テーマ:

ふるさと富山をゆく

2019年4月1日 わたしは10歳の孫と富山行きの新幹線に乗った これを里帰りと呼ぶのかわからないが わたしには久しぶりの富山行き 2016年9月 母方の最後の叔父が亡くなり あの時はとんぼ返りの里帰りだった 2019年1月 今度も母方の最後の叔母が亡くなった とうとう母の姉妹はひとりもいな…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「わたしのそばできいていて」を描いて

 HAPPY NEW YEAR ! 脳トレの一助とて、孫の勉強につきあって1年。 無知の知の心境、また愉し。 孫と「月の動き」を学ぶ。 視点を宇宙において、惑星や衛星を観る。 人の地球にあることの奇跡。 謙虚であれと思う。 一方、わが国の防衛費はここ5年、増加の一途。 来年度は5兆3千億円超。なんと10…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

私設子ども食堂のババ

この頃、世間では 子どもにちゃんとした食事を与えることの重要性が 認知されるようになった で、自分が親だった頃 どうだったのかとふりかえると とても恥ずかしくなる 帰宅後、忙しくて、時間がひねり出せなかったり 体がもう悲鳴をあげていて 食事をつくることができない日がよくあった 店屋物を取るしかないと …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一本の鉛筆があれば あなたはなにを書く?

9才になった孫とも真剣に 話をすることができるようになった 「なぜ、韓国の人は北朝鮮の人が オリンピックにくることに反対しているの」 ついこの間まで 北朝鮮と韓国の違いもよくわからなかったのに そうね、ちゃんと歴史から話さなければね 熱がでて学校を休んだ日に 一緒にお布団に入って お話をした 韓国併合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more