戦争の落としもの ~炎の秘密~




Kyrie : MUNGANO NATIONAL CHOIR KENYA

画像



「炎の秘密」という一冊の本がある
早く図書室に本を返さなければと思いながら
手離せずにいる
この現実を忘れたくないから
勇気ある少女と別れたくないから


表紙の裏に書かれた文章
...アフリカの美しい小さな国モザンビーク。
打ち続く内戦で、家を焼かれ、父を殺されたソフィアは
ようやくたどりついた村で「地雷」を踏み、
最愛の姉マリアは死に、じぶんも両足をもぎとられる。
耐えがたい痛み、家族と引き離される孤独、絶望…。
だが、ソフィアはどん底のなかでも勇気を失わず、
見えない両足でアフリカの大地にすっくと立ちあがるのだった。
12歳の実在の少女ソフィアに起こった、
そして今も世界中で起こりつつある地雷の悲劇を描いた
現実の物語(ノンフィクション)。


著者:ヘニング・マンケル(Mankell・Henning)
 1948年生まれ。現代スウェーデンを代表する人気作家。
児童向けから大人ものの推理小説まで幅広い作品を発表。
’80年代半ばからモザンビークの劇団の支援を始める。
『少年のはるかな海』(偕成社)でニルス・ホルゲソン賞、
ドイツ青少年文学賞、『炎の秘密』刊行の翌’96年、
児童文学における活動全般に対して
アストリッド・リンドグレーン賞を受賞。
モザンビーク在住

翻訳:オスターグレン 晴子  
 1958年生まれ。
上智大学大学院中退後、旧西ドイツとスウェーデンに留学。
帰国後、新聞社勤務を経て、フリーランスの通訳・翻訳業。
’97年よりストックホルム在住・・・・


画像


本の表紙絵や題名がちょっと気に入らなかったけれど
読んでみようという気になったのは
こういうヘニング・マンケルさんの経歴もあった

なによりこうした重いテーマがノンフィクションとして
子ども向けにどういう形になるのか知りたかった

時々いろんな手紙が届いて
気まぐれに募金しているわたし
せめてもの罪滅ぼしのつもりなのかな
しかしほんとうのことを知っているのか
と自分を責める気持ちもあった


フクシマ原発事故以来世界は変わってしまった
もう前のように楽観的ではいられない

今まで知らなかった世界を知りたいという希求は
そんなところから生まれているのかもしれない


地雷の恐怖をこうした形で知ったこと
悲しいことだけれどこれが現実で

現在、世界中に約7000万個の地雷が埋められ
1億6000万個もの地雷が
オタワ条約を批准していない国々が保有

日に約10人以上が世界のどこかで
地雷によって無残に殺されたり
手足を吹き飛ばされたりしている


これは放射能に汚染された世界を
これから何十年と生きて行かざる得ない
人々と較べることはできないけれど・・・




ソフィアは走っている
夜の中を

暗い
それにとても怖い
なぜ走っているのか
なぜこんなに怖いのか
そしていったいどこへ走っていくのか・・・


こうして物語は悪夢にさいなまれるソフィアからはじまる
内戦の犠牲になってふるさとを追われた
姉のマリアとソフィアの家族は
ようやく落ち着ける村にたどり着いた

しかし遊びに夢中になっていたソフィア
ソフィアが踏んだ地雷が破裂して
姉のマリアの命を奪った
ソフィアは生きのびたが両足を失った
いったいどうやって生きていくのだろうか・・・




1983年生まれの12歳の少女ソフィア
著者マンケルさんが車いすにのった
ソフィアに会ったのはマプトの病院

手足を失った多くの子どもたちのなかで
ソフィアは話しかけずにはいられない
特別な雰囲気があった
それ以来
ソフィアは大切な友人のひとりになった
とマンケルさんは語る



児童文学としてもとてもすばらしい構成
義足と松葉杖で生きていくソフィアと一緒に
泣いたりわらったりした日々
わたしにもすばらしい友だちができた



Kevin Carter 報道写真家


地雷~Land mine~
地雷の歴史


ハーモニーさんが歌われたという「地雷ではなく花をください」
ただし、これは四街道少年少女合唱団のものです

こちら[難民を助ける会]では「地雷ではなく花をください」の本や署名や募金ができます
ハーモニーさんありがとう!

はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年11月19日 23:51
私はいままで児童文学をあまり読んでこなかったので、ののはなさんの記事から目を開かれています。
「家なき鳥」とラビンドラナール タゴールの詩集を今日藤野のちいさな図書館に行って他から取り寄せてもらうようにお願いしてきました。
来週には読み始められそうです~♪
ありがとう!
2011年11月21日 12:45
合唱曲に「地雷ではなく花をください」という歌があります。
我が合唱団、随分前に歌ったことがあるのですが、その歌詞の中に「戦争は望まない 地雷ではなく花をください」という詩があります。
歌を歌った当時はメディアでも地雷のことが多く取りだたされていましたが、今はちょっと下火になっていますね。
その時にも1億個以上の地雷があると聞いていましたが、実際はそれ以上なんですね。
たしか曲と同じタイトルで絵本も出ていたような気がします。

どのような形にせよ、悲惨な出来事は回避したいものですね。
2011年11月21日 23:46
こわい話ですね。

地雷がいまも地に埋まっていて、人びとを殺傷しています。
どこに埋まっているのか、埋めた側も分からないほど多方面に地雷があり、危険で歩くこともできない地帯もあるとか。
儲かるのは死の商人。鳥肌の立つ話です。
2011年11月22日 21:40
地雷がたくさん残っていることは知っていましたが、こんなにもあるとは!
いかに自分が無知だったかを痛感しています。
私のところの隣の市の四街道少年少女合唱団が、「地雷ではなく花をください」をうたっているのですね。

いつも警鐘を発し、情報を発信しているののはなさんに、敬意を表します。
2011年11月23日 14:48
地雷なんてもの・武器を作った国が許せない。
何と愚かな事だろうと~~私は思い続けて居ます。
その一番デカイ国がアメリカ。
世界には武器を作って儲けて居る国が沢山あります。
日本も・・・少し作って居ますよ。馬鹿ですねぇ~。
作る国が有るかと思えば、それを必死に廃棄しようと努力している国もある。
両方が現実。
現実を知れば知るほど・・・人間の愚かさが見えて来ます。
2011年11月23日 22:39
人間って賢さのあまり罪なことをします。
欲望、野望、留まるところを知らない。
人間の業でしょうか。
見えない恐怖、隠される事実、破壊へと
突き進んでいるような気がして…。
恒久平和など望むべくもないように思われますが、
それでも生きていくしかありません。
生きる望みを捨てないソフィアの勇気をいただきながら…

ののはな
2011年11月24日 23:30
♡。komichiさん゚。♡
藤野のちいさな図書館で取り寄せてもらえるのですね。それはいいですね。わたしの今度引っ越すところは図書館の近くなので、公立の図書館があるってほんとにいいです。とくにこうした児童書は本屋さんに行っても手に入らないのでうれしいですよね。komichiさんに合うのかわかりませんが、わたしは児童書向きの人のようです。
ののはな
2011年11月24日 23:36
♡。ハーモニーさん゚。♡
「地雷ではなく花をください」の絵本は「野の花図書室」に入れてありましたが、歌の方は知りませんでした。教えてくださってありがとう。歌で広めらっれるってすばらしいことですね。地雷はほんとうに罪なものですね。安上がりってことでたくさん使用された物らしいですが、無差別爆弾と同じですね。義足のことでTVでは時々取り上げていますが、世界中の武器商人がこれで金儲けしていることは・・・あまり記事にならないですね。
ののはな
2011年11月24日 23:39
♡。minocさん゚。♡
戦争が終わっても地雷がある限り戦争は終わっていない。いつどこにあるかもわからない。そしてある日突然悲劇が・・・許せないですね。こんな非人道的な兵器を今も作り続けているなんて
2011年12月05日 20:50
ののはなさん、こんばんは♪
すっかり忘れられた魔女ですが、冬眠から覚めたような気分です
やっとカメラをもつ気分になり、今はあれこれ撮りたいものに溢れています

3,11以降、涙脆さに拍車がかかり、現実の世界の醜さ、弱いものに容赦ない残酷なまでの仕打ち。人が人を傷つける道具を経済の餌食にしてしまう世界。なんだか立ち直れないほどの恐怖を味わって、何もかも放り出して、見ない、聞かないに徹した4ヶ月間でした。
上手に言えないのですが、世界には残酷すぎることがいっぱい。
地雷にしても、子どもを戦場で闘わせるために、麻薬で戦士に仕立て上げるなど。。少しずつ世の中の構造のおかしさに気ずき、ならばどーしたらいいのだろう。。ののはなさんのように、まずは真実を知り、恐怖や、悲しみを知って
自分のできることに手を差し出してみる
こんなことを真剣に考え始めています
貴重なお話や、文献のご提示にいつも感心させられています
ののはな
2011年12月07日 12:11
♡。カンツォーネさん゚。♡
わたしも義足のことをTVで見て知っていても、こうしてひとりの少女の物語として身近に感じることがありませんでした。ノンフィクションといえども児童文学になると、ほんとうに子どもの心情を通して現実が見えてきます。最後の展開が早いので文学としての価値を落としているのではと思う方もいらっしゃるようですが、なかなかいい本でした。そうですね。四街道ってカンツォーネさんのすぐお近くですね。すばらしい指導者のいる学校なのでしょうね。こんなふうに子どものやわらかい感性に訴えていくっていいことですね。
ののはな
2011年12月07日 12:18
♡。ハイジママさん゚。♡
コメントありがとう!ここへの書き込みがなんだかうまくできないのはわたしのPCの問題かしら。それでコメントへのお礼が遅れました。安上がりで敵に効果的な地雷。しかし無差別爆弾ですよね。幼い子どもたちは足だけでなく、命そのものを瞬時に奪われている。とはいえ死を免れて一生を足を奪われて生きるのも大変なことです。戦争を心から憎みたいです。しかもそういった武器を売って儲けている人々が・・・。日本のある企業が一時期輸出していましたね。今はどうなのでしょうか。企業名を調べて告発したいですね。今度調べておきますね。原発でこんな恐ろしいことになっているのに、その日本は海外に原発を輸出。これと同じか・・・民主党の議員に反対するよう行ってきたという友人の話を先日聞きましたが、別の人で膨張した人からの話では民主党のまさにその人も賛成したそうです。怒りが・・・経済を優先しなければ生き延びれないって言って・・・ほんとうはどうなのか・・・
ののはな
2011年12月07日 12:23
♡。涼さん゚。♡
現実は知れば知るほどおどろおどろしい。しかし目をつむっていては夜は明けない。この哀しみを共有することが大切なのかもしれませんね。公園で線量計を測りながら子どもを遊ばせているお母さんに会いました。その気持ちとってもわかるから、「絶対値ではなく、相対的な値として測って少しでも安全な空間で過ごさせたいですね。」って話したら同感されていました。わたしも孫を連れて生きて行かざるをえなくてつらいですが、いつか孫にもこうした現実をみんなが生きているって教えたいです。
ののはな
2011年12月07日 12:30
♡。コケ魔女さん゚。♡
お元気でよかった。わたしももうブログ書けなくなるのでは・・・という恐怖を感じるこの4ヶ月でしたが、ようやく自然のなかで自分が取り戻せたようです。身体はもうぼろぼろですが。コケ魔女さんはいい休眠でしたね。また楽しみにさせてくださいね。今年の紅葉はいまいちでしたが、新宿御苑はやはり見事でしたね。わたしはすっかり見逃しました。
ほんと現実はむごすぎます。わたしもいろんな問題を知ってはそのあまり目を閉じ、口を閉ざして・・・ある友人からは「君にとってそういう社会問題って一般教養なの」って嫌みを言われたことがあります。でもつらくて心がダメになりそうな時ってありますよね。わたしは今こうして児童文学でそっと発信するのが精一杯。オブラートに包んでわたしの弱い心にはそれでも・・・世田谷区の給食の牛乳からセシウムが・・・どこの業者か教えて欲しいですね。無理なさらずお元気でね・・・

この記事へのトラックバック