テーマ:悔い

こうして生きざるをえなかったことを理解してもらいたくて

 春はいつも足早に  ひとの哀しみも  くるしみも知らん顔  そっとやってきては  足早にすぎてゆく 連れ添えなかった哀しみも 連れ添え得ないくるしみも なんでもなかったように すぎていく  こころのすれちがいが  何十年たっても同じままに  永遠に交わりあえぬ平行線さながらに  いい…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more