反安保団体の「市民連合」 初の街頭演説 野党共闘を訴える



2016年1月5日(火) 12時より
東京都新宿区のJR新宿駅西口前にて
安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合主催により
「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」大街頭宣伝が行われた


「市民連合」は、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」
「SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)」
「安全保障関連法に反対する学者の会」
「立憲デモクラシーの会」
「安保法制に反対するママの会」の5団体の有志が中心となって
昨年12月に結成され、今回が市民連合としての初の街頭演説会

演説会には、
プラカードやパネルなどを手にした大勢の人々が集まり(主催者発表で5千人)
夏の参院選に向け安倍政権と戦うという熱気が


画像
  





[登壇者]

★慶応大名誉教授の小林節氏
 
アベさんの応援団の評論家が
 「今、日本はあべさんを中心とする日本軍と
 わたしたちのようにそれに抵抗する反日軍の闘いだ」と言っていたが

これってアベさんのすきな「失礼なレッテル貼り」ではないか 

アベさんのやっていることは       
 自衛隊をアメリカに2軍で貸し出す(これは自衛隊が死に行く)
 辺野古の基地を拡大する
 TPP、増税(軽減税率、法人税軽減)
 これは実質的な増税でしかなく、われわれに帰ってこない

要するに、アベさんたちのやっていることこそが「反日的」
それを食い止めようとしている我々の方が「日本的」

「安保関連法の強行採決などへの怒りを国民はまだ忘れていない」
         
「野党がきちんとまとまれば確実に政権交代」と主張



★「安保関連法に反対するパパママの会 熊本」の瀧本知加氏

熊本は野党統一候補の擁立に成功した選挙区
11の市民団体が力を結集してまとめあげた

「平和の大切さを理解していない議員は要らない。
私たち自らが議員を送り出すんです。
この動きが、全国に広がることを祈っています」

熊本スタイルが全国に広がった時
「打倒アベ政権」は現実のものになるのだろう



★社民党の吉田忠智

★精神科医の香山リカ氏

★総がかりの福山伸吾
   涙が流れた「署名と便り」の紹介

画像

★市民連合の高田健氏
「今年が本当に山場です。全国で大きな大きな運動を起こしましょう」と呼び掛け


★民主党の蓮舫代表代行

「安倍総理が『時間が経てば国民は忘れる』
『ばらまけば喜ぶ』
『目先を変えれば支持率は上がる』と考えているのならば、
『それは違う』『安倍内閣は間違っている』という声を上げよう
今日はそのスタートにしようじゃないか」と呼びかけた

今年度補正予算に盛り込まれた低所得高齢者への3万円の臨時給付金につい、
「給付の時期は今年の5、6月。まさに参院選直前のみごとなバラマキだ。
しかし、ここにおられる皆さんはこうしたものにごまかされないと確信している」と述べ、
「誰のためなのか分からない政治にノーを突き付けよう。
(臨時給付金としてばらまく)3千億円の金があるのなら、貧困の子どもたちに、
奨学金と借金を背負う若者に、仕事がない現役世代に、
しっかりと政策を振り向けていくのが政治の責任だ」と訴えた。

「私たちは一人ひとりの声を大事にする、皆さんの声をしっかりと吸い上げる。
1人を幸せにしないで1億人を総活躍させるなんてことは絶対にできない」
「今日を境にもう一度、昨年9月の悔しさを胸に、皆さんのための政治に戻していくことを約束する。
一緒に頑張りましょう」と力を込めた


★思想家の内田樹
今、立ち止まって考えなければならない
経済にゆだねていてはいけないのではないか
今の政治のスピードで変っていってはおかしくなる
アベの暴走をとめよう


★共産党の志位和夫委員長
「『戦争法』ばかりは、通ってしまったからといって、そのままにはしてはおけない。
立憲主義を破壊し、憲法の枠組みを無視して暴走するのは独裁政治の始まりだ。
絶対に許すわけにはいかず、11本の法律をまとめて、きれいさっぱり廃止に追い込もう。

自公とその補完勢力を少数派に転落させよう。
そのために野党が結束することが必要だ」と呼び掛け

★SEALDsの本間信和氏

「法律は成立しましたが
国会前には立場を越えて無数の人々が集まり、抵抗の声を上げ続けました。
主権者は私たち一人一人であり、それぞれが考え、行動することで、
現実の政治を変えられるはずです」と訴えた



画像

★映画監督の想田和弘氏

★「維新の党」の初鹿明博議員



蓮舫氏の演説中、自然発生的に「野党は共闘!」の掛け声が上がった
終了後にシールズ・メンバーが「民主主義ってなんだ?」と呼び掛けると
「これだ!」の声が新宿駅前に響き渡った


画像


★立憲フォーラム・上智大教授の中野晃一氏

「新年になってもまだ野党共闘の枠組みができていない。何やってるんだ」と批判


★学習院大学教授の佐藤学氏

 「次の選挙で安倍政権を降ろして、政治の転換をしたい」と野党共闘を



[参加団体]
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
安全保障関連法に反対する学者の会
SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)
安保関連法に反対するママの会
立憲デモクラシーの会

画像

このすばらしい演説会を共有できてよかった
足が痛いので、報道陣の足下に座っていたので
全体の大きなうねりを見損なった場面もある

大きな目的を達成するには、何が問題かを明確にして
互いに譲歩するところは譲歩し、まとまる時にはまとまることが必要だろう
ここを出発点としてがんばろう!!

はじけるしゃぼん星

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 33

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年01月07日 10:53
年始のご挨拶が遅れてしまいました。
ののはなさん、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ご家族揃って新年を迎えられたことでしょうね。

蓮舫議員の「1人を幸せにしないで1億人を総活躍させるなんてことは絶対にできない」、まったく同感です!
安倍政権のやりたい放題で、ずるずる突進しそうな今!
皆が安心して暮らせるよう、立ち上がらないといけませんね。
2016年01月07日 23:16
明けまして…というには、
少しばかり遅くなってしまいましたが、
今年もよろしくお願いします。
「小異を捨てて大同につく」という言葉が、
今ほど必要な時はないでしょう。
間違った手続きによる決定は、一度白紙に
戻して考えないと…。これからの未来を背負う
子供たちにも恥かしいですね。
ありぎりす
2016年01月08日 13:31
NHKニュースは「SEALDsなど」と報じ、「学者の会」や「ママの会」などを隠しました。野党に煽動された若者の集会と視聴者に誤解させる報道姿勢です。(-_-メ
【NHKニュース:「安保法反対」市民団体が街頭演説会】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160105/k10010361621000.html
ののはな
2016年01月10日 21:07
♡゚。ハーモニーさん゚。♡
今年こそいい年になってほしいと願い続けていますが、どうやら今年は本気でがんばらないと大変なことになるという本命の時ですね。そういう意味で年明け早々いささかがんばりすぎて、また足が痛んで歩けなくなりました。
蓮舫さんはとてもはっきりと話されるので気持ちいいです。ひとりひとりがあって一億になるのですものね。そのひとりの命と生活を大切にしないで、そんな言葉をアベに使われると、えっ!1億総動員を連想しちゃうって言いたくなります。わたしのような老人はもうご遠慮させてもらいます、ってね。いくら国会で言葉でどんなすばらしいことを演説されても、それじゃ~隣人の気のおかしい三世と同じに見えますよ。で、庶民がこんなこといくら言っても。とにかく選挙で信託されたという誤解と詭弁を与えないようにしなければと思っています。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。歌で人々の心に平和を届けてくださいね。
ののはな
2016年01月10日 21:25
♡゚。yasuhikoさん゚。♡
去年もすばらしい写真をたくさん見せていただきましたね。今年もご活躍くださいね。数学のベン図の交わりの部分で一致できたところだけで共闘すればいいのですよね。ひとりひとりは異なっていますので。違いを言い出したら、みんなと対立します。
とにかく今は、戦争がいいと思っている人はまずいないと思うので、どうしたら戦争が回避できるか、現実的に考えた方がいいと思う。アベらは危機をあおっているけれど、本当は戦争法を作りたいだけ、自衛隊の何人かが犠牲になっても日本には危険はないと思っているのではないかしら。
さきごろ茨城にいる友人からとてもすばらしい本が届いた。「”丸腰”国防論」憲法9条の理念、ここに!という自費出版の本。国防を考える市民懇話会が編集したものです。こうやってがんばっている人々がいること。それにすばらしいのですよ。今度じっくりこの本の紹介ブログを書こうと思います。未来の人々に恥じないようにがんばりたいと思います。今年もどうぞつたないこのブログをよろしくお願いいたします。



ののはな
2016年01月10日 21:32
♡゚。ありぎりすさん゚。♡
いつもきちんと調べて多くの情報をありがとうございます。わたしはきちんとしたことが苦手で、いつも思いつくまま気の向くままという感じです。
NHKニュースで流れたのはよかったのに、そうですか・・・きちんとした説明がなかったのですね。ようするに一応やったということですか。わたしのすぐ横にNHKは大きな脚立を立てて、取材していたのですが。友人はなにやらNHKの人に抗議してきちんと報道してねと念押ししてましたが。あはは・・・ですね。赤旗の腕章を蒔いた若い男性、もう2年越しになる国会前でよく会いますので、なんだか古いなじみさんに会ったようで挨拶したくなって、友人に笑われました。
NHK、ほんとうにもうだめですかね。今月の支払いまだ渋っています。会長が辞めたら受信料を払おうと思って、自動引き落としから、振り込みに変えました。
さてさて、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック