

Festina Lente 新緑の空気を嗅ぎたいとでかけた泉公園 あいにくのにわか雨 それでも緑はおいしかった  上がりそうにもない雨  一輪草にも出会えたし  帰ろうとしたら  コゲラに会えた  購入したばかりの  Power Spotで撮す  バックの赤で  一瞬おや? …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

春一番にスカートをはく少女の日を思う

Sonata in E Minor K. 304 あれはいくつの頃だったのだろう 北国の少女は 雪に閉ざされた長い冬 ズボンにマントスタイルだった それが・・・ ある日とうぜん春一番がふき 走って家に帰り 箪笥からスカートを引っぱり出した そんなことをふと思い出した この頃笑ったことが…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

春立ちぬとくちずさみつつも

Sonata in A Major K. 526, II. Andante 冷たい霙まじりの雨の日 身体が縮こまり なにもしたくない コーヒーを煎れたカップも 手の中でもう冷えている ベランダをぼっとながめている そこへ ひよどりがつがいでやってきた ここ数日 玄関に飾っておいた ノ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ベランダから改暦のご挨拶を

スウィート・チャリオット           謹んで改暦のご挨拶を申し上げます    みなさま    今年も    このつたないブログを    よろしくお願いします ベランダの野草たちも 身を小さく縮こめて 長い冬をしのぐ準備を 春を待ちわびて 冬芽をそっとふくらませようと どんなかなと芽を…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

ヤンキー政党を支持する社会

Italian Concerto - Adagio:Glenn Gould  おもしろいオピニオンを読んだ  -*ヤンキー社会の拡大を映す*-  という精神科医 斎藤環さんの考えだ 自民党は右傾化というより ヤンキー化しているのではないか 保守政党ではなくヤンキー政党と考えた方が いろん…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ちいさないのり

荒野のはてに  I wish you      a Merry Christmas!  I heartily send all good   Christmas wishes to you    and your family.  今年はサルトリイバラの実もなく  リースのないクリスマスに…
トラックバック:3
コメント:23

続きを読むread more

日の暮れに 残り菊活けつつ 想うこと

Allow Me:Cassandra Wilson 夏の終わり頃 蕾をつけていたサラシナショウマだったのに 夏の暑さに葉焼け 蕾も枯れはじめた 秋風が吹く頃 南のベランダに移動 根本に苔を敷き乾燥をふせぐ  どうなることかと  不安がつのっていたが  晩秋になって  ようやくつぼみが…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

気持ちを切り替えて 水鳥とたわむれ

寒中お見舞い申し上げます。  去年はいろんなことがありました。3月11日の大震災、そして地震や津波による福島原発の大事故。自然を侮らず、謙虚に想定して生きていかねばと思い知らされました。どんな状況でも人は人とのつながりを求め、人との関わりなしには生きていけないということ。子どもを抱きしめる親子の姿が今もまぶたの裏に残ります。もう残され…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

すてきな夜を

I wish you   a Merry Christmas! I heartily send all good   Christmas wishes to you and       your family. イブの夜に 「34丁目の奇跡」を贈ります 映画で有名かもしれませんが やはり本が一番 …
トラックバック:3
コメント:29

続きを読むread more

NHK フクシマ原発大事故 検証

今夜、NHKスペシャルを見た  シリーズ原発危機 メルトダウン ~福島第一原発 あのとき何が~ 全電源を喪失した場合 緊急冷却装置の非常用復水器が 唯一の命綱になるはずだったのに・・・ 今回のフクシマ原発事故では 現場の人間も管理職も その装置の扱いを知らなかったという …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

戦争の落としもの ~炎の秘密~

Kyrie : MUNGANO NATIONAL CHOIR KENYA 「炎の秘密」という一冊の本がある 早く図書室に本を返さなければと思いながら 手離せずにいる この現実を忘れたくないから 勇気ある少女と別れたくないから 表紙の裏に書かれた文章 ...アフリカの美しい小さな国モザンビーク。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ふるさとのやま ふるさとのかわ

ゲド戦記より ふるさとの山 ふるさとの川 ふたたび会えた 今なお 放射能の壁に 阻まれた地に 思いを寄せる 人々をおもう 母のふるさとをフクシマにもつ孫は 「いいな~こんな田んぼ」 「フクシマにはもう米のつくれる田んぼはないのよ」 と顔をくもらせる 放射能に汚染された この現実を生きて行かざる…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

あの頃に・・・まだ間に合うのなら

Festina Lente 朝のひかりにめざめ 緑のカーテンに 水をやる 霧のような水をまく そのあとに ふきわたる涼風 なにもかも 消してしまいたい 今日も夏日 まぶしいひかりに そっと目をほそめる 今日もニュ-スは 「放射能に汚染された牛肉が市場に出回った」と …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

死者を悼み 今日をいきる

Festina Lente ◇◆飛鳥さんからの緊急連絡◆◇ 内閣府原子力委員会より<国民の意見募集のHP> がたちあがりました うまく言えないと思わず、 コメントされた言葉をそのままコピーして 届けられてもいいかと思います 数が大切なのだと思います 貴重なわたしたちの意見が言えるチャンスと考えます 飛鳥さんあり…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ちょっといい話

Yo-Yo Ma:Suite No.1 BWV1007 4 いくつもの峠を越えてきた この山の向こうが目指すところ 右手が駿河湾、左手が相模湾 ここは半島がいちばんくびれた所だ 箱根あたりから東名高速道路はふかい霧 まるでわたし自身の心のなかを覗いているようだ  母は緩和ケア病棟に  …
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

成長とは分離の過程

田中眞紀子:冬の眠りの夢 なぜ 世界が変わってしまったの 昔はあたしだけのママだったのに なぜママはbabyが泣くとすぐだっこするの babyが泣くとみんなbabyに夢中 あたしのおしりふきをとっていく はやの~っておしりふきを取り返した そしたらパパは「それはパパの」って わたしの手からとりあげ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

干潟の学校

Jan Garbarek, The Hilliard Ensemble:Parce mihi domine 鳥は魚をえさにする。 その排泄物はオアシスの源となり そこで人間は生きることができる - つぎの溶岩流がすべてを窒息させるまで 冬の日はなぜか干潟にいる 水鳥たちが渡ってきているから 広い海を前に…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

さやの涙

平原綾香: BAMBINA Rien qu'un petit espace Une toute, toute petite trace Un petit mal qui reste en moi Tout c'que tu détestes Je prends ma petite place D'un …
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

おゆるしください 昔の名前に戻ります

Glenn Gould  Brahms_Intermezzo 三番瀬に日が落ちる 金色の光のなかで 水にうつる鳥たちの影も金色 あたらしい命がうまれました これで孫が三人になります 小鳥たちのにぎやかな囀りに開けた窓 外はほんのり雪化粧 あの朝のように 心のなかがしーんとして しだいに…
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

反町閘門橋を偲ぶ

Glenn Gould:Piano Sonata No.13 in B-flat major, K.333 - Allegro 茨城県自然博物館へは生徒の引率で何度も行った たいていは館内を見学 ある学年のとき 記念撮影をしたあと自然観察園に生徒を解放した 高台の観察園から見下ろすと なんとそこは…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

よいお年を・・・

GLENN GOULD :Little bach book 今年も余すところあと数時間 今年は暮れに急遽ブログを新しくし みなさまにはたくさんご心配・ご迷惑をおかけしました しかしこんなにたくさんの方に訪れていただき コメントもたくさんいただき ほんとうにうれしいです そこで駆け込み2010年最後の…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

Merry Christmas!  I wish you a merry Christmas!

スージー・ボガス:まきびと羊を Merry Christmas! I wish you a merry Christmas! ベツレヘムの星が輝いて 孫のちいさな手がのびる もうすぐあたらしい命もうまれる 今日はゆりかごを買いに行こう 今年は双子座流星群も 皆既月食も見逃したけれど すべて…
トラックバック:3
コメント:23

続きを読むread more

秋にうたう詩

メロディ グルック Chanson d'automne                 Paul Verlaine Les sanglots longs Des violons  De l'automne Blessent mon coeur D'une langueur  Monotone. Tout…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more