静かにすべる時にひたって




Brandenburg Concerto; Aria


画像


足尾山にいく
静かに滑る時にひたり
すこし自分をとりもどす


3.11以降
ものすごい精神の変容に
わたし自身が
気づかなかった

母を失って
まだ立ち直れないのだろう
と思っていた

それだけではなかった

コケ魔女さんの言葉に
はっとした
わたしもよと言いたい
自分をみた



画像
 秋の日に
 静かに
 サルトリイバラの実が
 照らされていた

 もうすぐクリスマス
 なんだね

 去年は
 すっかり
 物言わぬ人になって
 大きなミルク呑み人形
 になった母がまだいた



あの頃は友もいた
もうあの人もいない

お父様を亡くされて
ひとりになって
あの人は那須に行った
いまは便りもない

画像



画像

山陰に
蔓梅もどき
咲く小道


画像

名も知らず
その玉をつくづくに
ただめでる
画像







秋の雲
  どこまでいくのと
        声をかける


画像


秋の日は 釣瓶落としか  
追われるごとく 山を降りる







「たくみ よしみつ」さんを紹介します
異色の作家がつづるフクシマの実態
阿武隈(30Km圏内生活)裏日記
 
 

アンガジェ
               たくき よしみつ

星を求める蛾の願い
朝を求める夜の願い
人の世の哀しみの地表から捧げる
遠く遥かなるものへの祈り

        (P.B.Shelly, "To ─")

∴∵~°⌒°⌒.・⌒ ・.~∵∴


この世はすべてが二重構造になっている。
表と裏。
見えるものと見えないもの。
正と負。

この世界を「表」とするなら、「表」の住民である人間には、裏の世界は見えない。

片方だけしか見えないから、人は心の中に、どうしても満たされぬ何かを感じる。
十八世紀の詩人シェリーは、その穴を埋める光を求めて夜空を見上げた。
しかし、夜空とて、「見える世界」の延長上に存在している現実にすぎない。
闇を埋めるものは、星の光ではない。

見えない世界、闇の世界にこそ、求める光がある。
そう気づいたとき、人は視線を天から地へと移す。
そしてようやく、自分の心の奥の世界へと戻ってくる。

……光?
もちろんそれは喩えだ。必ずしも明るく輝いているということではない。
その光は、実は闇よりも濃い黒衣をまとい、井戸の中の水蒸気のようにひっそりと
身を潜めているのかもしれない。
真の闇の世界へ通じる入口は、簡単には見つけられない。

心の中には、いくつもの井戸がある。
人は自分の心の中に暗い井戸の入口を見つけ、中を覗き込む。
浅い井戸の底に見えている水面は、かすかに光を反射している。
少し工夫すれば、水面をかき回すこともできるし、水を汲むこともできる。
でも、手に入れた瞬間、それは求めていた光ではなくなってしまう。

時折、底が見えない深い井戸に出くわすことがある。
暗く静かな井戸は、覗いても、その闇の先に求める水があるのかどうかは分からない。

「じゃあ、石を投げ入れてみればいいわ。水があるなら音がするでしょう?」
彼女が言った。

でも、その音が耳に届かないくらい深い井戸だったら?

「そんな深い井戸なんて、あるわけないわ」

そうかな。石を投げ入れたくらいでは答えを返してくれないような深い井戸だからこそ、
その奥に眠るものに触れたくなるんじゃないかな?

「どうぞご自由に。あなたが本当にその闇の先を見極めたいのなら、
言葉を重ねている前に行動すれば? 地球の裏側にまで届くようなロープを捜してくるとかして」

でも、そんなロープを見つけた人間なんて、多分、いまだかつて一人もいないに違いない。





画像











はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年12月07日 12:35
「3,11以降、涙脆さに拍車がかかり、現実の世界の醜さ、弱いものに容赦ない残酷なまでの仕打ち。人が人を傷つける道具を経済の餌食にしてしまう世界。なんだか立ち直れないほどの恐怖を味わって、何もかも放り出して、見ない、聞かないに徹した4ヶ月間でした」。なるほど。僕は逆に、3.11以後、「この事態はなぜ警告されていたのに見過ごされたのか」を明らかにすることに没頭した。主に東日本大震災を引き起こした巨大地震が、1100年前の大地震津波の痕跡をもとに予測されていたのに、国としての防災対策に生かされなかったわけについて。これについては「論説」を5月にサイト上に書いた。そしてこれを乗り越えるために「災害ユートピア」を読んでその書評も載せた。「ショック・ドクトリン」は購入してまだ読んでいないが。また、まだ書いてないが、チェルノブイリ事故の時に読んだ本を棚から取り出して再読し、これ以外にも原発について幾つも本を読んだ。そして自分の住んでいる地域も放射能汚染されていることに気付いて測定器を購入して実態を調べこれもサイトに載せた。「何が起きているのか。これだけでもはっきりさせておきたい」という想いで。同じ想いで動き、社会に鋭い警告を発している人たちをネット上で見つけ、すべてリンクした。高齢の母を抱え動けない自分にできることは、こんなことだと最初から腹をくくった。おかげで、歴史教科書批判は江戸末期のところで止まってしまい、かろうじて明治の曽祖父の事跡の研究だけはなんとか前に進めた。3.11に振り回された9ヶ月でした。新年からは歴史教科書批判を進め五冊目を出そうと考えています。
2011年12月07日 13:46
こんにちは。
お元気のご様子、安心しました。

いろいろとご心労が重なり大変でしたが、どうぞ健康にご留意のうえ、楽しい記事を今後とも見せてくださいますように!
2011年12月07日 16:07
福島原発のセシウム137放出量は原爆168個分!

福島から放出されたセシウムは1万5000テラベクレル(テラは1兆)。

広島型原爆は89テラベクレルだったので、福島は広島原爆168.5個分ということになる。WSJの記事なので信憑性が高い。と、Twitterの記事に有りました。

私も数字に弱いので何度聞いても忘れます。 

2011年12月08日 07:55
この世界を陰と陽、光と影に分けて考えたのも「人間」の知恵や哲学から生まれたものでしょう。17年前の震災の後、私達の中で流れている現実というものなども、大きく覆す別の世界の(私なりの目に見えない)存在があることを、漠然と認識し、今はそれをテーマに作品にしたいと思っていますが、私にはこのテーマ大きすぎて、キャンバスの前で考え込んでいる時間のほうが長いのですが・・・。ののはなさん、たまに静かに流れる時に身を任せることも大事なことですね・・・。
ののはな
2011年12月08日 23:13
♡。コアラさん゚。♡
PCのこのコメント欄への書き込み、とても調子が悪いのです。それはわたしのPCの問題なのでしょうね。で、ついついお礼が遅れます。
>「この事態はなぜ警告されていたのに見過ごされたのか」
>を明らかにすることに没頭した
コアラさんの健全な精神はこの方向にご自分を向かわせたのですね。わたしも頭ではそうすべきだとわかっていましたが、なぜか精神がどんどんひ弱になって無気力になり、考えていることをまとめたり検証しなければと思っているうちになにかにどんどん流されていく自分がいました。
>巨大地震が、1100年前の大地震津波の痕跡をもとに予測されていたのに、
>国としての防災対策に生かされなかったわけについて
ほんとうに腹立たしいですね。
コアラさんからメールをいただいて、その熱意に動かされて・・・わたしも少しづつ元気を取り戻していました。きっと母が亡くなってからの義母の世話がきつかったのだと思います。この秋はもう忘れていた持病の痛みで苦しんでいます。
それと毎月富山へいっているのも応えたのかな・・・。まあご心配おかけしました。またいろんなこと発信していこうと思います。理論的な文章を書くのは苦手なので、散文しか書き散らせそうにありませんが。コアラさんのお母様、お元気かしらと時々思いをはせています。えらいです。ご家族を支えながらもご自分にできることをきちんとなさって。
しばらくPCを開ける暇もない生活でしたが、もうすぐ冬休み。ほっとします。またHPにおじゃまさせてくださいね。生き方を曲げるわけにはいかないので、これからもいろいろ心にたまったことを書き散らしてネット空間に戯言を流していくのかな。
ののはな
2011年12月08日 23:17
♡。minocさん゚。♡
ご心配おかけしています。PCの状態も悪いのです。今生活を変えようといろいろ考えていることがあります。今度こそ真剣にどこかで水彩画を習いたいと思っています。なかなかいい先生に巡り会えないのです。
ののはな
2011年12月08日 23:20
♡。ハイジママさん゚。♡
ハイジママさん、ありがとう!すぐこうやって調べたデーターを送って下さる方がいることがすごくうれしいです。 フクシマはヒロシマの原爆168.5個分ですね。すごい量の放射能がまき散らされたのですね。昨日、千葉の市川市に行きましたが、すごい値です。0.43μs/hありましたよ。これってすごく恐ろしい数字なのですが・・・・きっとわたしはここで怒らなければ精神がダメになるのだと思います。
ののはな
2011年12月08日 23:25
♡。m'sgardenさん゚。♡
>17年前の震災の後、私達の中で流れている現実というものなども、
>大きく覆す別の世界の(私なりの目に見えない)存在があることを、
>漠然と認識し、今はそれをテーマに作品にしたいと思っていますが
。。。そうでしたか。たしかに・・・・わたしもほんの少し絵を描いていたとき、真剣に何を描くべきなのか、なぜ描くのかと自分に問いかけていたように思います。m'sgardenさんの作品にはただうつくしいだけではない何かがあると思って惹かれていましたが、そういう葛藤があるのですね。
ののはな
2011年12月08日 23:36
♡。komichiさん゚。♡
妹さんのことを知ってもう言葉を失いました。人にとって家の中で一番危険な場所はお風呂場。わたしも何人もの人の死がお風呂場で・・・しかもひとり暮らしの方に・・・と聞いていますが。それが妹さんの身に起こるとは。。。
komichiさんどんなにかショックだったのではないでしょうか。心からお悔やみ申し上げます。いつか心も遺品も整理できて、インドへ旅立たれるといいですね。ヨガは心の安寧にいいですね。わたしも今年の大震災以来、精神のバランスを崩しております。しかし平然と過ごしている人の方が寧ろ少ないのではという気もします。ある友人は「こんな悪い年はなかった」と。震災以来どうもすぐれないという人も多いです。夏になったら一緒に佐久に行こうと誘ってくれる人もいて。人との関わりが大切だと気づいたって、その方は。
komichiさんも、お身体大切にしてくださいね。お会いできる日を楽しみにしております。コメントはご希望通りに削除しますね。
2011年12月09日 22:29
ののはなさんのお心遣いありがとうございました。
今年は2月に新しい命の誕生を喜び、3月に震災で体の芯が冷えてゆくような感覚を味わいました。今もそれが消えないうちに妹のこと・・・なんという年でしょう。
震災ですべての日常も家族も一瞬で失った方のことを想うと、言葉もありません。
ご心配ありがとう。。
おのはなさんも風邪などひきませんように。。
ののはな
2011年12月09日 22:49
♡。komichiさん゚。♡
そうですね。震災前のことが思い出せないほどの衝撃でしたね。
2月にはお互いに新しい命の誕生を喜んでいたのでしたね。
それが・・・今も悔やまれるのは自分の甘さです。

いよいよ明日から東京でも「原発の賛否を問う署名活動」がはじまります。新聞では渋谷駅前でとありましたが、行けない人はどこで署名するのかしら。

komichiさん、心の傷が癒えるにはやはり時が必要ですね。それと休養と栄養かしら。komichiさんのお家の周りのすてきな環境でも癒せないほどの大きな痛みをもつkomichiさんに、神よ!安らかな日々を与えてください。
アージェ
2011年12月11日 09:19
お久さしぶりです。光と影の文章と内容の深さに感銘を受けました。物事は、単純な世界では無いですよね。オーバーアンダーチブな人達には、アンダーアーチブドの人の事がわかっていない事が多い。自分の世界がどうなることか、わかっていないのに。ではまた。
2011年12月11日 09:41
お早うございます
ブログを暫く見ていなかったので、お母様が逝ってしまわれたことを知りました。ご愁傷様でした。
人である限り避けられない命。
生きている間こそ、たおやかで、優しさに溢れて生きたい。。
これほど命そのものを考えた年はありません
ののはなさんの優しさに触れながら、沢山のことを学ばせていただいています
後わずかで今年がおわります。風邪など惹かれませんように。。
ののはな
2011年12月13日 00:19
♡。アージェさん゚。♡
ほんとうにおひさしぶり!ようこそいらしてくださって。
コメントもうれしいです。そうなんですね。いろんな思いになります。
この秋はほんとうに落ち込んでいましたね。なにもかもに絶望しきっていた。
自然がうつくしくなかったせいかな・・・
今年の紅葉はいまいちでしたね。やっとうちの庭のニシキギもなんとか賑わいを魅せています。
植物にも表と裏がありますが、どちらも必要です。

ののはな
2011年12月14日 19:24
♡。コケ魔女さん゚。♡
そうなんですよね。母は逝ってしまった。しばらくは気力も落ちて母の部屋に入っては涙していました。これじゃいけないって思いはじめたのが秋かな。義母のことも一段落して(夏の間、新宿や豊島、練馬の病院や老健を転々としていた義母をこちらの近くの病院に連れてきました。姉はお母さんを返して!って叫んでおりますが・・・)、これからが長くなりそうだと考え、今を充実させなければと。そこで生活をシンプルにするために、マンションに引っ越して生活規模を半分にすることにしました。で、秋から毎日片付けに。もう年なので一気にやることができないので、今夜はここだけって風に片付けています。母の物は何段階にもわけて整理しました。書き散らした物はいまだ手がつけられないので、箱に入れたまま、わたしの本棚に押し込みました。絵の道具もスケッチブックも一緒にして、これでわたしもまたいつの日か時間ができたら水彩画でも描けるように・・・と。
 そんなこんなでわたしもときどきコケ魔女さんのブログを覗いてみたりして・・気にしていました。でもお元気になられてよかった。わたしは未だに原発のことはすっきりしたわけではありません。現実にわたしの周辺はすごく汚染されています。昨日、ご近所の友人宅で雨樋の下が、なんと4μs/hもあることがわかりました。そこの御主人さすがに狼狽なさってますよね。あちこちにホットスポットがあるって言われていても、区報で発表の10倍ですものね。
いろんなことに決定的に「こうするのがいい」ということは言えないのでもどかしいです。とにかくつらくても知ることが一番大切と思っています。わたしたちは何十年、自民党一党独裁の時代にすっかり目隠しされ、ネオナチ時代をむかえていたのですからね。 コケ魔女さんもいい年の瀬でありますように。

この記事へのトラックバック