政治的に放射能のせいだ、せいでないと断言することの怖さ


わたしのなかでももやもやしている「美味しんぼ」問題
みなさんから寄せられた意見で
ますますわからなくなっているののはな
この動画を見てもらえますか
わたしにはとても納得できるお話でした



概要一部
・・・ 放射線被ばくによる健康影響について、世界の被ばく地で多様な意見があるなかで、「鼻血は被ばくの影響」「福島を広域に除染して人が住めるようにするなんてできない」などと、登場人物が述べた個人の意見に対して、菅官房長官は会見で「被ばくと鼻血には因果関係がないと専門家の評価で明らか」と明確に否定する政府見解を示した。
 このことにより、今後、福島県民の間からは、「鼻血が出た」「疲れやすい」など何らかの自覚症状を放射能と関連づけて考えたり、疑ったり、個人の意見として発表したりすることへの心理的な圧力がかかり、自由な発言が妨げられるとの声が出ている。本来であれば、放射能で汚染された地域の場合、人々の自覚症状に対してより敏感に、そして医療従事者はより慎重に対応すべきであり、多様な医学的意見を考慮しながら対応されるべきだ;が、実態はそうはなっていない。これは今後の報道、出版、表現活動の自由へも影響する恐れがある。
 政府や自治体が抗議した部分は、健康・被ばく予防と避難者支援、除染に関わる内容であり、いずれも後手に回っている政策だ。それらの政策の充実なしに、福島の人々が抱いている政策の遅れに対する不安や不満、そして個人個人の身体異常の自覚症状を、「美味しんぼ」の「風評被害」「デマ」へとすり替え、不満のガス抜きに使ってはいないだろうか。
 また、今回の美味しんぼ騒動は、マスコミの自作自演の要素があったことは否めない。福島県内の複数のホテルが、マスコミから「キャンセルは出ていないか」と連日問い合わせを受け、1件でもキャンセルがあったことを伝えると、あたかもそれが美味しんぼの影響であったかのように報じられたと言う。
 今回の「美味しんぼ問題」について、医療ジャーナリストの藍原寛子氏が福島から報告する。・・・



この動画で・・・
福島の人たちは漫画を読んで知ったと言うより
県知事が抗議したとマスコミが報道してはじめて知った
その後のマスコミの動きがおかしいと感じている

マスコミからの「風評被害の事実がないか」という調査が頻繁に入り
宿泊施設のキャンセル2件に対して「美味しんぼの影響か」と報道

今、福島の人は原発の被害者意識がつよい
誹謗中傷するものを「悪」としがち
しかし実際、鼻血を出した経験のある人たちは当然と受け止めている

福島の人は実際、被害者なので
もっと自分たちにきちんと健康の調査をしてもらいたい
そういう不満・不安がある
そういう気持ちを行政はすり替えているように思う

また漫画でこういう表現があったからと
これだけ問題になるのだとしたら
福島の人たちは今以上に萎縮してしまうのではないか

政治家までが、漫画ごときにあんなに反応して
根拠のない偏見だとか、間違った情報だとか
大臣があんなことを言えば
「不安に対してなにか言えば袋だたきになる」ということを意味する

福島の住民から見れば、大臣も外の偉い人で
不安を持っている人が、偉い大臣のあのような発言に安心できるはずがない



うんうんと・・・聞いている
時間のあるときにじっくり聞いてみてください
この美味しんぼ問題はなにが問題なのか
わかるのではないかと思いますが


そこにコアラさんからいただいたコメント
早速訪問しました
その通りだと思います
そこで転載しようと考えました


まずは
福島の子どもたちを守法律家ネットワークが
今回の「美味しんぼ」問題の議論の前提として
双葉町における鼻血等の多発の有無に関するデータが必要といい
「平成25年9月に双葉町が町民に公表した調査報告書」を載せているHPを転載しました。

次に
その調査結果の一部、要約を載せました。

最後に、弁護士の河﨑 健一郎氏の意見を

画像





福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク

[双葉町等での疫学調査の「報告書」について]     2014年5月20日

 双葉町では、事故から約1年半が経過した平成24年11月に、鼻血等の症状または疾病罹患の多発の有無等について調査が行われています。

 この調査は、過去の公害・薬害事件の経験を踏まえ、将来的に放射線被ばくと疾病との因果関係が問題になることが予想されることから、SAFLANが提案・コーディネイトを行い、疫学研究の第一人者である岡山大学の津田敏秀教授、頼藤貴志准教授らのグループが主体となって、双葉町等が参加して行ったものです。

 いわゆる美味しんぼ問題をめぐっては、因果関係や風評被害の有無等について様々な議論がなされていますが、その議論の前提として、まずは当該地域における鼻血等の多発の有無に関する具体的なデータが必要だと考えます。

そこで、平成25年9月に双葉町が町民に公表した調査報告書を下記よりダウンロードできるようにしました。

本調査結果が事実に基づいた議論の一助になることを願っております。

■報告書
低レベル放射線曝露と自覚症状・疾病罹患の関連に関する疫学調査 
-調査対象地域3町での比較と双葉町住民内での比較-(pdf)

http://www.saflan.jp/wp-content/uploads/47617c7eef782d8bf8b74f48f6c53acb.pdf


報告書の全文を読まれることをお勧めしますが
とりあえず、要約だけでも引用しておきます


 要約

①背景・目的
 平成23 年3 月11 日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故により、近隣住民の健康影響への不安が募っている。今回我々は、様々な症状や疾患の罹患を把握すること、比較対照地域の設定をしっかりと行うことを通して、どのような健康状態が被ばくや避難生活によるものかを評価・検証することを目的として調査を行った。

②方法
 福島県双葉町宮城県丸森町筆甫地区、滋賀県長浜市木之本町の3 か所を調査対象地域とし、事故後1年半が経過した平成24 年11 月に質問票調査を行った。所属する自治体を一つの曝露指標、質問票で集めた健康状態を結果指標として扱い、木之本町の住民を基準とし、双葉町や丸森町の住民の健康状態を、性・年齢・喫煙・放射性業務従事経験の有無・福島第一原子力発電所での作業経験の有無を調整したうえで比較検討した。追加の解析として、双葉町住民内での検討も行った。分析では、多重ロジスティック解析を用いた。

③結果
 主観的健康観に関しては、平成24 年11 月時点で、木之本町に比べて、双葉町で有意に悪く、逆に丸森町では有意に良かった。更に、調査当時の体の具合の悪い所に関しては、様々な症状で双葉町の症状の割合が高くなっていた。双葉町、丸森町両地区で、多変量解析において木之本町よりも有意に多かったのは、体がだるい、頭痛、めまい、目のかすみ、鼻血、吐き気、疲れやすいなどの症状であり、鼻血に関して両地区とも高いオッズ比を示した(丸森町でオッズ比3.5(95%信頼区間:1.2, 10.5)、双葉町でオッズ比3.8(95%信頼区間:1.8, 8.1))。平成23 年3 月11 日以降発症した病気も双葉町では多く(オッズ比10 以上だけでも、肥満、うつ病やその他のこころの病気、ぜんそく、胃・十二指腸の病気、その他の皮膚の病気)、両地区とも木之本町より多かったのは、狭心症・心筋梗塞、急性鼻咽頭炎(かぜ)、アレルギー性鼻炎、その他の消化器系の病気、その他の皮膚の病気、痛風、腰痛であった。治療中の病気も、糖尿病、目の病気、高血圧症、歯の病気、肩こりなどの病気において双葉町で多かった。更に、神経精神的症状を訴える住民が、木之本町に比べ、丸森町・双葉町において多く見られた。双葉町内での検討においては、調査時点での避難先が埼玉県加須以外の関東地方や福島県内の住民において主観的健康観がやや悪かったが、避難先別の疾病発症や2011 年3 月12 日当日のSPEEDI による外部被ばく量・尿中セシウムより見積もった合計預託実効線量別の主観的健康観・疾病発症には大きな差を認めなかった。

④結論
 平成24 年11 月時点でも様々な症状が双葉町住民では多く、双葉町・丸森町ともに特に多かったのは鼻血であった。特に双葉町では様々な疾患の多発が認められ、治療中の疾患も多く医療的サポートが必要であると思われた。主観的健康観は双葉町で悪く、精神神経学的症状も双葉町・丸森町で悪くなっており、精神的なサポートも必要であると思われた。今後、より詳細な被ばく量の推定や、住民の健康状況の追跡が必要になると思われる。

-/-/-\-/-/-\-/-*--/-/-\-/-/-\-/-*-



 いわゆる「美味しんぼ問題」の基礎資料となるべき疫学調査の存在について     河﨑 健一郎 ( 弁護士)2014年5月20日 2時13分


 人気マンガ「美味しんぼ」における福島原発事故の描写が物議をかもしている。

 本稿ではそれらの議論の詳細には立ち入らないが、そうした議論をする際に前提として踏まえるべき基礎資料の存在が見過ごされているように思われるため、その点について注意喚起する趣旨で筆をとった。

 「美味しんぼ」において「福島の真実」として描写された内容の幾つかの点が今回批判にさらされているようだが、その中でも最も強く批判されているのが鼻血の描写であるようだ。

 作中、主人公である山岡が鼻血を出すシーンが描かれ、その父である海原雄山が「私も鼻血が出た」と語り、また、実在の人物であるところの井戸川克隆前双葉町長が登場し、「私も鼻血が出ます。」「福島では同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです。」と語るのが問題の描写である。

 これらの描写が、「風評被害をあおる」ものとして指弾されているのだ。

 福島県知事石原環境大臣に続き、安倍首相までがこの点に言及して「根拠ない風評に国として全力で対応」と述べたとのことである。

 そこで、「原発事故の被害者を母集団として、鼻血が出るという症状を描くことに根拠があるか」という点に絞って、コメントしたい。

 結論から述べると、「(原発事故の被害を受けた)双葉町民を母集団として、鼻血が出るという症状を訴えた人は有意に多く、そうした症状を描くことに根拠はある」と思われる。

 以下、その根拠を述べる。

 私が共同代表を務めるSAFLAN(福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク)では、2011年の発足直後から、将来的に、放射線被曝の健康影響を巡って深刻な立場の対立が起こり、議論が行われるであろうということが予想され、また、福島県によって予定されていた健康調査が、不十分な調査項目、対照地域の不備など、疫学調査として不十分なものに留まる見込みであることが判明したことから、政府などの実質的な利害関係人を排した独立の疫学調査の実施が必要である考え、疫学の専門家である岡山大学の津田敏秀教授らのグループに委嘱して、福島県双葉町、宮城県丸森町、そして対照地域としての滋賀県木之本町を対照に、大規模な疫学調査を実施してきた(以下、「本調査」という)。

 その結果は既に双葉町民等に対して説明され、また、公表もされてきたものであるが、今回の議論において見過ごされているように思われるため、改めてSAFLANのウェブサイトにおいてダウンロード可能な状態としたので、一次資料をご自身で検討した上で議論いただけるだけの冷静さをお持ちの方には、ぜひご参照いただきたい。

双葉町等での疫学調査の「報告書」について
 これは、一部のメディアで報道されている、中地重晴氏の論文で扱われている調査と同一の調査の報告書の本体である。

 今回の美味しんぼ騒動の中で、渦中の人となった井戸川町長が(自身の主張にとって積極方向に働くはずの)この調査に言及されない理由は不明であるが、おそらく単純に失念されているのではないかと思われる。

 また、本調査の存在について、双葉町が故意に隠蔽しているのではないかとの一部報道もあるようであるが、双葉町が小学館に対して送った抗議文の文面は「現在、原因不明の鼻血等の症状を町役場に訴える町民が大勢いるという事実はありません。」というものであり、本調査が平成24年11月の時点で行われたものであることなどを考え合わせると、その抗議文の表現は本調査の存在と矛盾するものではないことは指摘しておきたい。

本調査の報告書をご覧いただければ分かる通り、

・ 双葉町で鼻血は有意に増えている

・ もっとも、その有症割合は1.1に留まる

・ 鼻血を特別視すべきではなく、その他にも様々な主観的・客観的症状が訴えられている

・ 原因については一度の調査では特定できず、放射線被曝によるものか、その他の例えば避難ストレスによるものかを特定するためには、継続的な調査が必要となる。

と言った点に留意されるべきである。

 私たちが懸念しているのは、長期・継続した調査によって蓄積されるべき科学的知見が、今回の騒動のような、きわめて短期的に消費されてしまう社会的な文脈の中に巻き込まれ、冷静な議論の前提となるべきファクトが散逸してしまうことである。

 本来であれば、こうした大規模な疫学調査は、国などの公的存在が責任を持って行うべきものであるものの、予断に満ちた秘密会での事前シナリオが暴露されるなど、福島県の実施する県民健康管理調査への市民の信頼が著しく低下していることが、本質的な問題であることは否めない。

 かつての野党時代の公明党(ほか自民党を含む当時の野党各会派)が提案していたように、国の責任に基づき、より幅広な疾病の可能性を踏まえた健康管理調査の実施が急務であることを指摘して、本稿を終えたい。



また、コアラさんから教えてもらった放射線量がわかるHPも載せておきます。
わたしもときどき利用させてもらおう!


いわき市の現在の放射線量
http://radioactivity.nsr.go.jp/map/ja/area.html




はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2014年05月24日 10:55
実は・・・・私は「おいしんぼ」という漫画を見たことがありませんし、今度の騒動についても殆ど興味がありませんでした。
この動画を全部見ましたよ。そして問題点もよく理解できました。感想は・・・やっぱり権力側はよくない情報を押さえようとするんだなあ、ということを感じましたね。
そのために一部の犠牲者は、当然受けべき補償を受けることが出来なくなってしまう・・・・恐ろしいことですね。
それと、科学的根拠が証明されていない問題でも、「もしや?」と思うことがあったらトコトン議論しあうのが大事だと言うこと・・・・当然といえば当然のことですが、改めてよく理解できました。
ののはなさん、ありがとう!!
コアラ
2014年05月24日 11:17
鼻血問題続報。福島県在住の母親らが、「鼻血は事実。美味しんぼに対する行政や政治家の抗議は、不安すら口にすることへの口封じ」と緊急会見。次のサイトで会見の様子が見られます。http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1785。24分の映像です。短い映像ですが、現に福島に住んでいる方が、くわしく体験を語るとともに、鼻血問題に対する政治家・行政・マスメディアの対応に厳しく抗議しています。ぜひこの映像も見てください。
珊底羅
2014年05月24日 11:50
 今日は。
 甘い汁を吸っている人にとって、遮断される事態にでくわすと風評被害など理由をつけて潰す。被爆の量の多少や内部被爆外部被爆、原因不明の病状、癌の関係、その他諸々、長期調査を国の責任でやらなければいけない。因果関係をはっきりさせるにはこれしかない。一般の人も公表されているデータの真贋を見極めて。
ののはな
2014年05月24日 15:57
♡゚。あきさん゚。♡
そうでしたか。わたしはたくさん読みました。うちに男の子が3人もいたせいかな。学校でも子どもたちがスキで、図書館に入れてあげたことも。
で、作者の真摯な姿勢がスキでした。食品添加物についても読者にわかりやすく取り上げてましたね。作者は自分のブログでは今の安倍政権の批判もしていました。そういうことが安倍さんの逆鱗にふれたのではと・・・勘ぐりすぎかな。今はもう削除されてます。怖いですね。こういう風に漫画にまで表現の自由がなくなり・・・今後この人はどう生きるのかって、うちの息子たちは案じていました。
今はまだ何がどうあの事故が影響するのか、すべてはでていないと思います。水俣病のときのような二の舞にはしたくないですね。それと個人差があることを忘れてはいけないと思います。敏感な人、虚弱な人もいるのです。自分は大丈夫だったからというのは理屈では通らない。
そういう意味では、物事を科学的に扱うというのは大変慎重にならざるを得ない。断言はできないことをだからといってなかったことにはできない。
とにかく大臣の方たちがこぞって反発したというのが、なにを意味するのか考えるべきですよね。
ののはな
2014年05月24日 15:59
♡゚。コアラさん゚。♡
いつもありがとうございます!
これの方が直裁でわかりやすいですね。やはり当事者の声を直接聞くことの大切さを学びますね。またブログに載せさせてくださいね。
ののはな
2014年05月24日 16:05
♡゚。珊底羅さん゚。♡
そう甘い汁を吸っている人たちの今回の反応が強烈でしたものね。
御用学者に原発推進するために都合のいいことを言わせているだけの国ではいけないですよね。在野のまともな人々も入れて、きちんと真っ白な視点で調査すべきですね。
 教育界がおかしくなったのも曾野綾子というおバカが、御用作家になって、バカな自分に気づかず、国の教育に口を出し始めたからなんですよ。御用○○というのは自分を鍛えなくてもえらい顔ができるから、ほんとうのバカに成り下がるのですね。

この記事へのトラックバック