2015/8/30総がかり行動 たくさんエネルギーもらった

遅れ遅れになっている
それでも記録だけでも残しておこう

2015年8月30日
「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」が主催した集会、大成功
主催者側の発表と警察の発表が異なるのはいつものこと
しかし参加したわたしとしては警察発表の3万人はどうにもおかしいと思う

わたしの皮膚感覚で言わせてね
あの日は予定より早くに家を出た
東京駅のトイレでマンションの人に会った
ご夫婦でお揃いの薄いピンクですてき
「退職教員の会の人たちとご一緒?」と訊かれる
「いいえ、組織が嫌いなわたしは個人で参加です
でも向こうでお友だちになった方たちと一緒に」

車中はわたしたちのお仲間で貸し切り
霞ヶ関駅で半数の人が降りた
このときわたしたちも降りるべきだった

しかしこの日
38年前の同僚と改札で待ち合わせていたので
国会議事堂駅に行くしかなかった

国会議事堂駅でホームにおりる
すごい人だ
階段の途中から流れが滞りはじめた
後ろからは車中からはきだされた人々
ところが前には進めない

画像


改札にたどり着くまでが大変
しかしラッキーなことに
待ち合わせした友人が流れの中にいた

ほっとしたのもつかの間
改札から地上にでる通路は人がぎっしり
身動きができない
天井は低いし息苦しい
なんと出入り口を警察が封鎖しているのだ
「開けろ~あけろ~」と男たちの怒鳴り声

画像


ここで神奈川や日野からくる友人と待ち合わせしていたが
とどまることは不可能
新しい電車からどんどん人々がはき出される
しかし地下鉄の4つある出口のふたつは封鎖されている
このままでは・・・酸素が足りない・・・圧縮死? 
男たちの声が一段と大きくなる
ふと恐怖を感じる

右の方に少し流れがある
そこで右に少しずつずれて
千代田線の向こうにある出口に

ここで30分以上の浪費
やっと地上に出た

道路は車道にまで人が溢れて歩けない
車だったらブレーキから足が離せない状態


新聞に載った写真のような国会議事堂前を見ることはできなかった
警察が「国会議事堂前には行けません」と怒鳴っていた

画像


左にいた人が急に話しかけてきた
ひとりで甲府からやってきたとのこと
毎回、こうしていろんな人の身の上話がきける
記念にプラカードを写真に収めさせてと・・・


こうしてのろのろ前進して1時間後
はぐれた友人たちとメールと電話でやっと合流できた
Nさんとお嬢さん
Uさんとお嬢さん
34年前の同僚のMさん
39年前の同僚のTさん
44年前の同僚のTさん
10人近くがこうした人混みの中を進むのは容易ではない

こうして議事堂めがけて進んでいるうちに
友人Tさんの姿が見えなくなった
あ~あなんてこと
画像


議事堂からは帰りの人がすでに逆の流れを作っている
それに逆らうように進んでようやく議事堂前にたどり着いた

画像

みんな興奮気味
だって国会議事堂をこんな道の真ん中から
眺めるなんてことはじめて

画像

で、友人たちもみんな
ラッパーの音楽に乗って叫び始めた

若者がいっぱい
ママの会もがんばっている
雨とともに涙も流れ
「民主主義ってなんだ!」
「これだ!」と叫んだ

画像




2015/08/31 に公開

見よ、この大群衆!
★戸田のアジとコールが万余の人々と共鳴!(あくまでハンディスピーカーのみ使用で、車装備のスピーカーは使ってないので、警視庁は「確認違反」と誤解しないようにね!)唯一絶好の場所に位置した戸田車には60人もの各種内外カメラマンが撮影に殺到!
◆「赤旗特別号の大写真」も含めて、数々の歴史的写真が戸田の車両使用提供によって撮影されたのだ!大阪から軽の戸田車で行ってよかった!最後の「忍者みた;いに凄い、屋上脚立のカメラマン」は、毎日新聞の後藤さん。2015年「8/30国会12万人結集」の現場動画!)


集会への参加者数に関し、主催者の「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」は12万人と発表したが、警察当局は約3万3千人と発表した。枝野氏は、国会周辺だけでなく、近隣の日比谷公園などに人があふれ、参加者も入れ替わっていたとし、「『3万人』は、かなりまゆにつばをつけなければならない数字だ。こうしたもの(警察発表の数字)をたれ流しにせず、全体を把握して報道していただきたい」と報道陣に注文を付けた。


はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年09月10日 16:40
ののはなさん 8月30日の国会議事堂前はすごかったようですね。
貴女が撮った写真からだけでも充分、当日の熱気が伝わってきますよ。それにしても現場では大変な思いをされたようですね。
地下鉄国会議事堂前駅の出口をふさいでしまうとは、警察はなんというバカなことをしたものでしょうか。大きな事故につながらなくてよかったと思います。
あの日は全国各地でデモや集会が行われました。若者たちのパワーを、誇らしく思いましたね。ののはなさん、無理をしない範囲でこれからもがんばってください。
貴女の活動を心から応援させていただきます。
2015年09月12日 09:12
私 あの場面をTV画面で見た時 あの中に「ののはなさん」が 居られるかも?と、想像していました。やはり居られたのですね、その思いは ブログの中に書いて居ます。地方の私たち やはり思いは同じ。
大変な思いをされて 国会前に・・・。
警察の封鎖 安全を守る? とは 言い訳ですね。反って スムーズな動きを妨害したわけですからね!
必ず 今後の選挙で 今の勢力を弱めなければなりません。
いかにも 今の日本は すべてにバランスを失って居ます。
ののはなさん 応援しています。
2015年09月12日 22:42
こんばんは♪
あのニュースの裏ではこんなことが平然と行われていたのですね!!
怒りしかありません。
ののはな
2015年10月02日 21:28
♡゚。あきさん゚。♡
もう1ヶ月前のことになるのですね。あっと間に夏が終わってました。
この日から国会前はすごいことになりました。ここからわたしも一日行っては一日休みの国会日参が始まりました。多くの人が警察に逮捕されたようです。もちろん個人的な動きが理由でしょうが、現場では弁護士さんがたくさん入っていてすぐ救援の動きをしてくれたようです。この日もこの地下鉄の出口で小競り合いになって怒鳴っていた男性がふたり逮捕されたようです。無線が入ると警察官が一斉に行動します。しかし現場にいたわたしは、この日は大勢の人が集まると想定されたのですから、このように出口を封鎖するというのはおかしいと思います。いつもは閑散とした国会議事堂前なんですよ。それが舗道だけでは身動きできない人の多さなんですから。地方の人が多くて、みなどちらから?って声を掛け合っていました。東京というのが恥ずかしいくらい。先週国会前に行ったときもそんな様子でした。夕方でしたが、今から沼津に帰りますというひとりの若い女性に会いました。みんなどうしたらいいのかと家にいられなくて・・・と個人で来ているのです。老人ホームに入ってしまった友人が「デモに行って怪我とかして施設の人に迷惑かけたら申し訳ないから・・・」と言うので、わたしは「そんな自己規制の言葉なら、ほとんどの人が見つけられるわ」「夫の仕事に障るから・・」「子ども将来に障ると・・・」などなど。その彼女も9/14にはとうとう国会に来た。「情報教えてね」と言ってくれる言葉に勇気が出ました。
ののはな
2015年10月02日 21:36
♡゚。ハイジママさん゚。♡
安全を確保ですか・・・言うものですね。猫の子一匹通さないという頑強な守りでしたよ。14日は早めに国会前に到着していたのですが、5時過ぎからどんどん人が増えてくるのです。会社が引ける頃になるともう地下鉄からは人々がどんどん押し出されて・・・舗道はもう人で身動きできない。わたしは車道との境にいました。鉄柵がお腹のところにあって、後ろからはふくれあがった人が押してくるので、目の前にいる警察に苦しいからなんとかして!って叫んだ。しかし向こうの警察もこちらに柵を押しつけるし、わたしはお腹でくびれそうでしたよ。で、6時過ぎ、柵はとうとう決壊。動画が出せないのは、わたしのきゃあきゃあいう声がみんな録音されてしまったからです。これから本当に試されるときですね。
ののはな
2015年10月02日 21:45
♡゚。まきちゃん゚。♡
コメントありがとうございます。なんと言っていいのか、やはりこの夏の陣の闘いは疲れました。明日はマイナンバーの集会があるので行こうと思っていましたが、上の世代の友人も夏の疲れか風邪を引いてしまったとか、さてどうしようって気弱になっています。
9/18の夜、女の子を連れて参加した友人が「先夜みたいに挟まれてしまって出られなくなったらどうしよう?」って不安がるので、わたしたちの前にぎっしり並んでスクラム組んでいる警察の人に「ね、おまわりさん、いざとなったら助けてくれるよね。わたしたちの税金で雇っている公務員だものね。助けてよね」って言いました。うんとは言わなかったけれど、友人は70年安保や60年安保を知っている人、「そっか、おまわりさんにお願いするなんて発想なかった」と。そいうわたしたちの話を聞いて若いおまわりさんの目は優しそうでした。息子みたいに見えました。わたしたちの声一番よく聞いていてくれたのは彼らです。また別の友人は「あなたたち若い人のためにわたしたち叫んでいるのよ」って。これからはいいよ改憲のための闘いになりそうです。ますます安倍政治は狂い始めています。

この記事へのトラックバック